トランプ政権

【速報】トランプ陣営「中国が投票不正に関わった」

大紀元の情報だ。トランプ陣営のジュリアーニ元市長によれば、不正集計システムのドミニオンはベネズエラと中国に繋がりがあるようだ。以前からベネズエラと中国の関わりはツイッターで広まっていたが、表立って番組で表明したのは初めてのことかもしれない。

ジュリアーニ氏、ドミニオンは「ベネズエラと中国につながりがある」
2020年11月16日 15時57分

トランプ米大統領の個人弁護士で、投票不正を調査しているルディ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)氏はこのほど、米メディアの取材に対して、投票ソフトウエア開発会社、ドミニオン集計システム(Dominion Voting Systems、以下はドミニオン社)は、ベネズエラや中国共産党とつながりがあると指摘した。同氏は、投票不正は国家安保上の問題だと示唆した。

ジュリアーニ氏は11月14日と15日、ニューヨーク市にあるラジオ放送局のWABC 770 AMとフォックスニュースの番組にそれぞれ出演した。

同氏はWABC 770 AMの番組で、「ネバダ州、ミシガン州とジョージア州は、この投票機(または投票システム)を使っているが、実に、米国のいかなる選挙でも、このシステムを使ってはいけない。このシステムは外国のものだからだと述べた。
・・・

https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/64754.html

明確に”中国”の国名が出てきたのは大きい

「ジュリアーニ」元市長で調べたら、大紀元の記事が出てきました!
ご苦労。この番組出演は11月14日と11月15日ということで、情報としてはそこまで新しいものではないかもしれない。だがここで明確に”中国”の国名が出てきたことは注目に値するね。
中国は中国でも、中国共産党ってハッキリ言ってますよね!ベネズエラの選挙にも関わってたのは、ずっと言われてます。
ネット百科事典にも書いてあることだからな。だがこれで今回の不正選挙が中国主導だという論調が明確になった。トランプ陣営は中国が選挙に介入した説を前面に押し出すつもりだよ。
じゃあ、中国は回答しないといけないですね。中国は、バイデンさんの誕生を確か喜んでました!
バイデン当選か?という場面で黙り込んだんだよな。一瞬。ズブズブだと世界に思われたくないんだろうという推測がなされていた。その後当確が出されて一転お祝いのメッセージと。ロシアは未だに沈黙しているようだ。

中国がバイデン候補の当選を祝福…ロシアの動向に注目が集まる
11/16(月) 12:10配信 BUSINESS INSIDER JAPAN

中国は11月13日、アメリカの大統領選挙でジョー・バイデン候補が勝利したことを認めた。これで、結果を受け入れていない主要国はロシアだけになった。

中国外交部のスポークスマンは「アメリカ国民の選択を尊重し、ジョー・バイデンとカマラ・ハリスにお祝いの言葉を述べる」と語った。

バイデンとハリスは14日、勝利を宣言し、世界中の指導者からの祝福の言葉が殺到した。

しかし、クレムリンは「法的手続きが進行中」だとして、判決が出るまで待つと述べた。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed57b6ab95968cb43ecba57f270b888381ae35c9

 

トランプが対中強硬で何らかの措置を発動するか

返信部分の反応です!

大紀元さん、トランプ大統領を押している理由は何ですか?
⇒ 自分で調べて下さい
・報道されない内容でも、知っておかなければいけません
キューバとも、確か繋がりがあります
・ドイツ、中国、ベネズエラがいます
・サーバー押収の話と、一致すると思います
・トランプ大統領が、早く再選されてほしいです
・ジュリアーニさん、頼みます。ここで悪事を証明して下さい

トランプ推しの理由www それってわざわざ聞くことなんだろうか?あと“押し”だとトランプを押し出してしまうことになるから、そこは“推し”で。
えっ?でも「一押し」だと「押す」なので、どっちでもいいと思います!
まあそうか。ジュリアーニ元市長の話がもう一つあるんだっけ?それをこの後すぐに取り上げることにしよう。確か今日か明日辺りに大きな動きがあるんだよな?
そうだと思います!トランプ大統領も、反撃を始めると思います。頑張ってほしいです!
中国が関わってるとなれば俄然やる気になるだろうね。今までのトランプの姿勢から考えれば、ここで中国に強硬にならない理由がないと思われる。何らかの制裁発動が期待される場面だ。
トランプ大統領、諦めたらそこで選挙終了です!頑張って下さい!バイデンさん、油断してはいけません!さようなら!
(Visited 43,886 times, 2 visits today)
アクセスランキング(週間)