トランプ

【速報】「米軍がホワイトハウスに続々と集結」

藤原氏は休憩も取らずに情報収集とツイッターをしまくってるようだ。ホワイトハウスに州兵、つまり米軍が集結している様子をアップしている。これから何をするのかは定かではないが、何かが起ころうとしているのは確かだ。トランプを1月20日まで警護するためか、米議会の悪い連中を逮捕するためか、あるいはトランプ軍の次の作戦に備えるためか。だがこのツイートの返信部分を見た結果…

BLMデモの時もトランプは米軍を動員していた

返信部分を見てズコーッとなってしまった。4枚のうち1枚は2020年6月6日、つまりBLMデモの時にトランプが米軍を動員した時の写真だということが分かった。長袖だから分かりにくいが、確かに木々や芝の青々とした感じは初夏に見えなくもない。常緑樹かもしれないが。藤原氏は無料のツイートは特に検証せず雑多な情報収集の結果としてそのまま流してるよと話してたが、見てる側はそういうつもりではいないと思う。真剣度が違う。多分。

元ツイートを調査したが英語ではなくイタリア語、そしてフォロワー数はたったの2,500人だった。下記のようなツイートを上部に持ってきていることからトランプ支持者ではあると思うが、それにしても情報源の質が一気に下がってしまったのが気がかりだ。やはりトランプ支持者が数万人消されたという噂は本当のようだ。藤原氏も情報源を探すのに苦労してるんだろう。

藤原氏はトランプネタの合間に深刻化する日本の感染状況や台湾に日本の農産物が拒否された話などを挟み込んでくることから、こうした信憑性が低い情報に日本人を誘導して何かを達成しようとしてるんじゃないかと邪推する声もネット掲示板で出始めている。それが目的なら日本を定期的に下げるツイートとの整合性が取れる。

刻一刻と追い詰められていく

藤原氏が例の角男をアンティファだと広めた件は失敗だったと思う。反乱法を発動させるための条件としてアンティファだと認定しなくてはいけなかったんだろうが、現実にはQanonの支持者だとマスコミで報道されまくっている。実際どうかはさておき既成事実化されている。反論するでもなく放置するようでは負けてしまうだろう。

トランプ側の視点で考えると、議会をあれだけ占拠して何のお咎めもなしというのは能天気すぎるから何らかの軍事作戦が失敗したんじゃないかと思える。一部の人物によって南軍旗が運び込まれたが、そのまま議会制圧でクーデター政権の樹立宣言でもするんじゃないかと黒井は思った。だが特に何もなかった。ワシントンD.C.の市長が警察を呼び、ペンス副大統領が緊急で州兵の派遣を要請したことでようやく事態を収拾できたということのようだ。トランプはまんざらでもなかったのかもしれない。
FOXニュースによれば、リンウッド弁護士はペンス副大統領への教唆で調査されている最中だそうだ。最悪の場合訴追される恐れもある。Parler自体も閉鎖されアクセス自体が不可能になった。残されたGabも危うい。状況が刻一刻と不利になっていく中、いつまで事実と異なる情報を発信し続けるのだろうか?

The U.S. Secret Service is investigating death threats against Vice President Mike Pence made by pro-Trump lawyer Lin Wood, Fox News has learned.

Wood, who was banned from Twitter last week, is suspected of writing a now-deleted post on Parler: “Get the firing squads ready. Pence goes FIRST.”

(Visited 71,831 times, 137 visits today)
アクセスランキング(週間)