中国ニュース

【速報】中国西安、停電と断水のダブルパンチ

ネット掲示板から探した。中国の西安では商店が事業を維持するためにバケツを持参して水を貯めているそうだ。停電も頻繁に起こることから自動ドアをやめて手動ドアにしたという。地域の他のコミュニティは普通に水を使っているらしく、なぜ商店に限って断水が起こるのかについて記事にあれこれ書かれていた。何ともはや、中国らしい。

西安のWeiquNorth Streetにある12を超える商人は、電力価格の高さに関する苦情のために給水を停止することがよくあります
2021-01-12 19:38:38

過去3か月ほどで、西安の長安地区のWeiqu North Streetにある12を超える商人が頻繁に水を止めています。商人は、自分のバケツを持参し、水道管を受け取り、水を購入して事業を維持することしかできません。 商人は、最近の減水は、過剰な電気料金の共同報告に関連していると疑っています。

店舗は突然の断水に対処するためにバケツを準備します

1月11日、チャイナビジネスニュースの記者がウェイクノースストリートにやって来て、牛肉売り手が頻繁に断水や停電があったことを紹介し、元の電動ドアを手動ドアに変更しました。水を飲めるようにするため、購入しかできませんでした。 ミネラルウォーターを飲む。 Hulutou Restaurantのマネージャーによると、頻繁に断水や停電が発生しており、家族はキッチンとバスルームにバケツを保管している間、コミュニティからキッチンへの水道管しか接続できません。 店長によると、バスルームが正常に使用できないため、お客様からのご意見が多く、キッチンの給水がタイムリーでなく、外に水を運ぶように構成されていることもあり、ビジネスに深刻な影響を及ぼしています。

商人の張さんは、給水停止によるご不便を報告するために、3ヶ月以上も頻繁に来店されたとのことでした。 張氏は、ここに出店して10年以上になり、水不足の問題に遭遇したことは一度もないと語った。また、地域の建物は少なく、大量の水消費の問題は全くない。

記者はお店から壁で隔てられた嘉城コミュニティにやって来て、多くの住民を訪ねた後、コミュニティは通常の水を使用していると全員が言った。

なぜお店だけが水を止めることが多いのですか?商人によると、その理由は、数十の商人が共同で、プロパティがより多くの電気料金を請求していることを反映しているためだと思われます。 商人によると、2013年から2017年まで、電力価格はキロワット時あたり1.7元のままでしたが、商人からの集合的なフィードバックの後、2018年にはキロワット時あたり1.52元に下がり始めました。 数十台の家電製品の価格が他の場所よりも大幅に高いため、関連する文書を検索し、ピーク時の長安地区の最高電気料金が1.2元/ kWhを超えないことを示しました。 2020年5月、商人が再び所轄官庁に報告した後、1.1237元に引き下げられ、そのうち電気料金は0.6347元、電力損失は0.2元、変圧器の利息費用は0.28元で、他の店よりも高い。
・・・

ttp://img4.myhsw.cn/2021-01-12/8RjD0ZzY9Aqoclxe.jpg
ttp://img4.myhsw.cn/2021-01-12/lxfYxpwCSySzDPqb.jpg

ttp://news.hsw.cn/system/2021/0112/1283286.shtml

回路変更の工事負担を拒否した商人への嫌がらせか?

今回の話とは直接関係ないが、ソーラーパネルが多いと冬はどうしても日照時間の影響で停電しがちになるそうだ。太陽光発電は日照時間が多く気候が安定しているカリフォルニアやテキサスなどのような場所が向いているものと思われる。そもそも太陽光なんて植物の光合成には使えても電気自動車を充電するだけのエネルギーを賄えるとはとても思えない。
記事の解説を少しした方がいい気がした。実はネット掲示板でも翻訳が中途半端で状況がよく分からなかった。おそらくテナントの商人が電気代を引き下げまくってけちった結果のことだと思われる。回路変更の工事費用負担を拒否した商人への嫌がらせの線もあると思う。普通は大家が負担するはずだが、中国のことだからろくに契約書も残してないんだろう。

プロパティ:パイプラインの問題による高い電力価格は、新しい変圧器によるものです

商人が支払う毎月の電気損失や変圧器の利息費用について、記者は電力部門に連絡した。スタッフは、電気損失は一般に商用電力使用中のいくつかの損失を指すと述べた。料金は固定されており、kWhあたりの追加料金ではない。 0.2元の電力損失は少し高いです。 私は、商人によって支払われる変圧器の利子費用0.28元について聞いたことがありません。

商人によると、昨年、物件は各商人に回路を改造するために一括で35,000元を支払うように求め、商人は集合的に反対した。 商人は、彼らのほとんどは地主ではなくテナントであり、回路変更の費用を商人に転嫁することはできないと述べました。 同時に、商人は関連部門に問題を報告し続け、それが頻繁な断水を引き起こしました。

個人的にはこの自動翻訳の「バスルームが正常に使用できないため、お客様からのご意見が多く、キッチンの給水がタイムリーでなく、外に水を運ぶように構成されていることもあり、」という部分でコーヒーを噴きかけた。外に水を運ぶように構成されていることもある、というシュールな欠陥も中国ならではか。OINKならぬOINC(Only IN China)である。
関連記事