韓国ニュース

【速報】IMF「韓国、このままだと爆発する」

IMFが「韓国爆発」という言葉を使って韓国の負債増加に警告したことが分かった。高齢化による負債爆発が懸念されるということで、韓国政府が綿密に支出計画を立てるべきという主旨だ。大規模な財政出動をやめようとしない文在寅にとっては耳の痛い話だろう。

IMF「韓国爆発」という言葉まで使った…「高齢化負債」は危険水位
4/15(木) 8:08配信 中央日報日本語版

「韓国は高齢化による負債爆発(DebtExploding)に備えなければならない」。

13日にブルームバーグが報道した記事の見出しだ。国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局副局長兼韓国ミッション団長のアンドレアス・バウアー氏がブルームバーグとのインタビューでした警告だ。

バウアー団長は新型コロナウイルスにより大きく増えた負債は韓国政府が耐えられる水準だと評価した。もちろん現在に限ってだ。IMFは韓国で急速に進んでいる少子高齢化を未来の韓国を脅かす大きな問題だと指摘した。バウアー団長は急速な人口高齢化により負債負担が「爆発」しないよう韓国政府が綿密に支出計画を立てるべき時だと診断した。

IMFがこのほど発表した財政点検報告書によると、韓国の国内総生産(GDP)比の国の債務比率は一般政府負債基準で今年の53.2%から2026年には69.7%に上昇する。同じ期間にユーロ圏や日本などほとんどの先進国で債務比率が低くなるのとは対照的だ。

今年の韓国の負債比率は35の先進国平均122.5%と比較してまだ低い水準だ。油断できる状況ではない。バウアー団長は「堅固な製造業、良質の労働力など、しっかりとした経済基礎体力(ファンダメンタルズ)のおかげで韓国は当面の負債負担には耐えられるだろうが、今後高齢化関連の保健・福祉費用など負債問題に直面する恐れがある。人口高齢化による負債爆発を防ぐために長期財政管理計画を立てなければならない」と強調した。

韓国はすでに昨年を基点に死亡人口が出生人口より多い人口自然減少国に進入した。高齢人口が急速に増える状況で彼らを扶養する若年層の人口は急激に減っているのだ。バウアー団長が「爆発」という単語まで使って負債危機を警告した背景だ。

IMFは長期財政管理計画を立てるとともに、労働市場のセーフティネット、再訓練、柔軟性強化など構造改革が必要だと明らかにした。バウアー団長は「韓国の経済規制水準は高い」として規制緩和も注文した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/784cb350403a129747939d990914eddd2957c39d

来年の大統領選の辺りまでにおかしくなる

すごいタイトルですね・・・。韓国は、もうすぐ爆発してしまうんですね。
負債爆弾がな。高齢化社会が日本よりも速いスピードで訪れているが、それに伴い負債も雪だるま式に膨らんでいく。そしてある日はじける。
それが、いつになるのか分からないですけど、いつなんですか?
来年の大統領選の辺りまで韓国という国が存続してるなら、その頃までにおかしなことになるかもね。文在寅政権としても財政出動で支持者層を取り込みたいが、そうはさせまいと野党も攻撃するだろうから。
韓国は、コロナの感染も全然収束しないし、そろそろ危ないですよね・・・。日本よりも厳しい措置をしないと、終わらないです。
それもある。韓国はもはや社会的距離の確保第3段階を実施しないと収束が見込めない状況だが、そうすれば韓国経済は完膚なきまでに破壊される。そこもIMFの懸念材料と言えるだろう。

ミャンマーのATM大行列は韓国の未来

ネットユーザーの反応です!

爆発は韓国のお家芸なので、別にいいと思います
・豊かな国民生活を借金で維持しようとするのは、南米の社会主義政権によくあります。デフォルトがよく起こってます
・韓国は基礎体力がないから、周りが支えてあげています
・政策の失敗を、愛国ナショナリズムで何とかしないで下さい
IMFは、韓国を経済破綻する国だと見ています

IMFがここ最近韓国に厳しいよな。明らかに日米の意向が反映されていると思う。一向に日本とも関係改善しないし中国から離れようともしない韓国に呆れたというか。
ホントに、そんな感じだと思います。韓国は、南米とほぼ同じですよね・・・。
コロンビアやアルゼンチンと似た部分はあるかもね。負債爆弾が爆発したとしても誰も助けてくれないし、今度こそモノホンの経済破綻を体験することになるだろうね。ミャンマーのATMで大行列ができてたが、あれは韓国の未来だから。
ボクも、そうなると思ってます。ミャンマーは、少し先の韓国だと思います!
韓国の皆さん、経済がダメになってもいいんです。キム委員長が養ってくれるからです!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)
関連記事