米国ニュース

【速報】ラムザイヤー教授、韓国にやり返す

ラムザイヤー教授が韓国系教授に対して名誉棄損をやめるべきというEメールを送ったことが分かった。今まで一方的にやられっぱなしだったラムザイヤー教授だが、ここでやり返すことになった。今回のメールは警告であり、これでもやめないならば次に何らかの行動を取るそうだ。

「野蛮な名誉毀損」…慰安婦歪曲ラムザイヤー教授が韓国系教授を脅迫
5/6(木) 8:21配信 中央日報日本語版

「あなたは私の経歴に被害を及ぼすことができるところなら、どこでも乱暴な攻撃をして私の論文をつぶそうとした。また、その事実を大げさに自慢していることを日本メディアの報道で知っている」

「日本軍慰安婦は契約」という歴史歪曲論文で波紋を起こしたマーク・ラムザイヤー米ハーバード大ロースクール教授が、今度は自身の歴史歪曲論文を追跡した韓国系教授にこうした脅迫性のメールを発送した事実が5日(現地時間)、明らかになった。

米イースタンイリノイ州立大(EIU)史学科のイ・ジンヒ教授は最近、ラムザイヤー教授から「野蛮な名誉毀損攻撃をやめるべき」という内容のメールを受けたと、韓国の聯合ニュースが報じた。ハーバード大日本学研究センター研究員でもあるイ教授は年初にラムザイヤー教授の慰安婦歪曲論文が物議をかもした後、彼の別の論文についても確認作業をしてきた。

イ教授はこの過程で、ラムザイヤー教授が「慰安婦」問題だけでなく、関東大震災当時を正当化する数件の論文を書いたという事実を確認した。イ教授は世界の学者らと共に問題の論文を掲載した学術誌に出版研究倫理上の問題点を提示し、論文の再審査に基づく訂正と撤回を要求してきた。

英ケンブリッジ大出版部はラムザイヤー教授に歪曲論文のうち問題の部分をすべて修正させ、ドイツの出版社は論文に対する調査に着手した。

ラムザイヤー教授は特にイ教授が学術誌側に問題を提起して論文の出版を遅延させたとして怒りを表した。続いて「私が今まで話したり書いたりしたものを追跡すること以外にやるべきことが数多くあるのでは」とし、自身に対する深刻な名誉毀損に対して取る次の措置を考慮中であり、今回のメールは一種の「警告」を送るものだとも伝えた。

ラムザイヤー教授がイ教授に脅迫性のメールを送ったのは、研究の真実性に関する問題点が確認され、日本右翼との「蜜月関係」が明らかになり、批判が続くことに対して不満を表出するためと考えられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d9b744c6f4b43eaa22e3a7c66c9cc8ee6baafac5

韓国の非道なやり方に立ち向かったラムザイヤー教授

ラムザイヤー教授も、言う時は言うんですね!ずっと黙ってるのかと思ってました。
そりゃここまで色々と報道されて論文も妨害されればな。歴史的に正しいことが書かれているのに、欧州の複数の出版社に無理やり修正させられもした。韓国マスコミがしつこく顔写真を添えて報道してるのも把握してるだろう。
ボクは、ここまで言われても韓国が諦めないのは、やっぱり都合が悪いんだなって思いました。ラムザイヤー教授を、応援したいです!
最初にこの論文が出た時から愛国日報が感情的になってたよな。今までのように容易に取り下げさせて勝てると踏んだんだろう。ところがラムザイヤー教授は倒れなかった。韓国の非道なやり方にも立ち向かったのだ。
日本だって、やり返す時はやり返します!韓国は、油断したんだと思います。
特に愛国日報がしつこく報道してた印象があるね。頭を下げたシーンを偶然撮影した写真を使って、あたかも謝罪してるかのように装ったりな。悪質極まりないと言える。

これ以上名誉棄損が続くなら米国で裁判に

ネットユーザーの反応です!

メールをどう読んだら、脅迫になるんですか?普通に意見をしてるだけだと思います
・日本のマスメディアは、なぜかこの件を取り上げません
・学問の自由と独立性を侵害して、自分達の一方的な歴史観に基づいて攻撃してます
自分に対する不当な攻撃への、正当な抗議です
・韓国がラムザイヤー教授にしてきた蛮行は、その比ではありません

脅迫というか警告だよな。これ以上名誉棄損を続けるとなれば、裁判所にでも打って出るつもりかもしれない。相手は米国の韓国系教授だから舞台は米国になる。
それって、もし実現したら結構すごい事なのでは?だって、慰安婦問題がアメリカで裁判になるんですよね?
そういうことになるね。韓国のお手盛り判決が効くような場所ではない。ラムザイヤー教授の正当性を検証する格好の機会になるだろう。韓国系教授は今手を引いた方が祖国のためになると思うがな。
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)