バイデン政権

【拡散】「米国在住邦人です。BLMに占拠された街に住んでいます」

米国西海岸に住む邦人からくつざわ氏に連絡があったそうだ。周囲をBLMのデモ隊とその支持者に占拠されていて、バイデン勝利の一報で花火が上がり看板が乱立している状態という。当人はおそらくトランプ支持だが、それを言い出せない物々しい雰囲気があるようだ。

シアトル自治区のワシントン州が有力候補か?

ワトソン君が寝てしまったことから単独で取り上げる。BLMデモかつ西海岸となるとやはり想起されるのはシアトル自治区だろう。それでアイキャッチ画像はシアトルの街並みにした。別にこの邦人がシアトルに住んでいるとは限らないから、そこは了承願いたい。
返信部分を見る限りハワイは100%ありえず、カリフォルニアでも聞いたことがないという声が多数寄せられていた。やはりシアトルかポートランドに絞られる。先日の新・コロマガ米国支部第8号ではワシントン州とオレゴン州を“中国自治区”と皮肉で書かせてもらったが、実態としてさほど変わりないんじゃないかと思える。あとカリフォルニアは山火事でそれどころじゃない可能性もある。
この件に限らず西海岸ではトランプ支持を表立って言い出せない雰囲気があるそうだ。隠れトランプ票が多数発見されるというシナリオがどこかに葬り去られたのはドミニオンの面目躍如というところか。郵便投票でバイデンが一気に追い上げるというマスコミが作った筋書きの方がそのまま採用されてしまった印象だ。バイデン支持者にバイデン不正の可能性を少しでも信じるかどうかを一度聞いてみたいものだ。
西海岸ではないが、ミシガンでは家に花火を投げ込まれたという物騒な話も徐々に出てきている。トランプ支持を表明した場合の話だ。万が一トランプが逆転して再選されようものなら彼らは何をしでかすか分からない。現段階では選挙人でない形での逆転というハードシナリオのみが残されている状況で、事態は最悪の方向に向かっていると解釈することもできる。該当地域付近の邦人は気を付けるべきと言えるだろう。
関連記事