News U.S. レポート

テスラ株で爆益w

この記事は先ほど発行された米国株式投資レポートの最新記事「News U.S. 黒井、テスラ株で爆益」を簡単に紹介して補足情報などを加えた記事になる。

テスラ株を持ち続けるという信念が大事

今回の米国株式投資レポートでは黒井が9月の暴落以降いかにテスラを買い集めていたかについて話した。何度か有望そうな株として紹介したりもした。最終的に重要なのは株を持ち続けるという信念であり、小さな利益では手放してはならないということも話した。ワトソン君はワトソン君で自分が信じる株を持ち続けていて、暴落した時に売らなかったから大きな利益を出していた。
テスラ株で爆益が出た理由はS&P 500採用が決まったことによるものだ。だが黒井はそのこと自体を予測していたわけではなく、テスラがいずれ世界を取るだろうという予測のもとに買い進めた。イーロンマスクという男はただ者じゃないとも理解していた。
今回はそれとは別にワトソン君がとある電気自動車銘柄を紹介してくれた。購入は見送ったようだが、バフェット氏も10年前から投資しているということでかなりの有望株と思われる。テスラといいワトソン君が購入している某Nといい今後は電気自動車関連が伸びていく可能性があると思う。
補足情報だ。かつてのパートナーであったトヨタがテスラに対して評価をしたが、それに対してテスラを理解していないという声が米国から出たようだ。黒井はどちらの言い分も理解できるし、考えさせられる部分だと感じた。

トヨタ中間決算での豊田章男社長の発言に「テスラを理解していない」という指摘
2020年11月13日

トヨタ自動車の『第2四半期決算説明会』に豊田章男社長が出席。質疑応答でテスラを評した発言について、アメリカの『CleanTechnica』が「トヨタの社長はテスラとその使命を理解していない」と指摘しています。どういうことか? 電気自動車ユーザーの視点で整理してみます。
・・・

https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/does-toyotas-president-understand-what-tesla-is/

最後に記事へのリンクを示す。
(Visited 13,092 times, 2 visits today)
アクセスランキング(週間)