コロマガ

【拡散】バイデンの長男が急逝した本当の理由

この記事は先ほど発行されたコロマガ海外支部第51号米欧編の最新記事「トモダチ」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

コロマガ海外支部第51号米欧編の無料部分

コロマガ海外支部第51号米欧編を始める。今号では4月16日に開催された日米首脳会談がメイントピックスとなったが、それを契機に過去を振り返った結果興味深い事実が明らかになった。
絶対、そうだと思ってます!僅差で勝ったのは、怪しいですよね・・・。
つい最近戦い始めたように思えたけど、実は10年以上も因縁が続いていたというのも新発見だよな。意外とこういう長期的な視点で国際政治を分析している人がいないから、この結論は非常に新鮮だった。

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。記事を読みたい場合にはNews U.S. レポートの購読を始める必要がある。

補足情報:この10年の米国政治は仕組まれていた

今号の記事では日米首脳会談にまつわる“10年前の偶然”について取り上げた。この10年間で米国政治に一体何があったのかについても書き、さらにはそれが意図的に仕組まれたんじゃないか…という部分にまで考察を加えた。国際情勢を長期的な視点で見てる人があまり多くないだけに、なかなかいい結論になったんじゃないかと思っている。
コロナ感染状況は相変わらずフランスが悪いものの、徐々に感染源が欧州からワクチン接種の遅れた地域へと移り始めたことが分かる。統計データを見るとそれが一目瞭然で、ワクチンの量と種類の確保の重要さを改めて思い知らされた。ファイザーCEOの発言が特に重要だった。
補足情報としてこの記事を読もう。バイデンが就任後初めてゴルフをやったそうだ。ハンバーガーと同じく何かの政治メッセージじゃないかと思えてくる。

バイデン氏、就任後初のゴルフ 前日には松山選手たたえる
4/18(日) 9:26配信 共同通信

【ワシントン共同】バイデン米大統領(78)は17日、週末を過ごした東部デラウェア州ウィルミントンの自宅の近くで就任後初のゴルフを楽しんだ。16日の日米首脳会談後の共同記者会見では、男子ゴルフ、マスターズ・トーナメントでの松山英樹選手による日本勢初のメジャー大会制覇をたたえていた。

ホワイトハウスによると、長男の故ボー氏の義父とリケッティ大統領顧問が一緒にプレーした。バイデン氏は終了後、同行記者団に近づき「コースレコードは破られなかった」と話し、笑顔を見せた。

菅義偉首相の訪米同行筋によると、バイデン氏と菅氏は首脳会談でも、松山選手の話題で盛り上がった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c65c1b3a8dcc674153be8218714f57cbe7915277

最後にコロマガ海外支部第51号米欧編アジア編へのリンクをそれぞれ示す。
アクセスランキング(週間)