トランプ

【速報】テキサス州知事「バイデンを訴える用意がある」

バイデンの政策に早くも待ったをかける動きが出始めた。注目のテキサスのアボット州知事で、バイデン政権が憲法に違反し私有財産権を妨害する行動を取るたびに連邦政府を訴えると話しているようだ。何とも頼もしいじゃないか。テキサスが次の米国の中心地になるかもしれない。

メキシコ方面からの望まれざる集団…東部州には分からない

この記事のソースはブライトバートということで、今日恩赦されたバノン氏が情報源ということにはなる。だが主張は極めてまともだ。メキシコとの国境を多く接するテキサス州にとって移民は死活問題だ。東部の遠く離れたワシントンD.C.に何が分かるんだと言いたくもなる。気候変動に対応する政策についてはテキサス州はある程度応じられるはずだが、やはり地元のエクソンモービルのこともあるし安易には妥協できないだろう。
実際にホンジュラスから続々と移民が北上し始めているという動画が数日前からアップされていた。途中で取り締まったりもしているようだが止められる保証はない。国境に建てた壁もいつ壊されるか分かったものではない。バイデン政権自身がしれっと取り払ってしまうリスクもある。テキサスもそうだが、ある程度豊かなメキシコにとっても望まない来客と言えるだろう。

メキシコの南端から米国の国境までは1,000km以上あるが、移民のキャラバンは構わず進み続けるだろう。何日、何週間、何カ月かけてでも北上するに違いない。そこには先進国米国がある。バイデンが不法移民に国籍をプレゼントすると言っていたはず…その思いで必死に歩き続ける大集団。テキサス州知事が早くもバイデン政権を提訴する時が来たと言えよう。
(Visited 49,329 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)