MENU
韓国ニュース

北朝鮮の東京五輪不参加で韓国政府がショックを受け意気消沈w

北朝鮮が東京五輪への不参加を表明したが、それにより韓国政府がショックを受けたそうだ。やはり文在寅としてはこの機会を南北対話の場にしたかったらしく、その構想が雲散霧消したことで意気消沈状態だという。

韓国政府「ショック」、北の東京五輪「不参加決定」…結局“南北対話”の機会が「霧散」に
4/6(火) 11:46配信 WoW!Korea

北朝鮮が今年7月開催予定の東京オリンピックに参加しないことを決定したことによって、南北対話再開のきっかけとしていた韓国政府の計画が 結局また「霧散」となった。

北朝鮮による今回の決定は、新型コロナウイルス感染症による世界的な安保危機状況から選手たちを保護するための措置だという説明である。

北朝鮮の体育省は今日(6日)、朝鮮体育ホームページで「先月25日、オリンピック委員会総会がピョンヤン(平壌)で行なわれた」として、総会で先のような事項が決定されたことを明らかにした。

総会は先月25日にTV会議の方式で開かれ、当時 北朝鮮は総会の開催を報道していたが、このような決定事項は この日に明らかにされた。

韓国政府はこれまで、東京オリンピックをきっかけに行き詰った南北関係だけでなく、米朝間における対話再開のチャンスとしていた。ムン・ジェイン(文在寅)大統領は3月1日「今年開かれる東京オリンピックは、日韓間・南北間・日朝間そして米朝間の対話の機会となり得る」とし「韓国は、東京オリンピックの成功的開催のために協力していく」と語っていた。

今回のことで、北朝鮮の東京オリンピック参加を起点とした南北・米朝対話のきっかけへの期待が「水の泡」となった。北朝鮮が敏感に対応している新型コロナ防疫が表面的な不参加の理由となっているが、対立状況が続いている日朝関係も影響を与えたのではないかという見方も出ている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67c0a19118633bd3e5210545f2e6ae3920e15fe7

文在寅のワンパターン外交に韓国マスコミも呆れたか

この報道が出た当初からネットユーザーの間では最もショックを受けるのは文在寅だろうと言われていたが、案の定韓国マスコミもそういう認識でいることが分かった。明日には文在寅の惨敗が確定するが、それを前にして韓国のマスコミもネタ扱いでこの話を眺めていたのかもしれない。人間誰しもワンパターンだと飽きられてしまうが、政治家としてワンパターンというのは致命的だと思う。
ネットユーザーの反応を見ても、1. なぜ開催国の同意を得ずに進めようとするのか 2. なぜ禁止事項となっている五輪の政治利用をしようとするのか 3. なぜ韓国は放射能五輪には不参加のはずなのに参加しようとするのか、と多くの疑問点が示されていた。ここまで無計画なのに4年間も大統領を続けてきたことが信じられない。あと1年間任期が残っていることがもっと信じられない。
先ほどコロマガ日本支部Vol. 83の補足記事でも触れたこの話だが、今後の北朝鮮の動きによっては新たな記事が必要になるかもしれない。4月には北朝鮮にとって”大事な日付”が存在する。その頃に動きが活発化するだろう。
アクセスランキング(週間)
最新記事
運営者情報
アンケート
関連記事