バイデン政権

【速報】米国「竹島は日本領」 新たな証拠

間もなく竹島の日が訪れるが、それを前にして米国が日本の領土の範囲を定めた地図が新たに発見されたそうだ。1952年10月に発行された海図で、島の名前がそれぞれの国の呼び名で示されているという。対馬はTsushima、竹島はTakeshimaとなっていた。こうした資料が今さらのように出てきた事そのものが米国からのメッセージと言える。

米国が竹島を日本の領土と認識 地図を発見
2/19(金) 19:38配信 日本海テレビ

2月22日の「竹島の日」を前に、戦後、日本の領土を定めた条約の起草国アメリカが「竹島」を日本の領土と認識していたことを示す新たな地図が発見された。

島根大学 舩杉力修准教授:「手が震えました。こんなものが出てきたのと思って。」

こう話すのは、日本国際問題研究所から竹島に関する古地図の調査を委託された島根大学の舩杉力修准教授。舩杉准教授が発見した地図は、アメリカ政府が1952年10月に発行した海図で、地名や島の名前などはそれぞれの国の呼び名で示されている。

日韓の境界線にある島では例えば対馬は「Tsushima」、鬱陵島は「UllungDo」。この地図の「竹島」には「ドクト」ではなく「TakeShima」と記されていた。

舩杉准教授:「世界にも発信する準備をしている。韓国、アメリカの人も含めて、重要な資料だという事を広報していきたい。」

日本国際問題研究所は去年、戦後の日本の領土権を定めたサンフランシスコ平和条約の起草国アメリカが条約発効後に「竹島」を日本の領土と認識していたことを示す「航空図」を相次いで発見していて、今回もそのアメリカの認識を裏付けるものとしている。

今回発見された地図の複製は松江市の竹島資料室で19日から展示されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4eedba1a934bced9318ee9820382322e14d93619

米国政府が公式に竹島を日本領と認めていた証拠

竹島は日本領だって、アメリカも認めてくれたんですね!これって、すごい資料なのでは?
韓国の主張を完全に打ち砕くものになりそうだね。サンフランシスコ条約に署名していない韓国は知ったことではないと言うかもしれないが、少なくとも米国政府としては公式にあの島が日本領の竹島だと認めていたことが確定したわけだ。韓国は言い逃れができなくなった。
韓国は、アメリカがどっちの領土か決めてないから、ずっと不法占拠してるんですよね?
それもそうだし、韓国民向けには嘘をついてるからな。鬱陵島の北東部にある観音島のことを石島=ソクトと呼び、それがなまってドクト=独島だ!と言っているにすぎない。今現在韓国軍の訓練実施場所になっているあの竹島とは別の場所だ。
アメリカは、キチンと区別を付けてたって事ですよね?
当然だ。韓国政府はすべての真実を知っているから、これで言い逃れができなくなったとパニック状態になっているに違いない。今頃文在寅は頭を抱えているであろう。
やっぱり、韓国は北朝鮮に吸収された方がいいですね・・・。そうすれば、取り返せますよね?
法的な根拠が消滅するからね。米国にとっての重荷が消える。ぶっちゃけそれ以外に奪還をためらう理由はないから、韓国が消滅したら呆気なく竹島は日本に戻ってくると思う。その日はそう遠くはない。

日米安保条約が竹島へ適用されれば歴史が動く

ネットユーザーの反応です!

物的証拠が、国外で認められるのはいいですね
海外で着々と証拠が出てきてます。韓国には、証拠を粛々と出すしかないです
・前から分かっていたのに、日本のマスメディアは今までウソをついてたんですか?
・当たり前ですけど、ありがたいです
アメリカが今の時期になって言い出したのは、韓国が中国寄り過ぎるからです
・日本が自国の領土を自国の物だと主張して、行動に移すだけです。今のアメリカはあのバイデン大統領です

このツイートの返信部分から、探しました。

去年からこういった物的証拠は徐々に出てきていたから、政権交代の影響はさほどないと思いたいがね。だが今回については決定打と言えるはずだ。
ボクは、竹島はアメリカにとっても大事な場所だと思うし、日本が取り返す事に意味があると思ってます!日米安保条約の適用対象になれば、大きいですよね?

当然だ。そしてそのことが歴史の矛盾点を明らかにしてしまうとも言える。その矛盾を解消する時がやってきたのかもしれない。令和三年、いよいよ歴史が動くぞ。
いいですね!これが、令和時代なんだと思いました。
韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
(Visited 41,617 times, 63 visits today)
アクセスランキング(週間)