コロマガ

【緊急】米国で第二次南北戦争が始まりそう

この記事は先ほど発行された新・コロマガ米国支部第5号「アメリカ合衆国が”南軍”に制圧される」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

書いてある内容がどこよりもすごいとワトソン君

新・コロマガ米国支部第5号の補足記事がまだだったね。今日中にやらないと。
今日のは・・・。結構、表に出しましたよね。ギリギリだと思います!
いやまあ誰でも思い付くし、最近著名人が次々と”これは南北戦争だ”みたいな発言をし始めたからね。そこから色々と派生させて書くことは普通だと思う。
その、書いてる内容が、ホントにどこの人よりもすごいので・・・。ボクは、いつもほとんど聞いてるだけです。
まあな。歴史を知るというのは本当に大事だよ。俺自身あれこれ調べてて初めて知るようなこともあるからね。学習する姿勢を常に持つことが大事だ。そうでなければ人間は退化してしまう。
ネット百科事典が、ホントに頼りです!それがなかったら、何も知らないまま人生が終わると思います。
知らなくていいことも多いし、本来ならば知る必要もなかったことだがね。こうして問題が表面化してしまった以上取り上げるより他はない。アイキャッチ画像に南軍旗を出したのもこれが初めてだ。もはや包み隠す必要もないということ。

補足情報:これは”国家の主権”を懸けた戦いである

あれこれ話す前に補足情報を出しておこう。大手ネットサイトで”南北戦争”の単語を出した記事の中で最も目立ったのがこれだ。

米大統領選、法廷闘争突入で「第2の南北戦争」との声も トランプ&ジュリアーニのタッグで現代の“マフィア浄化作戦”に挑む
11/14(土) 16:56配信 夕刊フジ

【有本香の以読制毒】

米大統領選は、主要メディアが民主党のジョー・バイデン前副大統領の当選確実を報じたが、ドナルド・トランプ大統領は不正投票疑惑を指摘し、敗北を認めていない。元ニューヨーク市長で弁護士のルドルフ・ジュリアーニ氏を中心に法廷闘争も始まった。確かに、膨大な郵便投票もあり、集計作業は終了していない。「第2の南北戦争」という声もあるなか、自由主義のリーダー国で何が起きているのか? トランプ氏の大逆転があるのか? バイデン氏の当確報道に沈黙する中国とロシア…。歴史的にみて、米国が民主党政権のときに、日本は厳しい局面に立たされた。ジャーナリストの有本香氏の人気連載「以読制毒」。
・・・

さらに、トランプ氏側が「選挙が盗まれた」として法廷闘争に打って出たことで、決着は相当先になる見通しだ。年内は難しいとの見方すらある。その法廷闘争で、トランプ氏側弁護士を務めるのが、元ニューヨーク市長で、過去に共和党の大統領候補にも名前の上がったことのあるジュリアーニ氏だ。

90年代に展開された、ジュリアーニ氏による「ニューヨーク浄化作戦」がいかにすごい功績であるかは、80年代の治安極悪な同市を知る世代でないと、ピンと来ないかもしれない。恐ろしい街で、「五大ファミリー」として幅を利かせていたマフィアのトップを一掃し、今のような「歩けるニューヨーク」を取り戻したのがジュリアーニ氏だ。この頃、ニューヨークを生まれ変わらせる再開発に協力したのがトランプ氏だった。
・・・

「これは南北戦争以来の最大の戦いだ」

ハリウッド人士としては珍しく、トランプ支持を明言しているオスカー俳優のジョン・ヴォイト氏はこう言う。その戦いの相手、敵は誰かといえば、「われわれの国を壊す左翼」だとも。

これを聞いて「なぁんだ、右と左の争いか」と侮るなかれ。ヴォイト氏の言葉は今の世界の危機の本質を喝破している。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/44cf277dfb4c72b9f730ac5a11c40811a77e1a60

どうなんですか?
“南北戦争以来で最大”というのは、つまり南北戦争ほどではないけどニューヨーク浄化作戦に匹敵するような大きな戦いになるという風に解釈できるね。南北戦争と言われてもピンと来ない人の方が多いかもしれない。
ホントですね・・・。コメント欄では、ジュリアーニさんの過去の実績には突っ込んでても、南北戦争について書いてる人はゼロでした。
南北戦争とパッと聞いても分かりにくいよな。米国が南北に分かれて戦争、北部が勝った。奴隷制が終わった。何となくで覚えてるとそうなる。だがそれでは歴史を学んだことにはならない。まずこれは”国家の主権”を懸けた戦いだったということを知らない人があまりにも多い。
主権というのは、そういう事ですよね?
俺は先週末から今日にかけて本家サイトのデザイン変更を実施した。とある“メッセージ性”を前面に打ち出すためだ。分かる人には分かる。それが分かるとアイキャッチ画像の意味も分かるだろうという話だ。

有料部分でしか書けないことがあまりにも増えすぎた

今回は少々話しすぎたな。有料部分でしか書けないことがあまりにも多い。そろそろ第5号へのリンクを示して終えようと思う。
難しいですよね・・・。他に同じ話をしてる人がいないので、参考にならないです。
同じ話を補足で出したら種明かしになるだろww “南北”で想起される“かの国”に結び付けると今回の話が少しは見えてくるんじゃないかと思う。
えっ?
すまん何でもない。次の話題に移ろう。
トランプ大統領、諦めたらそこで選挙終了です!頑張って下さい!バイデンさん、油断してはいけません!さようなら!
(Visited 33,722 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)