安倍政権・菅政権

【拡散】韓国の慰安婦、自ら強制連行を否定

韓国の自称元慰安婦のイ某の過去の発言が蒸し返されている。1992年にKBSの番組に出演した際に、日本人がワンピース1着と靴1足を持ってきたことでついていく気になった、強制連行ではなかったと話していたそうだ。当時は16歳だったという。この発言も本当かどうかは分からないが、少なくとも韓国が言うところの強制性を立証することは難しくなったと言える。

慰安婦論文に噛みついた元慰安婦の過去
2/20(土) 9:01配信 JBpress

旧日本軍の元慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)氏は、日帝時代の従軍慰安婦を「自発的」だと定義付けたジョン・マーク・ラムザイヤー・米ハーバード大学ロースクール教授の退陣を求める記者会見を2月17日に行った。この場では、慰安婦として強制連行されたという事実を証明するため国際司法裁判所(ICJ)に訴える、慰安婦被害者に代わって文在寅大統領が日本の謝罪を受けるべきだと涙ながらに語っている。

李容洙氏については、2020年5月に尹美香(ユン・ミヒャン)前正義記憶連帯(正義連)前理事長が、李容洙氏は慰安婦被害者ではなかったことを匂わす発言を出した。「真正性」と「信頼性」に対する疑惑を解消することなく、一方的に「被害者性」を訴えている李容洙氏には、自称“慰安婦被害者”という批判も上がっている。
・・・

韓国で慰安婦問題が提起された直後の1992年8月15日、李容洙氏は最初に慰安婦だったと名乗り出た金学順氏と一緒に、KBSの生放送番組「私は女子挺身隊、民族受難の痛みを乗り越えて」に出演した。

番組のなかで李氏は「16歳のとき、ぼろを着て食べることもできなかったが、日本人がワンピース1着と靴1足を持ってきてくれた」「それを差し出して『行こう』と言ったのでついて行った」と話した。司会者が「だまされたのか」と再度尋ねると、李容洙氏は再度「日本軍の強制連行ではなかった」と述べた。「拉致」や「強制連行」ではなく誘惑に負けたのである。

この証言は、正義連の前身である挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)が発刊した「証言集-強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち(1993、ハンウル)」でも確認できる。「家出状態だった李容洙氏が川辺で若い日本人男性がくれたワンピースや革靴を見て虜になり、ついて行った」と掲載されている。

ところが「強制連行ではない」という証言はその後、覆された。2007年の米国議会と2018年のフランス議会で行なった「証言」で、「強制連行の現場に軍人がいた」「背中に刃物を刺されて連行された」と発言したのだ。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/0acc588673fe150d7ad72241a240dcd18a8eb1fb

着る方のワンピースは和製英語

これって、ひょっとしてニセモノの慰安婦だと言われてる人の話ですか?
そういうことになるね。韓国政府のユン某が流した偽者説が何なのかがいまいち把握できてなかったが、どうやらこのワンピース証言のことらしいと分かった。
ワンピースって、宝物ですよね?
なぜそういう野暮な質問ができるのかを知りたいwww
すみません、本気で分からないです・・・。
まあそうか。ワトソン君にはワンピースと言えばそっちしか縁がないか。着る方のワンピースは典型的な和製英語だからむしろ漫画への風評被害にさえなっているという。
それはいいとして、ここではその和製英語のワンピース、つまり上下ひと繋ぎの服と靴を差し出した”日本人”と思しき人に付いていったとする発言をユン某が紹介していて、さらに自分自身であれは強制連行ではなかったとも話していたと。
慰安婦問題って、まだキチンと理解できてないんですけど、日本軍が関わったかどうかがが問題なんですよね?
論点がいくつかある。実は俺は今回の発言についてはまったくいい話ではないと考えていて、むしろ巧妙に仕組まれた慰安婦問題のトラップじゃないかと疑っている。

慰安婦問題の論点を整理することが重要

慰安婦問題の論点ごとに証言を分析すると…

1. 連れて行ったのは日本軍だけど、強制性や誘拐性はなかった
2. 連れて行ったのは日本軍だし、強制連行だった
3. 連れて行ったのは日本軍に依頼された業者で、強制連行だった
4. 連れて行ったのは日本軍に依頼された業者で、強制でも誘拐でもなかった
5. 連れて行ったのは韓国軍や米軍であり日本軍ではなかった

このうち真実は4番目ないしは5番目ということになるが、今回のイ某の発言は4番目の発言に該当するわけ。一見真実を話しているように見える。
今までは、2番目だったって事ですよね?
日本軍が関与したわけではないし、強制性もなかったという意味では1番目も否定している。過去は4番目の証言だったが、いつしか1番目に変わり2番目になってしまったということ。現場に軍がいなかったなら強制性を証明するのは難しいよな。ワンピースに釣られて付いていったんだから。
ホントは、日本じゃなかったんですよね?その話があったから、ニセモノなんだって話だと思ってました。
いや、まだある。

6. 日本の業者の募集ポスターを見て自ら応募した

実際のところ1番目から4番目は大差ない。日本軍が依頼した業者であり強制性がなかったにせよ、”連れて行った”ことに変わりはないからな。慰安所での管理不行き届きがあったならば日本軍は責任を問われる。安倍元首相はまさにそこを謝った形になるわけ。ところがもし慰安婦のほぼ全員が募集ポスターを見て自発的に志願したというなら話は変わってくる。100%自らの意思で慰安婦になったならそれは…ということだわな。
それが、ハーバード大学の教授の言ってる事ですよね?
そう。だから真実は1ないし4なのか、それとも6なのかという部分で韓国が必死に嘘を守ろうとしている状況と言える。だからこそあえて1から3を切り捨てて4を取った。本気で隠したい真実と言える5や6への言及がなされないようにする意図もあった。
じゃあ、ハーバード大の教授も、ダメですか?
論文をすべて読んでないから断言はできないが、韓国に利する形となる可能性が高まっている状況だね。日本としては日本軍の関与があったかどうかの議論を今蒸し返されること自体が望ましくない。すべて慰安婦合意で解決したからだ。だが5番目の話に飛び火するとなれば話は別だ。それも含めてやめましょうと言っている。
長くなってしまったが、この慰安婦問題というのは単純ではないよ。古畑任三郎のスペシャル版並みに真犯人が覆い隠されたサスペンスドラマのようなものだ。真実をすべてつまびらかにすることが日本の正義なのか、それとも韓国は自ら問題をこじらせて墓穴を掘ってしまうのか…ここに注目しなければいけない。
何だか、続きをコロマガで聞きたくなってしまいますね。1度だけ有料部分で話してみてもいいのでは?
以前やったじゃん。まあいいや。ひとまずこの話は保留としておこう。世界がどの結論を望むかを注意深く観察するとしよう。
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
(Visited 52,170 times, 10 visits today)
アクセスランキング(週間)
関連記事