MENU
中国ニュース

【中国】バブル崩壊フラグ立つ 終わったな…

中国で不動産融資の規制が始まったそうだ。上昇が止まらない不動産価格を抑制して手持ちの物件を処分するためかもしれない。日本の平成バブル崩壊の二の舞となりかねない危険な動きと言える。

中国で不動産融資規制 日本のバブル崩壊の端緒「総量規制」を連想
2/10(水) 15:00配信 ニュースソクラ

【けいざい温故知新】中国バブル崩壊、秒読みか

新年早々、中国の金融当局が、銀行の不動産融資の規制に踏み切った。「総量規制」を報じた新聞の見出しに、デジャヴュ(既視感)を覚えた。日本も30年ほど前、総量規制を試みている。規制は1年9か月で解かれた。地価バブルが崩れたのだ。

中国人民銀行と銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は昨年12月31日、銀行を規模別に5ランクに分け、不動産向け融資と個人向け住宅ローンの融資に、それぞれ上限を設けると発表、翌1月1日から実施した。

元IMFのチーフエコノミストで、世界各国の経済危機の研究で知られるケネス・ロゴフ米ハーバード大学教授が、中国・精華大学の研究者と「Peak China Housing」と題した論文を発表し、中国の不動産価格が「不安定のピーク」にある、と警鐘を鳴らしたのは、昨年8月のことだ。

翌月には、中国でトップ3に入る不動産大手「恒大集団」が、債務を減らすための資金繰りに、手持ち物件の一律3割引き販売に踏み切っている。

そのころから、中国当局の不動産バブル・リスクへの警戒感が強まったようだ。11月末には郭樹清・銀保監会主席が「不動産市場が、金融リスクにおいて最大の灰色のサイ」と言明。「灰色のサイ」とは、大問題に発展する可能性が高いものの看過されているリスクのことだ。

12月中旬の中央経済政策工作会議で決まった21年の経済政策の基本方針は、8つの重点施策の1つに「大都市住宅の突出した問題」の解決をあげ、「住宅は住むためのもので、投機のためのものではない」と明記したうえ、(投機対象にならない)長期賃貸住宅の建設などに力を入れる、とした。

総量規制も、投機抑制策の一環だ。第1ランクは、中国工商銀行など6大国有商業銀行と国家開発銀行の7行で、融資全体に占める不動産向けは40%、住宅ローンは32.5%が上限。以下、中規模行の第2ランクは同27.5%、20%を上限にするなど、第5ランクまで小規模行ほど融資枠の天井が低くなる設定だ。

不動産融資は不良債権化しやすいと見越した当局が、銀行の体力差を考慮したようだ。

バブル期の日本の総量規制は、1990年3月末に大蔵省(現財務省・金融庁)の銀行局長通達として発せられ、金融機関の規模に関係なく「不動産向け融資の伸び率を総貸出の伸び率以下に抑える」という内容だった。

翌年には地価が弱含みになり、91年12月に規制が解除された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/84ac410f3fc25154a14ab1af846154e4d2ba93dd

中国は地域ごとの価格差が悲惨になっている

中国って、不動産が高いのかバブル崩壊しそうなのかが、よく分からないです・・・。
最近上海で地区封鎖があったじゃん?あの時ついでに中国の不動産事情について少し調べたんだが、上海など一部の勝ち組都心部以外はどこも悲惨な状況だそうだ。例として上海近郊の杭州という地方都市が挙げられていた。
じゃあ、崩壊寸前って事ですか?
歪みは修正されるべきだね。上海や北京、香港などの狂った不動産価格は長くは持たないはず。こうした総量規制に踏み切ったならば余計に危ない。
大変じゃないですか!中国の今の生活は、長持ちしないですね・・・。
米欧からの留学組や駐在組が戻ってきて上海に住みたがるらしく、それで価格が高騰しているというのもあるそうだ。日本人には上澄みのほんの一部だけを見せて上海すごい!中国豊か!と言っているだけだと思う。
中国の若者は、行列に並ばなくなったという記事を読みました!それって、ホントなんですか?
「行列に割り込まなくなった」の間違いだなww 俺はこの記事には賛同しかねる。大声で会話したり通路を塞いでいるのは40~50代の中国人であって若者ではないという意見だ。

日本人は知らない…中国の若者はもう「行列の割り込み」も「大声での会話」もしなくなっていた…!
2/9(火) 7:01配信 現代ビジネス

ひと昔前まで「中国の人は声が大きい」「行列に横入りする」といったステレオタイプが強くあった。しかし、中国の若い世代に目を向けると、その行動様式は様変わりしているという。『中国人のお金の使い道』などの著書があるジャーナリストの中島恵氏によるレポート。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/05c9f531d6c796a15c678f0ba5094bbd84a4f163

中国は13億人もいるのに、一部だけでは判断できないですよね・・・。コメント欄でも、日本に来ている人は違うって言われてました。

中国がいい国に見えるのは表面だけ…上海の一部だけ

行列は別として、ロックダウン中に窓から歌を歌ってみんなで励まし合おう!みたいなノリは俺は受け付けないね。同調圧力とか集団主義そのもので寒気がする。世界のどこにもそういうことをしてる国はなかった。
確かに・・・。理解できない行動が、多いですね。
不動産の記事の、ネットユーザーの反応です!

・日本のバブル崩壊が決定的になったのも、土地に対する融資の総量規制による貸し剥がしでした
・中国は上手にブレーキをかけると思います。中国崩壊は当たりません
・中国でバブルが崩壊しないのは、銀行や不動産開発業者を共産党が完全にコントロールできるからです
中国は、地方に誰も住まないマンションを作って、GDPをかさ上げしています
・日本の1990年代にすごく似てます。65歳以上が15%に達しましたが、中国も最近似たような感じになりました
・中国の不動産貸出残高は320兆円です。バブル崩壊すれば、8割の240兆円が失われるという計算もあります
中国よりも韓国の方が、バブル崩壊の衝撃を受けると思います。国民総出で借金して株や不動産に走っています

韓国の場合総量規制のような政策にはまだ踏み切ってないはず。切り札として最後に出したら悲惨な暴落が待っているかもね。韓国はそれ以上に北朝鮮に攻め込まれるリスクが高いが。
誰も住まないマンションって、廃墟ですよね・・・。GDPって、何なんだろうって思ってしまいます。
だから上澄みと言ってるだろ?中国をやたら褒める日本人には警戒した方がいい。我々に上澄みだけを見せている可能性が大だ。底に沈殿している汚い部分にまで目を向けなければならないと言える。
中国の皆さん、資源を大事にしましょう!環境を大事にしましょう!さようなら!
(Visited 47,730 times, 6 visits today)
アクセスランキング(週間)
最新記事
運営者情報
アンケート