バイデン政権

【速報】中国大使館、米国揶揄のツイートを削除して逃走w

例の死神模倣画像をアップした中国大使館だが、想像以上に反応が思わしくなかったせいかツイートを削除して逃走してしまった。削除するようなものを最初からアップするなという話だ。「削除すると増える」の法則も知らないらしい。中国人はもっと賢いのかと思っていたが、見当違いだったようだ。

米国を「死に神」になぞらえ揶揄 在日中国大使館がツイート
4/30(金) 20:31配信 産経新聞

在日中国大使館が29日夜、短文投稿サイト「ツイッター」の公式アカウントに、米国を死に神になぞらえて揶揄(やゆ)するような画像を投稿していたことが30日、分かった。

「米国が『民主』を持って来たら、こうなります」と書かれ、28日のバイデン米大統領の施政方針演説への反応とみられる。

画像では、米国旗を模した服を着た死に神が鎌を持ち、イラクやリビア、シリアなどと書かれた扉を開ける様子が描かれ、扉の奥から流れ出している。

これには「大使館がやることか」「下品だ」と批判が相次ぎ、中国国旗を模した死に神が新疆(しんきょう)や香港の扉を開けるという過去の類似投稿を引き合いに、「パクリだ」との指摘もあった。

投稿は30日午後に削除された。産経新聞は取材を申し込んだが、同日夜までに回答がなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/18809a879ea4bb04b5831054a56f4a59825ccc0c

浮世絵で調子に乗った中国が自滅

あれ?削除してしまったんですか?意外と弱気ですね!
まったくだな。削除するなら最初からツイートするなという話。もっといい反応が得られると思ったのか知らないが、猛批判どころか模倣までバレてしまう始末だからな。
この絵は、有名だったので、気付かない人は少ないと思います・・・。何がしたかったんですか?
例の浮世絵の件で手ごたえありと見て米国にもやったんだろう。ところがこの絵は北斎と違って元ネタがそもそも中国揶揄の画像だ。それを同一視して安易に加工したのは中国の失策と言える。
アメリカにも、何かやり返したかったんですね・・・。でも、アメリカは特に何もそういう話題がないです。
日本だけ相手してりゃよかったのにな。やはり中国は日本を撃破するには米国も倒さないといけないと考えている。つまり日米の結束が盤石ならば中国は手出しができないってこと。尖閣も、台湾もな。

見た目は大国、名前は中国、中身は小国

ネットユーザーの反応です!

・世界各地で反米を煽る、というミッションですか?
中国政府が、お抱えのイラストレーターを育成してますか?
・今の世界秩序ができる前だったら、アメリカは中国に宣戦布告してると思います
中国は、行動の基準が途上国レベルだと思います
・わざわざ在日大使館を使うのは、どうなんですか?

画像加工のプロパガンダに走り始めた感はあるね。黄色い熊さんの画像とかテドロス委員長の画像で散々やられて悔しかったんだろう。まあ日本相手だけにしておいた方がいいよ。返り討ちに遭うだけだから。
日本は、何かやり返した方がいいですか?
だから黄色い熊さんの画像は日本人が作成してるっての。日本人は優しいからそれ以上は手控えてるけどな。まあ中国は小物だね。「見た目は大国、名前は中国、中身は小国」というフレーズを本気で広めようかと思ったほどだ。
そのフレーズは、面白いです(笑) 中国の皆さん、大国なのか小国なのかハッキリして下さい!さようなら!
「見た目は大人、頭脳は子供」でもいいけどなwww 中国よ、これ以上は藪蛇だからやめておけ。痛い目に遭う前に頭を下げなさい。
アクセスランキング(週間)