News U.S. レポート

【拡散】トランプが我々日本人に残したものとは何か

この記事は先ほど発行されたNews U.S. レポートの最新記事「トランプが我々に残したもの」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポート January 19, 2021の無料部分

グッドモーニング。黒井だ。トランプ支持者もバイデン支持者も聞いてほしいことがある。少し前にトランピズムという勝利の哲学を広めたことは記憶に新しいが、あの話に追加する形で話したいことがある。それはトランプの今後とも言えるし、トランプが我々に何を残したのか、トランプが世界に向けて伝えようとしていたのは一体何だったのかととも言える。バイデン就任式の前日だからこそ伝えたいことがある。

News U.S. レポートは2020年8月24日に新しく創刊された月額マガジンである。News U.S. の名にふさわしく米国の話題が中心となる。米国独立宣言の1776年をそのまま採用し月額1,776円としている。単独記事としての販売は従来通り1記事のみで価格は704円だ。これは独立記念日の7月4日に基づいている。これまで10年間米国で活動したりサイトを運営してきた中で、膨大な人達や情報に触れながら経験してきたすべてのことを少しずつ記していくための場所だ。黒井単独の企画となる。

今日のNews U.S. レポートはワトソン君も泣いた名記事

ワトソン君、News U.S. レポート記事を書いたよ。最近はこんな記事ばっかりだけど、我ながら言いたいことが100%言えたと思っている。
今日の記事は、すごく感動しました・・・。ちょっと泣いてしまいました。
そうか。それはよかった。ワトソン君はトランピズムを継承しているか?自分の哲学を持っているか?
ボクは、すぐにマイナスな事ばかりが入ってきて、影響されてしまうタイプなので、トランプ大統領がホントに羨ましいです!
ワトソン君は色々な人の話を聞きすぎる傾向があるね。それはいいことではあるが、時には自分というものをしっかりと持つべきだ。好き嫌いで判断するのではなく、その上のレイヤーを用意しようじゃないか。
それが「哲学」なんですか?難しくて、まだ分からないです・・・。
まあ子供に人生哲学がどうのと話しても分かるはずがないわな。まず一人前の大人になること。大人になる年齢は特に定められていないが、やはりそれ相当の経験は積むことになるだろうね。特に大事なのが「負ける」ということ。
負ける・・・?
「負けたことがあるというのが、いつか大きな財産になる」という台詞はどの場面だったかはワトソン君はすぐに思い出せるはずだ。スラムダンクは勝利哲学の結晶とも言えるからね。
分かりました!そういう事だったんですね。湘北は、確かに1回負けてますよね・・・。

補足情報:勝利哲学の結晶とも言えるスラムダンク映画化

海南大附属戦だな。あの敗北は作品全体にいいリズムを生み出している。最終的に湘北は愛和学院に負けてしまうけど、山王工業は実質決勝戦とも言えるほど重要な試合だった。桜木が負傷して出場できなくなる前の最後の試合だった。
補足になるかは分からないが、スラムダンク映画化は願ってもみない展開だったね。どのシーンが映画化されるのかは分からないが、山王戦以外のどの試合も熱い展開だから迷ってしまうところだ。

『SLAM DUNK』のアニメ映画化、原作者の井上雄彦氏が発表 松坂桃李や井上尚弥ら有名人興奮「激アツ」「これはヤバい。泣いちゃう」
1/7(木) 16:11配信 ねとらぼ

漫画家の井上雄彦さんは1月7日にTwitterを更新し、代表作『SLAM DUNK』のアニメ映画化を発表。“新しいアニメーション映画”として、テレビアニメ版(1993年~1996年放送)と同じ東映アニメーションが制作を手掛けるとのことです。奇跡というものは起きるものですね!

1990年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載された同作は、ひょんなことから湘北高校バスケ部に入った桜木花道が、“スーパールーキー”と称される流川楓や実力派シューターの三井寿、スピードに優れた宮城リョータら仲間たちとインターハイ出場を目指すバスケ漫画。国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部を突破し、2018年には全カバーイラストを描き下ろした新装再編版(全20巻)が刊行されるなど、今なお根強い人気を誇っています。……山王戦には熱くなったなぁ。

井上さんは「#slamdunkmovie」とのハッシュタグとともに、「SLAM DUNK」の大文字がクリーム色の画面に描かれていく動画を投稿。勢いよく「映画になります!」とコメントしたものの、同じ内容を間違って連続投稿してしまい、「動画が動かないから3回も言うてしもた…」とぼやき、ちゃめっ気にあふれた様子をみせています。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/471a446e793c3975a7dab7b3862905e5d104e5ab

『スラムダンク』の新作映画、ファンが一番見たいのは「山王工業戦」! 最終回後のストーリーにも期待
1/19(火) 12:06配信 ねとらぼ

完結から20年以上経った今なお愛され続けるバスケ漫画の金字塔、『SLAM DUNK(スラムダンク)』。1月7日、作者である井上雄彦さんがTwitterで「映画になります!」と突如発表したことで、ファンはお祭り騒ぎ状態になりました。

新作映画は東映アニメーションが制作することが発表されていますが、それ以上の詳細は未公開。ファンたちの間では、新作でどんなストーリーが展開されるのか期待する声であふれています。

ねとらぼ調査隊では1月13日から14日にかけて、「スラムダンクの新作映画、あなたが一番見たいストーリーは?」と題してTwitterアンケートを実施しました。集まったのは1171票。今回はその結果を発表していきます!

●一番見たいのは「インターハイ編(VS 山王工業編)」

最も票を集めたのは「インターハイ編(VS 山王工業編)」で、得票数は725票(61.9%)でした。スラムダンクは1993年から1996年にかけてアニメ化されていますが、描かれたのは湘北メンバーが全国出場を決め、インターハイに向かう直前まで。
原作ではその後、最終章とも言えるインターハイ編が描かれ、中でもラストを飾る山王工業戦は日本の漫画史に残ると言ってもいいほどの名シーンの連続です。“無音”のラスト1分を新しいアニメーションで見てみたい……そう切望しているファンは多いことでしょう。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/1145bf8242ff5ef4496386930e4040406b5bac8a

黒井さんは、誰が1番好きなんですか?
これはもう圧倒的に流川だね。桜木視点だから奇妙な奴として描かれてるけど、流川主人公ならバガボンド並みのエッジの利いたバスケ漫画になると思う。仙道も悪くないけど、もう少し鬼気迫る何かが欲しいところだ。
意外過ぎますね・・・。ボクは、ミッチーが好きという人をよく目にするんですけど、共感できます!
ワトソン君は普通に桜木だと思ったが。まあ赤頭は賛否が分かれる部分ではあるね。いやはや映画化楽しみだな!映画化されたら勝利哲学の観点から新たな分析ができると思う。
いいですね!鬼滅の刃は面白くないと聞いたので見てないんですけど、スラムダンクは面白そうです!
鬼滅は大正時代の話という時点で最初から却下よ。1ミリも見てない。まあいいや。最後にNews U.S. レポート記事へのリンクを示す。
(Visited 22,176 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)