MENU
コロマガ

【拡散】韓国文在寅、破滅の時が迫る

この記事は先ほど発行されたコロマガ日本支部Vol. 79「韓国文在寅の破滅が迫っている」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

コロマガ日本支部Vol. 79の無料部分

久しぶりにコロマガ日本支部の記事を書きたい。Vol. 79となる。取り上げる内容はさっきも話した通り韓国の文在寅にしよう。文在寅が単独でメインテーマになるのはコロマガ日本支部史上で初のことだ。
どんな話でも、覚悟はできてます!有料記事にしないといけない理由があるんですよね?
色々と情報が集まってきたからな。1月に起きた“ある重要な出来事”を踏まえた最新の分析は有料部分で書かなくてはいけないと思っている。
――――― ここから下は有料部分 ―――――

新・コロマガ日本支部とは11月30日に新しく創刊されたコロマガ日本支部の継承マガジンだ。Vol. 70までの記事は読むことができないが、Vol. 71以降については旧コロマガ日本支部と同じ扱いになる。旧コロマガ日本支部と同様に原則非公開となっていて、特定の日時しか販売を実施していない。

※非公開であっても購入者は引き続きマガジンの閲覧ができるが、購入していない人に対しては“お探しのページが見つかりません”と表示され存在を認識することさえできない仕様だ。マガジンのURLは以下のものになる。購読者はブックマークをしておけば迷わずにアクセスできる。

コロマガ日本支部
https://note.com/newsus/m/m9adcc1c0779a
新・コロマガ日本支部
https://note.com/newsus/m/mdf995501ba04

補足情報:文在寅以外にも重要な人物が登場する

2月最初のコロマガ日本支部は韓国の話題だ。文在寅が単独で主役になることは初めてだが、実は文在寅以外にもう一人重要な人物が登場する。それが誰かはここでは明らかにすることはできない。1月に発生した重要イベントにヒントが隠されている。去年の年初に起きたことも関係している。過去の出来事を振り返ることも重要だ。
本家News U.S.では文在寅の記事はお笑いネタとして扱っているが、有料部分では笑いの要素はほぼなくシリアスな内容として仕上がっている。文在寅が辿る運命は多くの人が想像している通りだが、そこに至るまでの過程とそうなってしまった理由についてはほとんど誰も把握していないものと思われる。実に多くの韓国に関する記事を読んできたが、そのことに触れている人はほぼ皆無だったからだ。
補足情報としてこの記事を読む。文在寅の見苦しい嘘もそろそろ限界が近付いている。すべてが明るみになる日は近いと言えるだろう。

「機密なのでUSB非公開」という韓国大統領府、3年前は慰安婦合意機密を公開
2/3(水) 7:58配信 中央日報日本語版

青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の崔宰誠(チェ・ジェソン)政務首席秘書官が2日、「(北に渡した韓半島新経済構想USB内容を)外交上機密なので公開できない」と述べたことに対し、3年前の慰安婦合意検証とは基準が全く違うという指摘が出ている。

崔氏はこの日、ラジオ番組のインタビューで、USBの内容を公開すべきという野党の要求に対し「いかなる根拠もなく疑惑を提起したことを受け、首脳会談であったことをすべて公開すれば国はどうなるのか」と話した。「これは外交上機密文書」とも語った。産業通商資源部が前日、北朝鮮原発建設推進報告書を公開したことについても「公開する必要もなかった。その次はまた何を公開しなければいけないのか」とし「大韓民国の国格と外交、政府の政策などがまるごと揺らぐ」と述べた。

しかし文在寅(ムン・ジェイン)政権が2017年に外交部長官傘下に設置した慰安婦合意検証タスクフォース(TF)の判断は違った。2015年の韓日間慰安婦合意を検証するという理由で、通常30年以上機密となる関連外交交渉内容の相当部分公開した。朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相間の電話会談で言及された内容だけでなく、朴大統領が韓米首脳会談でオバマ米大統領に伝えた意見までが公開された。
・・・

ところが北朝鮮に渡したUSBについて、崔氏は事実上、正反対の論理で公開してはいけないと主張している。全星勲(チョン・ソンフン)元統一研究院長は「同じ外交機密だが、一つは非公開にし、別の一つは公開したというのは二重基準と見るしかない」とし「相手が一つは北、一つは日本ということ以外に差がないのでは」と話した。

崔氏は「(USBは)首脳会談場所で渡されたものであり、これは記録物にならないはず」とし「それなら閲覧もできないはず」とも話した。首脳会談で渡した資料なので大統領記録物に分類されないという趣旨と解釈される。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d30f96bd2c82b48e86886ca584427d9b940ab98

最後にコロマガ日本支部Vol. 79へのリンクを示す。
(Visited 29,925 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)
最新記事
運営者情報
アンケート