韓国ニュース

【寄稿】なぜ韓国は日本より貧しくなったのか

立命館大学の韓国人教授が日本と韓国の比較をしながらあれこれ書いてるが、それこそが韓国の貧しさの象徴に思えてならない。韓国はかつて日本の一部だった。よって日本と韓国を比較するというのは、言ってみれば東京と福岡を比較するのと大差ないわけだ。ところが残念ながら日本人は東京は貧しくなった!福岡は豊かになった!という話ではあまり盛り上がらない。それができてしまう韓国人教授の発想の貧しさを見せつけられたような感じだ。

[寄稿]日本は韓国より貧しくなったのか
5/4(火) 6:49配信 ハンギョレ新聞

立命館大経済学部教授

「なぜ日本は韓国より貧しくなったのか」。先日日本のメディアに掲載されたある記事のタイトルだ。近くて遠い国である日本は、韓国にとって常に追いつきたい対象であり、日本にとって韓国は一段格下の相手だっただろう。もはやそうではない。

国際通貨基金によれば、市場為替レートに基づく1人当り名目国民所得は2020年に日本が4万146ドル、韓国は3万1497ドルで日本の方が高い。日本の物価上昇率が低いため、実質国民所得の差はさらに大きい。それでも1990年には日本の国民所得が韓国の約3.9倍であったから、日本が長期不況を経る間に韓国がとてつもなく急速に追撃してきたわけだ。

だが、この数値は為替レートの変化に敏感で、開発途上国ではサービス価格が低いため、国際比較では通貨の実質購買力を示す購買力平価為替レートをよく使う。完ぺきな指標ではないが、これで比較すると韓国は日本よりもすでに国民所得が高くなっている。

購買力平価為替レートで計算した1人当り実質国民所得は、2018年に韓国が4万1409ドル、日本が4万1001ドルであり、韓国と日本は逆転した。1990年にはこの基準での日本の国民所得が韓国の約2.6倍だったがすでに逆転し、2026年には差がさらに広がって韓国が約4万9千ドル、日本が4万4千ドルになる展望だ。現実でも韓国の物価や賃金、そして生活水準は日本より低くないと感じられる。

最近、日本でもこうしたテーマの報道をたまに目にする。先日は購買力平価為替レート基準での日本の平均賃金が韓国より低く、将来は就職のために他のアジア諸国に出ていく人々が増えるという記事が大きな反響を呼んだ。こうした変化は、長期不況だけでなく2000年代以後の生産性上昇に比べ賃金上昇が遅れたという現実を反映している。

もちろん国民所得の数字が示し得ない種々の差も存在する。高齢者の貧困と青年失業問題は韓国の方がより深刻だが、高齢化と財政問題では日本の方が深刻だ。暮らしの不安定さは韓国の方が大きいかも知れないが、社会の活力は韓国の方が高く見える。何よりも両国はお互いの社会を見て教訓を得られる隣国であることを忘れてはならない。例えば韓国は、日本から低成長と人口変化の準備だけでなく、大企業と中小企業の格差の小ささや、最近の労働市場改革に関して学ぶ点が多い。日本は情報通信など新産業の躍動性や労働者の賃金を上げるための努力に関して韓国から学ぶべきだろう。

所得以上にさらに大事なことは、暮らしの質と幸福だろう。経済協力開発機構(OECD)の「より良い暮らし指標」は、住宅、仕事、共同体、健康、環境を含む11の指標を提示する。韓国は助けが必要な時に頼れる誰かがいるという共同体指標が先進国の中で最も低く、環境も同じだった。一方、日本は市民として政治に参加する程度が非常に低かったが、韓国は非常に高かった。暮らしに対する満足と仕事と暮らしの調和は、両国共に他の国よりもずっと低かった。

一方、2017~2020世界価値観調査によれば、韓国と日本の暮らしの満足度の平均値は同じくらいだが、暮らしに十分満足している人々の割合は日本の方が高かった。また、2021世界幸福報告書は、2018~2020年の幸福順位が日本は56位、韓国は62位で、両国共に所得水準に比べて低いと報告している。両国双方に必要なことは、単に所得を比較することを越えて、成長の果実がすべての人の元に返ってきて、人々がどれくらい幸せに生きていけるかどうかに神経を傾けることだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a96e20c13680989852eb1597e7bcbe4633c0f5f

韓国は昔は日本の地方都市…豊かなのは日本人のおかげ

この話は、どういう風に反応すればいいですか?
ワトソン君、韓国はかつて日本の一部だったね。日本人が世界最貧国だった朝鮮半島に施しを与えて、ビルや道路を建設して日本語教育も実施した。日本と同じ最高水準の生活を約束したわけだ。
じゃあ、韓国は日本より豊かになったんですか?
言ってみれば韓国は昔日本の地方都市だったわけよ。今で例えるなら福岡が最も近い。東京と福岡を比較して、東京は貧しいだの福岡は豊かになっただの言って盛り上がる日本人がいると思うか?
若い人では、福岡移住は結構よく聞きます!東京に比べて物価が安くて、暮らしやすいって言われてます。
それは国内移住だね。つまり国際比較の視点じゃない。ところがこの韓国人教授は平気でそれをやる。日本の地方都市だった韓国の方が、今は日本よりも豊かだ!という大して意味のない比較をやって一人で盛り上がっている。
確かに、ソウルと釜山を比較して釜山の方が豊かだって言われても、盛り上がらないと思います・・・。ヘンな記事ですね。

韓国に行きもせずに韓国の活力がなぜ分かる?

そもそもソウルも釜山も東京や福岡レベルになるためにものすごい努力をしたわけ。日本統治時代に日本人が。現地ローカルも多少は努力したが、大半は本土からやってきた日本人の尽力によるものだ。それをこの教授は分かってない。
ネットユーザーの反応を見たんですけど、話を腰折ると思ったのでやめておきます。
「話の腰を折る」だな。「へし折る」と混ざってないか?
すみません(笑) この人は、日本に住んでるのに韓国社会の活力をどうやって調べたんですか?
それそれ。完全に印象論だよな。よく新興国の上澄みと日本の平均層を比べて、日本は貧しくなった!って言ってる頭の悪い論評を見かけるんだが、まさにこの記事がそういう感じ。現地に行ってから判断しろという話。
「暮らしの満足度」は、両方とも低いですよね・・・。関係を維持してるから、低いんだと思います。
そういうことだな。韓国は訳の分からない与太話で暇を潰すなら農作業でもやって北朝鮮の貧困解消に協力してやれ。日本にとってはどうでもいい。
韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)