News U.S. レポート

【速報】トランプついに復活

この記事は先ほど発行されたコロマガ海外支部第49号米欧編「JFKが蘇った」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

コロマガ海外支部第49号米欧編の無料部分

コロマガ海外支部第49号米欧編を始める。今号でも前号までと同じく株の話題が多かったが、その中である人物がJFKの再来じゃないかという話をした。いくつかの共通点がそれを示しているからだ。
何が悪で、何が善なのか分からなくなりました・・・。ボクは、ずっと騙されてたような気がします。
そうでもないよ。誰でも最初は間違うものだ。4月10日までにトランプが復活し米国株が暴落するという予言をクロセリーノが出したが、その背景について検証した結果驚くべき事実が判明した。これはこれで衝撃的だった。

News U.S. レポートは2020年8月24日に創刊された月額マガジンである。News U.S. の名にふさわしく米国の話題が中心となる。米国独立宣言の1776年をそのまま採用し月額1,776円としている。単独記事としての販売については3月から部数制限をやめることにした。価格は704円のままだ。これは独立記念日の7月4日に基づいている。これまで10年間米国で活動したりサイトを運営してきた中で、膨大な人達や情報に触れながら経験してきたすべてのことを少しずつ記していくための場所だ。黒井単独の企画となる。

補足情報:4月10日までに米国株が暴落する理由

今号の米欧編では2つの重要なメインテーマについて取り上げた。4月10日までに米国株が大暴落を引き起こしトランプが復活すると予言者クロセリーノは話したが、その背景について理解することができた。なぜ4月10日なのかという部分が明確になった。
またそれと関連する話として“JFK”の話が出てきた。JFK、つまりジョン・F・ケネディ元大統領のことである。陰謀論界隈では不遇の死を遂げた人物として有名だが、ある人物がJFKの蘇りではないかという結論に辿り着いた。調べればすぐに分かることだから、誰もが予想しているであろう人物だとここで述べておく。
ここではアジア編のアイキャッチ画像の説明も少ししておく。第二のミャンマーとなる恐れのある国が描かれている。東南アジアの紙幣に詳しければ分かるはずだ。
補足情報としてトランプ復活に言及している記事を読む。これとは別にトランプのウェブサイトが復活したことが分かった。そう、トランプは復活したのだ。

「下手をするとトランプ復活の可能性」バイデン大統領が絶対やってはいけないこと
4/1(木) 8:16配信 プレジデントオンライン

2020年のアメリカ大統領選挙の結果を受けて、アメリカの保守・リベラルの構造、トランプ大統領誕生の背景などを話してくれた代々木ゼミナールのカリスマ講師・蔭山克秀先生が、民主党のジョー・バイデン氏の大統領就任までの歩みとこれからの未来図について解説。「わずか4年の任期中に、すべてを解決しようと『トランプの逆張り』に熱中したり、党内融和のために一貫性のない政治をすると、問題がこじれて再び『トランプ待望論』が出てくる可能性もある」と警鐘を鳴らします――。

2020年のアメリカ大統領選挙は、完全にトランプ氏の“独り相撲”でした。「融和のバイデンか、分断のトランプか」よりも「トランプか、反トランプか」ばかりに注目が集まり、最終的にバイデン氏が勝利したのも、アメリカ国民が「バイデン氏を選んだから」というよりも「トランプ氏を選ばなかったから」という印象を強く受けました。

つまり多くのアメリカ人にとって、今回の選挙はトランプという「劇薬」を今後も使い続けるか否かを迫られる選挙であり、決してバイデン氏や民主党を積極的に肯定する選挙ではなかったということです。しかもバイデン氏は中道穏健派でインパクトに乏しく、同党のサンダース氏のように熱狂的なファンに支持されているわけでもありません(この人も大統領候補でしたが、急進左派で無党派層に受けが悪いため、民主党は「消去法」でバイデン支持に傾きました)。しかもバイデン氏、最終的にトランプ氏に勝ちはしたものの決して圧勝ではなく、票数はかなり拮抗(8000万票と7400万票)しました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/42c404d99fbc1979e46eac920f28b197756bd34a

トランプ氏、新サイト立ち上げネットに復帰
3/31(水) 10:57配信 CNN.co.jp

ニューヨーク(CNN) 米国のトランプ前大統領とメラニア夫人がウェブサイトを立ち上げ、自分たちのオフィスの運営に活用していることが31日までに分かった。トランプ氏は今年1月の連邦議会議事堂襲撃事件を受けて各種のソーシャルメディアから締め出されていたが、今回のサイト立ち上げを通じてネットの世界に舞い戻った形だ。

「45office.com」と題されたこのサイトにはトランプ氏の長い紹介文が掲載されている。冒頭には「ドナルド・J・トランプは歴史上最も驚くべき政治運動を立ち上げた。政治王朝をその地位から引きずり下ろし、ワシントンのエスタブリッシュメント(既得権益層)を打ち破り、史上初めて、真のアウトサイダーとして合衆国大統領に選出された」とある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6606ea1b6367980b9dc32dd696fd67278988bdd

果たして4月10日までの復活はあるのか、米国のダウとナスダックが大暴落を引き起こすのか…すべてはトランプに委ねられていると言えるだろう。最後にコロマガ海外支部第49号米欧編へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)