コロマガ

米中全面戦争時代に日本は耐えられない

この記事は今日の未明に発行されたコロマガ日本支部Vol. 70「米中全面戦争時代で日本は限界に達した」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。11月30日には新・コロマガ日本支部が創刊されるが、その前の旧コロマガ日本支部読者だけが読める最後の記事となる。

一つの時代が終わったことを象徴する記事

昨日の日本支部の補足がまだだったね。そろそろ始めよう。
この記事は・・・。最後の記事なんだ、という感想しかないです。ボク達の1つの時代が、終わったんだなって思いました。
明確な終わりと言えるね。何がどう終わったのかは明言しないけど、これを機に我々はさらに高みを目指すようになる。当然いい意味で、だ。
これで良かったんだって思ってます。最初からムリな目標だったし、ボク達が勝てる相手ではなかったんです。黒井さんも、分かってくれたと思います!
ワトソン君は最初からそうだったかのようなスタンスを最後まで崩さなかったよな。まあそれはそれで一つの考えだし、今はその考えに救われるような気分でさえある。”救済”とでも言おうか。
神様って、ホントにいるんだと思います。神様を信じない事は、何かの罪に問われるんです!
昔キューブという映画で「神を信じますか?」という質問を投げかけたシーンがあってだな。「そんなもの信じねえ!早くここから出してくれ!」と叫んだ実験体がどうなったかは…お察しだ。何十年も、いや何百年も前から変わらない大原則だ。
映画の話は、久しぶりですね!黒井さんは、怖い映画が好きなんだって思いました。

補足情報:日本が”偽装漁船”を尖閣に出している理由

補足情報として出せる記事は何かないかな?昨日から今日の午前までに出てきた情報で。
中央日報さんの、この記事はどうですか?

中国外交部長の「尖閣は中国の領地」に猛反発の日本「習氏、来なくていい」
11/27(金) 15:15配信 中央日報日本語版

中国の王毅外交担当国務委員兼外交部長が今月24~25日の日本訪問中に、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張して離れたことに対し、日本国内で反発が広がっている。発言の現場ですぐに反論しなかった茂木外相に対する批判はもちろん、習近平国家主席の国賓訪問を延期するべきだという主張まで出てきている。

27日、読売新聞によると、前日開かれた自民党外交部会では、24日の日中外相共同記者会見時に王部長が発言した内容に対する糾弾が続いた。当時の会見で、王部長は最近尖閣諸島の近隣海域で中国海洋警察船舶と日本漁船の間の神経戦が続いていることに対して「日本の漁船が釣魚島周辺の敏感な水域に入る事態が発生し、我々はやむを得ず必要な反応をしなければならない」と述べた。

これは、この地域が中国の主権領域なのに日本漁船が違法に出没していると主張するもので、「尖閣はわが国固有の領土」としている日本の立場と真っ向から対立する。
王部長は25日、菅義偉首相と会談した後も記者団に対して同じ趣旨の発言をした。尖閣地域の緊張状態に関連し、「偽装した(日本)漁船が繰り返し敏感な海域に入ってきている」としながら周辺の海域に公船以外の船を入れなければ「問題は落ち着き、なくなる」とした。葛藤の原因を「日本漁船」のせいにして尖閣諸島に公船以外の船を入れないようにしようと提案したのだ。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba611276e4508d3817c30a89a0ad8109af8ca89f

最後の“偽装した日本漁船”という部分がカギだね。要するに尖閣防衛のために民間船を装ってるんじゃないかと中国が疑ってるわけだが、逆に考えると日本がどこをゴールにしているのかが見えてきそうなものだ。
それって、やっぱり・・・トランプ大統領のあの案ですか?
現時点ではそのシナリオに何の違和感もない。その結果周辺国がどういう混乱に陥り、どこに核が落とされるか…という想定まですべて何も変わらない。この予測は長く保持されているし、おそらく的中することになるだろうから。

「日本は限界に達した」という言葉の真意は旧読者のみが知る

あと「日本は限界に達した」の意味を、少しだけ教えてほしいです!
いやまあ、読んでのお楽しみとしか。前号のVol. 69新・コロマガ米国支部の第6号も併せて読むと理解が捗るんじゃないかね。それからアイキャッチ画像についても説明をする予定はない。何らかの兆候を感じ取ってほしい。
分かりました・・・。次からは、新日本支部の記事ですよね?
新・コロマガ日本支部の創刊後も日本支部の記事は連綿と続いていく予定だ。新の読者はVol. 70以前を読むことができないというだけの話。Vol. 71からは一気に読者が増えることになるね。12月以降を期待しててほしい。最後にVol. 70へのリンクを示す。
(Visited 26,906 times, 2 visits today)
アクセスランキング(週間)