コロマガ

【速報】トランプ陣営最大の切り札が破壊される

この記事は先ほど発行された新・コロマガ米国支部の最新記事「トランプ陣営最大の切り札が潰された」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

新・コロマガ米国支部第11号の無料部分

ワトソン君、今から新・コロマガ米国支部第11号いいかな?重大な報道が見つかった。
えっ?アメリカでですか?トランプ大統領の反乱法だといいです!
残念ながらネガティブな方だ。これは勝負が決まったかもしれない。トランプ逆転の原動力となる最強の切り札がつぶされる可能性が出てきた。
ええっ?
――――― ここから下は有料部分 ―――――

※コロマガ米国支部とは6月27日に創刊されたコロマガシリーズの名前である。第26号までの発行を経て、11月3日からマガジンの名前を「新・コロマガ米国支部」とすることに決めた。大統領選を経て読者をさらなる高みへと導く予定だ。

補足情報:”ゴールドアップル”が意味することとは

コロマガの補足記事は黒井が担当する。今号は某国政府がとある”一大提訴”に着手したことから記事作成を決意した。その中身を無料部分で明かすことは少しであっても難しいが、トランプが数年前から長い間温めてきた重要な切り札であった。トランプ政権によって守られ大事に育てられてきただけに衝撃は大きい。今号で書いた出来事は大げさではなく今後の米国の数十年、いや数百年に渡る歴史の趨勢を決めたと言えるかもしれない。
今号はコロマガ日本支部やNews U.S. レポートの要素を一部含む複合的な内容だ。新・コロマガ米国支部としてはかなりボリュームの大きい記事となってしまった。普段の本家News U.S.の論調からすると弱気姿勢に転じたように見え波紋を呼ぶことが予想されるが、黒井はこれがトランプの負けだとは思わないし逆に切り札をつぶされたことで本気を出し始める可能性があると考えている。ピンチはチャンスという言葉があるように、窮地に追い込まれるほどその力を最大限に引き出すことができる。それがトランプだと考えている。スーパーサイヤ人ならぬスーパースペシャルトランプだ。
補足になるかは分からないが、黒井はクリスマスプレゼントとしてこういう物を買おうかどうかを悩んでいる。すでに売り切れてる店も多い。ならば今買うしかない。いや、ゴールドアップルを買い増すしかない。行くか、やるかだ。
最後に新・コロマガ米国支部第11号へのリンクを示す。
(Visited 59,997 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)