東南アジアニュース

【速報】韓国ポスコ、ミャンマー軍に揚陸艦を輸出 ⇒ 軍艦でないかのように書類を偽造  最低だな…

韓国ポスコが過去数度に渡りミャンマーに揚陸艦などの軍艦を輸出していたことが分かった。表向きは多目的支援船であり民間船かのように装って輸出許可を申請したという。ミャンマー軍部との癒着が疑われるポスコだが、今回のことではっきりと人権侵害に加担していることが確定した。最悪の企業と言える。

ポスコとミャンマー軍部の粘着性がある関係… 企業の責任はどこまで?
2021.04.16 午前9:42

ポスコインターナショナルが、ミャンマー軍部に軍艦を輸出して軍艦ではなく、のように書類を飾って、防衛事業庁の許可を受けたMBCの報道について、防衛事業庁の立場を出した。

防衛事業庁は「ミャンマー海軍が武器を搭載せずに対民間支援用に輸出した船を輸出許可の目的外使用したことに対して強い遺憾を表する」と明らかにした。

また、「今後の輸出審査をさらに強化し、輸出後も許可の目的とは異なる目的で使用することを継続的に監視する」と明らかにした。

防衛事業庁は「許可目的外向けが確認されれば、軍用物資の輸出制限国に指定する案も検討する」と付け加えました。

ポスコインターナショナルは、過去2019年、ミャンマー海軍軍艦を輸出しました。

名前は「集めたま」号。集めたま号は、ミャンマー海軍で最大の旗艦(flagship)です。

ヘリコプター2台、装甲車15台、海軍250人を輸送することができる揚陸艦です。

ポスコインターナショナルは、当時、ミャンマー海軍指揮官を韓国に招待までしました。

当時、ミャンマー軍部は少数民族であるロヒンギャ虐殺で、国際社会の非難と制裁を受けていました。

最初に軍艦輸出許可を防衛事業庁に申請したのは、船を作った大統領選挙朝鮮でした。

大統領選挙朝鮮は2017年2月、ミャンマー海軍が使う「着陸支援」を売ると申請しました。

防衛事業庁は輸出を保留しました。

「米国と欧州連合が、ミャンマー軍部に対する制裁を続けており、ミャンマー軍部が北朝鮮との軍事協力疑惑がある」という理由でした。

ところが、5カ月後の2017年7月には、今回は、ポスコが再び輸出許可を申請しました。

今回は揚陸艦ではなく、「多目的支援船」であり、「民需仕様」であり、「自然災害に備えた対民間支援を目的」と書類を提出しました。

防衛事業庁はこれを根拠に輸出許可をネジュォトスプニダ。

しかし、ポスコインターナショナルは、同じ機種の倍を、インドネシア海軍にも「上陸支援」に輸出したことがあります。

軍艦ということを知っていながらも、まるで軍艦ではなく、のように書類を整えという指摘が出てくる理由です。

良い 4
温かいよ 0
悲しい 1
化か 75
後続の記事たい 3

https://tmcb26lkkh5lo3bkutaj3yfvxu–news-naver-com.translate.goog/main/ranking/read.nhn?oid=214&aid=0001112788

韓国も戦争屋で軍産複合体 ← 誰も指摘しない

やっぱり!ミャンマー軍のバックには、意地悪クラブがいたんですね・・・。ポスコを倒産させないと、止まりません!
この報道は非常に考えさせられるね。あの残虐非道な市民への暴力の背後に韓国企業がいて、さらに軍艦まで提供していたとなれば大問題だ。韓国が軍産複合体の一角のようじゃないか。
ホントですね・・・。陰謀論アカウントの人も、ほとんど韓国の事は批判しないです。闇が深過ぎます!
こうした問題が徐々に出てくれば、韓国への制裁も検討せざるを得なくなるだろう。もしくはミャンマー問題に蓋をして放置するか。現段階では後者の可能性も高まっているのが懸念点だ。
そう言えば、ミャンマーの報道が最近減ってますよね?やっぱり、都合悪くなると報道が減るんですね・・・。
台湾の脱線事故もだよ。犠牲者数を50人から49人に下方修正した以外は特に目立つものはなかった。代わりに福島原発の処理水の報道で埋まった。あまりにも分かりやすいよな。

ミャンマー軍は韓国軍の手口を見習うか?

記事の続きだが、ポスコのミャンマー軍部との癒着ぶりがこれでもかと露わになっている。下手したら韓国軍の手口を見習ってるかもね。

<ポスコはなぜ、ミャンマー軍部を助け与えようか?>

ポスコインターナショナルはなぜそう軍艦輸出に積極的だったのか?ミャンマー市民社会は、ポスコが、ミャンマー軍部と関連があるか関連があると思われる様々な事業を合弁していると言います。

最も規模が大きいのはガス田事業です。

ポスコインターナショナルはガス田事業をしながら、ミャンマー国営石油企業MOGEに2018年だけで2000億ウォン以上配当しました。

ポスコはMOGEは軍部と関連がなく、配当も国策銀行口座に入る説明します。

しかし、ミャンマー市民は、このお金が軍部の資金源だと主張しています。

実際に国営石油会社は1962年にクーデターを起こした、ミャンマー軍部が国営化しました。

ポスコが初めてガス田事業に飛び込んだのも軍事独裁政権時代の2000年代初めでした。

最初から軍部と協力しなければ不可能であった事業です。

ポスコインターナショナルが、ミャンマー海軍のために軍艦輸出を積極的に出て助けてくれたのは、このような粘着性がある協力関係から推定されます。

韓国軍を見習うと、何が起こるんですか?
そりゃあ、少数民族への…ソンミ村事件とか、あとは少数民族版のライダイハンとか。何しろ少数民族は自国民だとは思ってないらしいからな。対抗勢力が存在しないから一方的になってるだけで、もし軍事力が他にもあるならば内戦は免れない。
どっちも、悲惨じゃないですか!ベトナム戦争よりも、悲惨になりますね・・・。
自国民への空爆を実施するのは中東の一部だけだと思っていたが、アジアでもそういう国があるとはね。紛れもない危険な紛争地域となってしまた。ミャンマーの事例はこれからの世界の行く末を暗示していると言えるだけに軽視するべきではない。韓国を制裁しなければ世界に未来がないかもしれない。
世界が何もできないのが、悔しいです。韓国の意地悪クラブが、許せないです!
韓国の皆さん、このままだと韓国も人権侵害国になります!いい加減にして下さい!日本は何も関係ないので、さようなら!
関係なくもないが…まあ韓国ほど露骨にやってる国はないわな。そして日本国内のマスコミが日本だけをあげつらい韓国を無視しているのが一層深刻だ。よってこの問題は長い間続き解決することもないだろう。悲しいことだ。
アクセスランキング(週間)