コロマガ

【拡散】某大国が米国経済を破壊しようとしている

この記事は先ほど発行されたコロマガ海外支部第47号米欧編「米国経済を破壊する勢力」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

コロマガ海外支部第47号米欧編の無料部分

コロマガ海外支部第47号米欧編を始める。アジア編のみならず米欧編でも国によって深刻な“コロナ格差”ができ始めた。それに伴い国家間の対立と亀裂が深まりつつある。
最近のアメリカ国債の金利高の理由が、やっと分かったんです。景気回復とは全然関係なくて、経済戦争だったんです!
超大国同士の激しいぶつかり合いが背景だよな。まさに戦争とも呼ぶべき破壊行為を某国が仕掛け始めたことが分かった。自由民主主義陣営はこの戦いに勝てるのか、人類はどうなるのか…コロマガ海外支部は“ノアの方舟”となるかもしれない。

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。記事を読みたい場合にはNews U.S. レポートの購読を始める必要がある。

補足情報:金利高と株価暴落を仕掛けるのは誰か?

アジア編では残酷なまでに格差が開いたという話をしたが、米欧諸国もそうなる可能性が高まってきた。その格差を生み出したのはワクチン接種のスピードだ。ロックダウンだけを散発的に繰り返していても何も得られない。一部の国では絶望的なタイミングでのロックダウン再開となった。この地域は全体が没落していくことになるだろう。
経済戦争を仕掛けた勢力の正体はアイキャッチ画像に示されている。金利高の原因もほぼ確実に判明した。それにより今後の米国株で大暴落が引き起こされる可能性が俄然高まったと言える。3月21日のトランプ就任式を過ぎたとしてもなお暴落のリスクは消えない。なぜならトランプが完全に復活してしまうからである。
補足情報としてこの記事を読もう。もはや何も言うまい。

バイデン氏、階段で繰り返しつまずく 専用機搭乗時
3/20(土) 5:29配信 AFP=時事

【AFP=時事】ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領(78)が19日、大統領専用機エアフォースワン(Air Force One)に乗り込んだ際、足を踏み外して数度にわたりつまずいた。

バイデン氏は、タラップの階段を半分ほど素早く上がったところでつまずいた。すぐに右手で手すりをつかんで体勢を戻そうとしたものの、再び足を踏み外し、階段に片膝をついた。

立ち上がったバイデン氏は左脚をはたき、再び階段を上り始めた。上りきると振り返って敬礼し、専用機に乗り込んだ。

バイデン氏はジョージア州アトランタ(Atlanta)で起きたマッサージ店連続銃撃事件を受け、アジア系住民の代表者らとの面会のため、首都ワシントンからアトランタに向かうところだった。

史上最高齢で米大統領に就任したバイデン氏は昨年の大統領選期間中、ステージや演壇に続く階段を頻繁に駆け上がっていた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/21d1d6fff9a456830f9a27f361425f0a56a71f21

最後にコロマガ海外支部第47号米欧編へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)