米国ニュース

【速報】タイガーウッズ横転、ブレーキの欠陥か

タイガーウッズ選手の横転事故で続報が出てきた。米国メディアのUsa Todayが現場にブレーキ痕が残っていなかったと報道した。最近の自動車はどれもアンチロックブレーキシステム(ABS)が搭載されているから痕は残らないという意見だ。要するにタイガーウッズ選手はブレーキを踏んでいたが、それが反対車線に出てもうまく作動せず横転してしまった可能性があるのだ。スピード違反は否定されている。

「カーブで直進」…タイガー・ウッズ、GV80事故で「居眠り運転」の可能性
3/3(水) 7:23配信 中央日報日本語版

車両横転事故で重傷を負った「ゴルフの皇帝」タイガー・ウッズが事故当時に居眠り運転をしていた可能性があるという専門家の推測が出てきた。

USAトゥデイやFOXニュースなど外信は2日(日本時間)、複数の専門家の意見を総合した結果、ウッズが運転中に居眠りをしていた可能性ももあると報じた。

ウッズは先月23日、ロサンゼルス郡でジェネシスGV80車両を運転をしている途中、自動車が横転する事故で右足を大きく負傷した。病院に運ばれたウッズは複雑骨折で緊急手術を受けた。

専門家はウッズが運転していた自動車がカーブでもスピードを落とさなかった点を根拠に居眠り運転に重点を置いた。警察捜査官出身で交通事故専門家のジョナサン・チェルニー氏は「カーブ道で車が直進したというのは居眠り運転の典型的な事例」とし「意識不明や居眠りで車両が道路を離脱するまで目覚めることができないようだ」と加えた。

また右足を大きく負傷したのはウッズが事故直前にブレーキを踏んだためだと分析した。

別の専門家であるフェリックス・リ-氏は最も可能性が高いとされたスピード出し過ぎ運転に対しては否定的な立場を出した。リー氏は「私が感じるところ、速度は大きな問題ではなかったようだ」としながら、ブレーキ跡が見られないことをめぐり、アンチロック・ブレーキ・システムを取り上げて「必ずしもスキッドマーク(タイヤ痕)ができる理由はない」と明らかにした。フィールド調査の結果、ウッズの事故はドラッグや特定飲料品とは関係がないことが明らかになった。

ウッズは現在入院しながら回復に向けて治療に専念している。復帰できるのか、またそうなった場合時期はいつかなどについては未知数だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bcee3be451cf855649da8c5336f4ab35f8d00bd7

There were no skid marks on the road to indicate braking, according to Los Angeles County Sheriff Alex Villanueva. Woods’ vehicle did have anti-lock brakes. So even if he was to slam on the brakes prior to hitting the curb, “you wouldn’t necessarily see tire marks,” said Felix Lee, an accident reconstruction expert who is part of the Expert Institute, a network that provides expert witnesses in litigation.

Hashish said he suspects the damage to the vehicle and Woods would have been much greater if he had been traveling at an excessive speed. The speed limit on that road is 45 mph.

“You can walk away with a broken leg from 45 to 50 mph,” Hashish said. “If you’re hitting 60, 65 and you’re hitting a stationary object, your likelihood of death increases exponentially.”

右足を損傷したのはブレーキを踏んでいたから

タイガーウッズさん、結局居眠り運転のせいにされてしまうんですか?
現状だと残念ながらその可能性が高いが、Usa Todayという米国メディアは韓国寄りの記事を書くことが多くあまり信用していない。実際この記事を読む限り俺は真っ先にブレーキの欠陥を疑ったね。
どういう事なんですか?ブレーキを踏んだのに、ブレーキの跡がなかったんですよね?
アンチロックブレーキシステム(ABS)搭載車はブレーキ痕が残らないという話は日本ではあまり一般的ではないようだ。タイガーウッズ選手が右足を大きく損傷していたのは、ブレーキを目一杯踏んでいたからと解釈するのが適切ってこと。
ブレーキを踏んだのに、止まらなかったんですね・・・。じゃあ、ブレーキの欠陥だと思います!
そういうこと。まさにブレーキシステムの欠陥が疑われる事例だと思うよ。縁石に乗り上げて反対車線に一旦出た。普通ならそこでブレーキを踏めば簡単に止まるはずだ。ところが止まらず横転した。現場の写真は以前の記事で取り上げたね。

反対車線に出た時点で止まらなかったのはおかしい

居眠り運転してるのに、ブレーキって踏めるんですか?
最初は居眠りで縁石に激突、中央分離帯を越えて反対車線に出る。そこでハッと目が覚めてブレーキを目一杯踏む。これで普通は事なきを得るはず。ところが横転した。つまりブレーキが利かなかったんだよ!
確かに!じゃあ、韓国車の欠陥だと思います。やっぱり現代自動車のせいだったんです!
愛国日報もおかしいと思わないのかな?居眠り運転だと言ってる専門家もいれば、ブレーキを直前に踏んだと言っている専門家もいる。2つの話が矛盾することに気付かない時点で報道機関失格だ。
居眠りしたまま、ブレーキは踏めません!それに、スピードも違反してなかったんですよね?
制限速度+5マイル程度という見方が有力だね。この程度ならば許容範囲だろう。それ以上スピードが出ているともっと大きな怪我をしていた恐れがあるそうだ。つまり急発進とは言えないにせよ、何らかの欠陥が疑われるということになる。
ネットユーザーは、どうして居眠り運転だと言ってるのに、本人に証言を取らないのかって言ってます。やっぱり、話されると都合が悪いんですね・・・。
それで明確になるからな。今は当局が調べてる最中らしいから憶測でしか話せないんだろう。いずれこの問題が明らかになることを願おう。
韓国の皆さん、自動車を作るのをやめましょう!農業からやり直しましょう!さようなら!
アクセスランキング(週間)