トランプ

【拡散】パウエル軍事弁護士の演説が格好よすぎて鳥肌立った (動画あり)

パウエル軍師の声明をお賽銭マンがアップしていた。ワトソン君が見つけてくれた動画だ。そのメッセージの一つ一つが重たく、激しく、しかし希望に満ち溢れている一つの詩のような力強いメッセージとなっていた。そして最後に「トランプが圧勝します」という決意表明とも取れる一言を発していたのだ。

これは驚くべき
胸が張り裂けるような
ひどく腹立たしい
もっとも愛国心がない
この国の国民が、私の想像を超える
あらゆる方法で関与したことです
今、アメリカ国民に知ってもらいたいことは、
私たちは脅迫されないということ
アメリカの愛国者は地方から連邦までの
政府の腐敗にうんざりしています
我々はこの国を取り戻します、我々は脅されません
我々は引き下がりません
今、我々がこの乱れた秩序を整理します
我々がトランプ大統領が圧勝したことを証明します
自由のために投票した国民のために、アメリカを取り戻します
――――― 軍事弁護士 シドニーパウエル

 

共和党だろうが連邦政府だろうが許しはしない

この動画、カッコいいですよね!パウエル弁護士は、他の誰よりもカッコいいと思います。
メッセージ性が素晴らしいね。大統領選という枠組みをもはや超えて、不正そのものを許さないという姿勢を前面に打ち出している。民主党だろうが共和党だろうが連邦政府だろうが許しはしないという決意が見てとれる。
確かに、この言葉はトランプ大統領の立場では言えないと思います・・・。トランプが自分で圧勝だなんて言っても、誰も聞かないですよね?
立場が公平なんだよ。トランプ陣営として動いているジュリアーニ元市長やリンウッド弁護士とは明確に異なる。一個人として、この国における不正や腐敗の横行を見過ごすわけにはいかなかったという部分が特にそう。ある意味トランプ以上に理念が崇高だ。
ホントですね!トランプ大統領が、パウエル弁護士から学ぶべき事があると思います。この大統領選は、トランプ大統領だけの物じゃなくて、アメリカ全体のための物だと思います!
繰り返すけど、もはやトランプの再選という枠組みを超えてるよな。トランプを再選させるためにやってるんじゃない。もっと言えばトランプ支持者でもないかもしれない。それでもこの国をよくするために立ち上がった。このパウエル軍師の登場から流れが一気に変わった気がするよ。

バイデンが民主党の代表になれた真の理由とは

それは、思います!情念さんも、考えを変えてくれるといいです。
公平さとは米国で最も大切にされる価値観のうちの一つだからね。特定の権力に加担しようとするのではなく、誰にも等しく、均等に機会を与えること。それが公平。その視点から考えるとトランプが受けた仕打ちは明らかに不公平だ。これがバイデン支持者の心をも動かしたとみている。
確かに(笑) 黒井さん、熱いですね!
何笑ってるんだよww 返信部分は?
まとめました!

・トランプ大統領は、偽の投票とドミニオンに譲歩する事はないだろうと述べています
アメリカだけでなく、人類が長らく待ち望んだ言葉です。戦争屋、悪の巣窟と呼ばれたアメリカ合衆国を正したいという気概に溢れています
感動しました
・胸がかき乱され、張り裂けそうです
・女性初の大統領は、この方でお願いしたいです
もしも映画化されるのであれば、最初にこの映像を使ってほしいです
・アメリカには、トランプ大統領やパウエル弁護士みたいなリーダーがいて、羨ましいです
何度も何度も動画を見て、震えています
・魂の叫び、心に迫ります

すみません、ボクも感動してしまいました・・・。
映画化は確実にしてほしいね。すでに現段階で映画を超える展開になりつつある。そうかバイデンは悪役として引っ張り出されると最初から決まっていたのか…妙に納得感があるね。
ひょっとして、バイデンさんが民主党の代表になったのも、不正ですか?
おそらくね。バイデンが決まった当初は完全にやっちまったなと俺は思ったし、バーニーサンダース氏の活動資金が枯渇した時点でそれは明白だったわけだ。サンダース氏を悪役にするのはあまりに忍びないからな。トランプとサンダース氏の支持者は一定層重なると言われている。
ホントに、歴史が変わる瞬間に今立ってるんですね・・・。改めて、実感しました!
“軍事弁護士”という肩書きの時点で迫力が違うよな。ジュリアーニ元市長は揶揄できてもパウエル軍師だけは怖くて触れられないのがよく分かるよ。なあCNN。AFP。日本のマスコミもだ。これからトランプの大逆襲が始まる。バイデンよ、震えて眠れ!
トランプ大統領、必ず逆転できると信じてます!頑張って下さい!バイデンさん、不正はやめましょう!後悔しても手遅れです!さようなら!
(Visited 46,017 times, 7 visits today)
アクセスランキング(週間)