バイデン政権

【速報】日米台で半導体連携 韓国除外

バイデン政権に変わってからも台湾を優先する米国の方針に変わりはない。北朝鮮にかまけてばかりの韓国とサムスンは放置され、日本との関係がよく信頼を勝ち取っている台湾のTSMCが一人勝ちになるのは当然の展開と言える。韓国は日米台の連携から排除され孤立することになるだろう。

世界の半導体供給に地殻変動の兆し、日・米・台の連携に取り残される韓国
2/23(火) 6:01配信 ダイヤモンド・オンライン

昨年秋頃から、世界経済全体で半導体の需給がひっ迫している。コロナ禍によって世界経済のデジタル・トランスフォーメーションが加速し、スマートフォンや高性能コンピューター向けの最先端の半導体需要が高まった。そこに車載半導体の需要回復も加わったのである。TSMCの生産ラインを各国企業が取り合うというべき状況となっている。今後、日・米・台を軸に、世界の半導体サプライチェーンは変化する可能性がある。(法政大学大学院教授)

● 台湾のTSMCとの関係強化に 動き始めたバイデン政権

米国のバイデン政権は、自国の企業が必要とする半導体の確保に現在、注力している。

そのためバイデン政権は、台湾当局や半導体ファウンドリー(受託製造企業)最大手であるTSMC(台湾積体電路製造)との関係強化に動き始めた。また、同政権はわが国の半導体産業へも秋波を送っているという。

米国にとって、日本と台湾との連携強化は半導体の調達や安全保障体制の強化に欠かせないとの図式なのだろう。

世界のファウンドリー業界では、TSMCが54%、韓国のサムスン電子が17%程度のシェアを持つ。本来であれば米国は同盟国である韓国にも連携を求めたいだろう。しかし、現時点でバイデン政権は、日台との関係を優先しているようだ。

その要因の一つに、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の政策への不安がある。
・・・

● 米国が不安視する 文大統領の政策運営

半導体の確保に向けてバイデン政権が、ファウンドリー事業の強化に取り組む韓国のサムスン電子よりも台湾のTSMCを重視する背景には、北朝鮮などに関する文氏の政策への不安がある。

米国務省は、同盟国が連携して北朝鮮に毅然とした立場で臨むことが重要との立場だ。わが国もその考えに賛同し、米国はわが国との連携を重視している。

その一方で、文大統領は「米韓の合同軍事演習を北朝鮮と協議できる」と発言するなど、北朝鮮との宥和を重視している。2018年に文政権が北朝鮮での原子力発電所建設を検討していたことも見逃せない。

日韓関係も不透明だ。一時、文氏はわが国に対して秋波を送る発言を行った。しかし、今年2月に入って韓国の大田地裁は、元挺身(ていしん)隊員らへの賠償問題を巡って、わが国の三菱重工が行った即時抗告の一部を棄却した。文氏の対日政策が変わったとはいえない。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/b964de1bc31d2665cd9c1932c1cc25e09a2d7525

韓国は中国の一部というレベルでどっぷり漬かっている

半導体は、台湾だけでいいです!韓国は必要ありません!
韓国はこの前のテキサス大停電で大きなダメージを受けたし、サムスンのファウンドリービジネスもここまでかもしれないね。米国から冷遇されている中でのとどめのような出来事だった。
それに、韓国の意地悪クラブは中国とも仲良しです!安全保障はアメリカに依存してるのに、経済は中国に依存しているんです!
ある程度の協力関係はあってもいいと思うが、韓国の場合ほぼ裏切っているというレベルで中国にどっぷり漬かってるからな。サムスンが中国に一大半導体工場を持ちファーウェイなどに供給しているという事実は否定しようがない。
ムン大統領は、ホントは早くアメリカとの関係をなくして、中国の一部になりたかったんです!それなのに、アメリカにもこだわる意地悪クラブのせいで、機会を失いました・・・。
文在寅自身が米中二股外交の体現者じゃないか。蝙蝠外交とも言える。パククネと何も変わらんよ。文在寅には何も変えられなかった。
それは、違います!ムン大統領は、変えようとしてたんです。それなのに、意地悪クラブが毎回邪魔をして、ムン大統領を貶めようとするんです!
毎日毎晩意地悪クラブ意地悪クラブとwww 敵を単一化すると批評は楽になるが、それでは何も成長しないぞ?文在寅自身の問題だからだ。

韓国が米国の同盟国という大いなる矛盾

だから、ムン大統領はアメリカとの関係をなくしたいのに、意地悪クラブがそれを妨害するんです!そのせいで、結局アメリカからも中国からも見放されるんです!
まあ中国の一部だしその程度の扱いで問題なかろう。ネットユーザーの反応は?
まとめました!

・何かあった時に、安定した供給網があるのは大事だと感じたんだと思います。韓国はいつレッドチームに行くか分かりません
コウモリ外交と呼ばれている韓国が、岐路に立たされています
・日本の産業の復活チャンスがありそうです
・外交の成果です。自国の主張ばかりで、困ると論点をずらします。ラオスダムやレーダー照射など、誠意のケッペンもありません
・日本との関係は破綻し、経済は低迷しています
・バイデン大統領は、同盟を重視すると公言しました

ケッペン?欠片(かけら)の間違いか?
それです(笑) 読めませんでした・・・。バイデン大統領は、台湾と同盟を結びますか?
韓国が同盟国で、かつ台湾が同盟国でない今の状況は大いなる矛盾をはらんでいると言えるね。韓国のせいで同盟の言葉も色あせてしまう。米韓相互防衛条約が消えてこそ真の安定が訪れると言えるだろう。
韓国は、1度ゼロからやり直した方がいいです!意地悪クラブを一掃して、農業から再開します。
韓国の皆さん、ムン大統領に従いましょう!ムン大統領の脱日構想実現に、協力して下さい!お願いします!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
(Visited 27,720 times, 59 visits today)
アクセスランキング(週間)