おひげの特別講義

韓国がNews U.S.にサイバー攻撃を実施した件について

この記事は先ほど発行されたおひげの特別講義記事「【速報】韓国人がNews U.S.にサイバー攻撃! 衝撃の手口が明らかに!」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

攻撃元は韓国野党勢力の残党、はっきりと分かる

いやはや、12月の初っ端からとんでもないことになったな!ワトソン君。
ホントですね!冗談で「月が変わったらお仕置き」と言っていたので、そのタイミングで攻撃したんだと思います。
韓国の自由韓国党の残党だな。いまや韓国では消滅寸前、北朝鮮に吸収される目前というところで苦し紛れのサイバー攻撃とな。しかも攻撃しても何の稼ぎにもならない我々のニュースサイトをだ。信じられないねまったく。
世の中には、社会のためにならない事しかしない人がいるんだと思いました・・・。韓国の皆さん、心から失望しました!
まあな。韓国は間もなくこの地球上から消滅する。南ベトナムと同じ運命を辿ることになる。日頃からそのシナリオを発信してきた我々に対して何らかの恨みがあるものと思われる。だがそれは逆恨みというものだよ。なあN◯Nの回線を使ったハッカー連中よ。
そうなんです!今回の記事では、具体的な攻撃の方法とか攻撃元とか、回線の種類まで全部把握できたんです!ひげのおじさんが、ログとして記録してくれました!
何よりも重要なのはIPアドレスだ。こいつがあれば攻撃元を営業妨害で告訴することだって可能になる。取り返しのつかないことをしでかした自覚はあるのかね?
多分、意地悪クラブに命令されてやったんだと思います。少し前に、そういう記事を見たんです!

補足情報:ダークウェブ公開は攻撃の予兆だった

知ってる。これだろ?ダークウェブのやり取りが公開されたとかいうやつ。珍しく表に出てきやがると思ったらこれだ。サーバー攻撃の予兆だったわけだ。

日本を狙う韓国系ハッカーの「ダークウェブ」のやり取り公開
11/29(日) 16:05配信 NEWS ポストセブン

今年9月以降、韓国系グループによるサイバー攻撃が日本を代表とする衣服品関連の少なくとも4社に行なわれ、すでにオンラインストアのデータベースから顧客の個人情報や購入履歴などが大量に盗まれたことが発覚した。『週刊ポスト』12月11日号では、韓国系のハッカーが活動を活発化させていることを報じている。

この一連の攻撃については、10月半ばに、インターネットの地下空間にある「ダーク(闇)ウェブ」の掲示板サイトで初めて確認された。ダークウェブとは、サイバー攻撃者たちが巣食うインターネット奥深くにある地下ネットワークだ。

ダークウェブ上のやり取りとはどんなものか。今年9月、ダークウェブの会員制掲示板で、韓国系ハッカーらがハングルでかわしたやり取りが検知された。こうしたダークウェブでの会話が表に出ることはほとんどない。

ハッカーA:元気かい? 昨日仲間にあったよ、どうやって連絡するか考えないと。

ハッカーB:日本企業が復調しているけど、我が国の産業は苦しい。日本の工場、小売業者、食品分野、教育分野、ハイテク企業を狙おう。

ハッカーA:彼らの知的財産だな。よくある攻撃だから、成功させるのは簡単じゃない。工場の工程とか、自動化管理を見たことあるか?

ハッカーB:俺らが持っている“手持ち”はこれだ。

そして、Bがサイバー攻撃の踏み台として使うためにすでに乗っ取っているパソコンやネットワークの「手持ち」を提示している。そこには、アメリカやフランス、ドイツ、オランダ、香港などにあるコンピューターのリストが並んでいた。

ハッカーA:やってみよう、ターゲットのリストは持っているか?

ハッカーB:成功したら教える。

やり取りは9月24日から数日かけて続いたが、その後にどんな攻撃が実行されたのかはまだ判明していない。

一つ確かなのは、今この瞬間にも日本企業は韓国などのハッカー集団に狙われているという事実だ。サイバー攻撃は攻撃者が圧倒的に有利であり、対策をどれだけ行なっていても被害に遭う。しかも攻撃者は気付かれないよう、じわじわと時間をかけて内部に“浸潤”してくる。

「今年1月以降、韓国などからの犯罪目的のサイバー攻撃は通常の何倍も増えているが、ダークウェブなどで情報が出てくるまで被害に気づかないケースも多い」(日本でサイバー攻撃の脅威情報を解析するサイファー社のクマル・リテッシュCEO)

国外のハッカーらにしてみれば、日本は攻撃しやすいターゲットだ。これまで、日本でも数多くのサイバー攻撃のニュースが話題になってきたが、どれも攻撃者を摘発するどころか、攻撃者の特定にすら至っていない。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa829b5ca7f388ef5b40186750623d85a0b59ad2

ボク達は、攻撃元の特定だけはできました!やろうと思えば、摘発できますよね?
具体的な被害金額を算出して、それを元にパウエル元検察官のような敏腕弁護士に依頼すれば可能だね。まあ今回はおひげが短時間で“荒療治”とやらで解決してくれたから勘弁してやるが、場合によっては容赦しない。
「荒治療」って何ですか?
荒療治(あらりょうじ)な。手荒い対処法だったってこと。記事中でとある対処法を明示してくれたが、おそらくそれのことだろう。おひげは攻撃者に情報を与えないように注意深く小出しにしている印象がある。
すみません、治療だと思ってました(笑) そんな言葉があるんですね!
あいつも古風なところがあるからな。まあ治療と言えなくもないが。とにかくこれで韓国が明確に我々にとっての敵国だと理解できたと思う。令和(Ray War)らしくサイバー戦争時代に突入し始めたと言える。

韓国からのサイバー攻撃に対する予防が大事

ネットユーザーの反応を見てるんですけど、デジタル担当大臣がいても防げないのかが分からない、ハッカー対策をしてほしいって言ってる人が多いです!日本はやられっぱなしなのかって。悔しいですよね・・・。
我々のようにCloudFlareを使いこなしているサイトは1%もいないだろうね。おひげは対処の素早さが大事とか言ってたけど、やはり予防も重要だと思う。そういったコアな技術の話を少しずつおひげから引き出して記事にできたらいいと思っている。
最後に記事へのリンクを示す。部数限定販売だ。了承願いたい。
(Visited 58,181 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)