MENU
トランプ

【速報】フランスも停電か

ネット掲示板とツイッターの情報を総合すると、どうやら世界中の複数の地域で停電が起きているようだ。ドイツのベルリンとフランスのパリ、それからイタリアのローマやバチカンでも停電が起きたという話だ。単に深夜で電気が少ないだけ、街灯は非常バッテリーで点灯しているだけという意見が目立つが念のため取り上げる。エッフェル塔は深夜1時には消えるという返信があった。他にもあれやこれやの雑多な噂話について触りの部分だけ取り上げた。

パリ停電がガセだとすれば目的は何か?

ネット掲示板を見たんですけど、段々付いていけなくなってきました・・・。世界中の空をアメリカ軍が飛んでて、停電が色んな都市で起きて、緊急放送が始まりそうなんです!
実際それらしき写真も出てくるというね。ガセだとしてもどういう勢力が何の目的でこれを広めてるのかが興味深いよな。取り上げないわけにはいかない。
バチカンも停電したし、ローマも島根県も停電したみたいです!

そのアップルがどうとかいうやつ。緊急放送遮断のために何をしてるって?
こういう感じみたいです!ホントかどうかは、分かりません!

これはさすがに付いていけないwww それ以前にトランプの顔が出てくる時点で笑ってしまう自分がいる。トランプアイコンが日本語をしゃべってるんだぞ?シュールなんてもんじゃないよな。
確かに・・・。じゃあ、アップルさんの話はウソですね。

Parlerが10日23:59をもって削除されるらしい

いやまあ、嘘と100%断定できる情報もないけどな。話半分に聞いておこうか。藤原氏はバチカンの停電具合をシェアしていた。

夜で暗いのか、停電なのかが区別できないですよね・・・。上海の12階のマンションのは、分かりやすかったです!
ちなみにParlerはアップルストアから削除されたようだ。俺はブラウザでしか使わないから影響はないが、こういうのが続くと物々しい雰囲気になっていくよな。

すみません、アマゾンもやっぱり排除するみたいです・・・。アマゾンが動いたのって、初めてですよね?

モデレーションってなんだっけか?
ああこういうことか。モデレーション=誤情報の拡散防止の仕組みで、それをしないParlerを今日の10日23:59をもって排除すると。つまりサイト丸ごと見られなくなる。
えっ?
Gigazineの記事を読む限りそう思える。1週間ほど使えなくなるらしい。つまりトランプの任期が終わるまで使用不能になるということ。この調子だとリンウッド弁護士も逃げられないだろうね。

AppleやGoogleの動きにならう形で、Amazonは現地時間の2021年1月10日23時59分にAWSのウェブホスティングサービスからParlerを排除すると発表しました。Parlerが代替のウェブホスティングサービスを見つけられない場合、同時間以降にサービスにアクセスすることができなくなる可能性があります。

Amazonの決定に対して、Parlerのジョン・メッツCEOは「サービスをゼロから再構築するため」にサービスが最大1週間程度オフラインになる可能性があると投稿しました。なお、メッツCEOは「Amazon独自のインフラストラクチャーに依存したり、ベアメタル製品を構築したりすることなくサービスの構築を進めてきた」と語っており、AWSから排除されることになっても問題がないようにサービス構築を進めてきたとしています。また、AppleやGoogle、Amazonによる処分を「競合他社をつぶすための協調攻撃」であるとメッツCEOは非難しており、「我々はあまりに早く成功しすぎてしまいました」と記しました。

そんな・・・。じゃあ、これで終わりなんですか?
明日になれば分かるよ。米国時間の1月10日23:59をもってParlerにアクセスできなくなるかどうか。それまでは状況を静観しつつ当たり障りのない情報だけをメインで取り上げようじゃないか。ペロシ議長逮捕とアップルのアップデートの件はガセ濃厚ということで結論を下そう。
それが、無難ですね・・・。何だか、終わる時って呆気ないと思います。トランプ大統領の反撃に、最後まで期待したい気持ちもあります。
その通り。むしろここからが反撃開始かもしれないぞ?1月20日まで何が起こるか分からない。身構えておこうじゃないか。何かを期待するだけなら誰にも邪魔されないはずだからだ。
(Visited 103,761 times, 67 visits today)
アクセスランキング(週間)
最新記事
運営者情報
アンケート