コロマガ

【拡散】インド型変異種拡大の真相がやばすぎた

この記事は昨日発行されたコロマガ海外支部第53号米欧編「世界がひっくり返る」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

コロマガ海外支部第53号米欧編の無料部分

コロマガ海外支部第53号米欧編を始める。今号では世界がひっくり返りかねない驚愕の新事実について取り上げた。以前コロマガ日本支部でも似たような話をしたが、今号の情報はそれを凌駕する衝撃度だ。
ショックが大き過ぎて、何と言っていいのか分からなかったです・・・。
具体的に何の話かは無料部分では述べることができない。この話は今後も尾を引くものと思われるから、継続的に検証をしなくてはいけないと思う。

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。記事を読みたい場合にはNews U.S. レポートの購読を始める必要がある。

補足情報:本当にショッキングな話だった

今号の話は本当に、本当に今まで積み上げてきた価値観がすべて崩れ去るように思えるショッキングなものだった。まだ現実の話として受け入れられてはいないが、もし事実ならば本気で世界がひっくり返る。そして陰謀論でしか出てこなかったような悪夢のシナリオが正しいんじゃないかと思えてきてしまう。それが分かっていながら何も手を打てなかったことにも気付かされる。
具体的に何がどうなったかについてはここでは明かせない。非常にデリケートな話題なこともあるし、事実を事実と検証できるだけの材料や知識が揃っていないからだ。そういうのを許さない風潮もあるし、何より今は重要な時期だ。“後は野となれ山となれ”という気持ちにもなる。この話は今号だけで終わらせず、時間をかけてじっくり取り組みたい。
補足情報としてこの記事を読む。イスラエルの現状だ。

屋外でマスク不要のイスラエル 市民に笑顔…一方、政府は警戒感
5/2(日) 7:30配信 毎日新聞

世界で最もワクチン接種が進むイスラエルで、屋外マスクの着用が不要となってから2日で2週間。多くの市民が街歩きを楽しむ一方、マスク着用が必要な屋内でもマスクをしないなど、気の緩みも目立つ。インドで広がる感染力の強い「二重変異株」も確認されており、政府は警戒を呼び掛けている。

「外でマスクをせず、友達と話すのが楽しい。やっと解放された感じ」。エルサレムの目抜き通りにあるカフェで4月28日、ハギト・へリンジャーさん(19)は笑顔で話した。通りはショッピングや犬の散歩をする人などでにぎわい、人出はコロナ前に「ほぼ戻った」(地元記者)という。

イスラエルでは国民の医療データ提供と引き換えに、米製薬大手ファイザー社からワクチンをいち早く入手し、昨年12月に接種を開始。2回ワクチンを接種した市民は4月28日現在で508万人を超え、人口(約930万人)の半数以上となった。同日の新規感染者数はわずか100人。屋外でのマスク着用は18日から不要となり、市民からは「コロナ危機は終わった」との声が聞こえる。

だが、別のカフェで友人と話していたジェイコブ・スタインさん(72)は、コロナ対策の現状に顔をしかめる。「人々は気が緩んでいて、いつ感染が拡大するか分からない」。現在、屋内ではマスクの着用が必要だが、バスや電車の中でもマスクをしない人が目立つ。レストランは屋内に客を入れる際、ワクチン接種を証明する「グリーンパスポート」を確認する必要があるが、提示を求めない店も多い。エルサレムのカフェチェーンの店員は「感染は収まっているし、パスポートは必要ないよ」と客に平然と答えていた。

政府のコロナ対策も一貫していない。ファルカシュハコーヘン観光相は4月27日、ワクチン接種者の観光客グループに対し、5月23日から入国を認める方針を発表。だが、保健省は同じ日に「6月下旬まで入国時期を遅らせることをすすめる」と反対する声明を発表した。一つのウイルス内で二つの変異が起こる「二重変異株」の患者が数十人確認されたためだ。ネタニヤフ首相も4月27日、「変異株は迫り来る脅威だ」と懸念を表明した。

また、屋外での宗教行事は1万人以下に限定されているが、政府は超正統派ユダヤ教徒に配慮し、ユダヤ教の祝祭などについては制限を解除。だが、4月29~30日に開かれた祝祭「ラグ・バオメル」には会場に数万人が殺到し、会場規制の不備もあって45人が死亡する事故につながった。当日の新型コロナの感染拡大についても懸念されている。【エルサレム】

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc0ce1c0048681e4692264a6c626f0c96169d5d4

最後にコロマガ海外支部第53号米欧編へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)