News U.S. レポート

【速報】ビットコイン関連株を買ったら爆益w

この記事は昨日発行された米国株式投資レポート「ビットコイン関連株を買ったら大暴騰」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

米国株式投資レポート February 14の無料部分

今週の米国株式投資レポートを始めよう。今回はビットコイン関連銘柄が大暴騰したことを受けてブロックチェーン特集を実施した。と言っても技術面ではなく株式投資の観点からの話ではあるが。
すごく役に立ちました!この記事は、ずっと保存しておきたい記事になると思います。
今こうして議論できていること自体が幸せと言えるかもね。ブロックチェーン産業とは何なのか、今どういう状態なのかについて少しでも知ることができれば特にそう思う。

米国株式投資レポートとは黒井、ワトソン君、著名投資家のバフェット氏の三者が米国株式投資を実践する企画である。毎週日曜日に前週の成績を発表しチャート分析や銘柄研究などをしながら今週以降の展望について話す。記事を読むためにはNews U.S. レポートの購読が必要になる。

株式投資を通じてビットコインに投資できる

今回の米国株式投資レポートではブロックチェーン産業を株式投資の観点から眺めた場合に何をすべきかについて書いた。ビットコインの上昇が止まらなくなっているのは知っての通りだと思うが、実は米国株にはビットコイン関連銘柄というものが存在する。約2カ月前に特集したが、今ここで改めて情報収集の重要性を思い知った。
ビットコインは税制が問題だ。それを解決するのがこうしたビットコイン関連銘柄でありビットコインETFだったりする。株やETFならば税金が安い=つまり…ここで想像力を働かせることができればすぐに勝てる。何もアップルやアマゾンを買うことだけが米国株投資ではない。世界観を広げることが重要だ。
補足情報としてこの記事を読もう。この株式投資レポートが出た2月14日という日付に何が起きたかの記事だ。ヒントが含まれている。初めてこの競技を見ようと思い始めた。ワトソン君に幸あれ。

今日は何の日:2月14日
2/14(日) 8:05配信 nippon.com

羽生結弦選手、五輪フィギュアで日本男子初の金メダル

2014(平成26)年 ソチ冬季五輪の男子フィギュアスケートで羽生結弦(はにゅう・ゆづる)がフィギュア日本男子初の金メダルを獲得。前日のショートプログラムで公式大会初の100点超えを記録して首位に立つと、フリーで178.64点をマーク。合計280.09点でパトリック・チャン(カナダ)らを抑えた。

その他の出来事

1920(大正9)年 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の第1回大会にあたる「四大校駅伝競走」が午後1時、東京・有楽町の報知新聞社前をスタート。同駅伝は、「日本マラソンの父」として知られる金栗四三(かなくり・しそう)らの「世界に通用するランナーを育成したい」との思いから誕生。早大、慶大、明大、東京高等師範学校(現筑波大)の4校が参加し、東京高師が優勝を飾った。

1973(昭和48)年 最後の南米移民船「にっぽん丸」が285人の移住者を乗せて横浜港から出航。3月27日にブラジル・サントス港に到着した。同年7月からは航空機による移住となった。

1996(平成8)年 将棋の羽生善治六冠が第45期王将戦で谷川浩司王将を破り、25歳で史上初の七冠独占を達成。

https://news.yahoo.co.jp/articles/118f6d07fc7d4f54006c17e2a77d2c84ecc92a4f

最後に米国株式投資レポート記事へのリンクを示す。
(Visited 13,060 times, 8 visits today)
アクセスランキング(週間)