News U.S. レポート

【拡散】英語コンプレックスから卒業するための方法

この記事は先ほど発行されたNews U.S. レポートの最新記事「日本人が英語下手を卒業するための方法 」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポート April 30の無料部分

ごきげんよう。ハンター黒井だ。4月も終わりということで、今月は英語についての話がまだだったからこの機会に話しておこうと思う。読者諸君は自分は英語が下手くそだという自覚があるだろうか?またそのことについてコンプレックスを持ったりしているだろうか?もし該当するなら、今日の記事を読んで考えを改め英語下手を卒業してほしいと思う。

News U.S. レポートは2020年8月24日に創刊された月額マガジンである。News U.S. の名にふさわしく米国の話題が中心となる。米国独立宣言の1776年をそのまま採用し月額1,776円としている。単独記事としての販売については3月から部数制限をやめることにした。価格は704円のままだ。これは独立記念日の7月4日に基づいている。これまで10年間米国で活動したりサイトを運営してきた中で、膨大な人達や情報に触れながら経験してきたすべてのことを少しずつ記していくための場所だ。黒井単独の企画となる。

今回の記事にはシンガポールが出てくる

気付けばもう4月も終わりだ。今月最後のNews U.S. レポート記事を書いたよ。英語ネタだ。
黒井さん、今日の記事はボクには難しかったです・・・。セスークって何ですか?
こらww まあ別にいいか。ワトソン君にはまだ早いものだ。まあアイキャッチ画像とか”卒業”とか色んな部分から察してほしいとは思っている。
でも、あの人が出てきたのは予想してました!黒井さんは、絶対何か言うと思ってました。
まあな。今回はハッシュタグにも入れているようにシンガポールの話が出てくる。シンガポールでは英語が公用語となっているが、要するに…まあ今回の話はアジアがメインだったかな。厳密に言えば英語はすべての国でちょっとずつ異なっている。
やっぱり、ヘタな時は落ち込むけど、上手になるとあまり意識しないのと同じでは?ボクも、最近は少し株式投資が上手になった気がします。
ワトソン君は完全に間違った知識を押し付けられた被害者だったからな。今回の話にまつわるジッチャマンの恥辱エピソードもこの前拾ったから、どこかで取り上げたいと思っている。

補足情報:台湾が軍事演習で初めて英語を使用か

補足になるか分からないが、さっきこういう報道を見つけた。

米軍との連合作戦に備え? 台湾が軍事演習で英語を使用
4/30(金) 8:21配信 朝鮮日報日本語版

台湾が毎年実姉している軍事演習で、中国語だけでなく英語を使用したという。台湾の「自由時報」が29日に報じた。米軍の参観団はいなかったにもかかわらず英語を使用したのだ。有事の際に米軍と連合作戦を展開しなければならない台湾軍が、平素の訓練時から英語の使用に慣れるための措置だと解釈されている。

台湾は23日から30日まで七日間にわたり「漢光演習」を進めている。1984年に始まった漢光演習は、中国が台湾に侵攻した状況を想定して防衛態勢を点検する大規模演習だ。今年は実兵力を動員せず、コンピューターシミュレーションを利用した仮想訓練方式で行われた。

米国はこれまで参観団を派遣していたが、昨年と今年はコロナのせいで参観団を派遣しなかった、と自由時報は伝えた。米軍参観団はいなかったが、台湾軍は今年、一部の訓練を中国語と英語の2カ国語を用いて進めた。自由時報は「演習の過程で将校らの英語能力を培い、(米国との)同盟作戦を経験してみるため」と分析した。

このところ台湾近辺の海域では米軍と中国軍の艦艇が緊張感を演出している。中国は今月初めから空母「遼寧」機動部隊を動員し、台湾周辺と南シナ海で訓練を行った。すると米海軍は駆逐艦「マスティン」(DDG89)を派遣して近距離から追跡・偵察した。26日にはソーシャルメディア上で、「マスティン」と思われる米艦が中国の「遼寧」機動部隊の真っただ中に入り込んでいる衛星写真も公開された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b27ad24d170186abcc2e2f31ca9463c9c693577

台湾って、英語力はどうなんですか?
今回から使い始めたという時点で…まあ分かるよな。だがそこにコンプレックスとか引け目、自虐的なニュアンスはない。米軍との連携を深めたいという思いから自然と取り入れることにしたんだろう。
ボクは、すごくいい考え方だと思いました!やっぱり、英語は絶対に必要になると思います。
いやまあ、英語なくても生きていけるけどね。ただし…分かるよな。人間として一皮も二皮も剥けるには英語力は身に付けておくべきだ。すべての日本人が英語下手から”卒業”できることを願っている。記事へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)