安倍政権・菅政権

日本政府「韓国の外相と立ち話しただけ。会談じゃないから国旗なし」

先日ロンドンで実施された韓国外相との会談は、正式な会談ではなくプルアサイド方式の略式会談だったそうだ。要するに立ち話だ。それで国旗も用意せず味気ない会場を背景に写真撮影をすることになった。カナダも同様の方式を採用したという。

日韓外相会談に「国旗」がなかった理由=韓国報道
5/6(木) 19:24配信 WoW!Korea

日韓外相会談が実際の会談開始が迫って決定されたことが確認された。慰安婦、強制動員、福島原発の処理水など各種懸案を置いて最後まで激しいやり取りが行われたことを推測させる。

韓国外交部(日本の外務省に相当)当局者は6日、記者らに対して「(随行団が)出国するまでいつ、どこで会談が開かれるか流動的な状況だった」とこのように伝えた。

この当局者は「ロンドンで主要7か国(G7)外相会談にチョン・ウィヨン(鄭義溶)長官も茂木敏充外相も出席するので、これを契機に自然に会おうという雰囲気があった」とし「各自G7会議も出席して複数の国と2か国会談の予定もあり、スケジュールを合わせることは容易ではなかった」と述べた。

両国外相は5日(現地時間)、英国ロンドンのシティホテルで日米韓3か国会談の直後に席を移し、20分間にわたり会談を行った。会談に先立ち、撮影した記念写真には通常であれば見える両国の国旗が見えない。なぜ国旗が見えないのかという質問に、この当局者は「別のテーブルを準備しなかった」と答えた。それくらい急に準備された会談であったという話だ。

また、この会談がメディアに公開されたのは、実際の会談が行われた後だった。その理由については、日本側の強い要請があったと外交部は説明した。

このため、会談の格についても、公式的な会談ではなく略式的な会談(pull aside)または会合ではないかというように様々な見解が行き交った。外交部当局者は「今回の会談は(非公式の接触ではなく)正式会談だった」と述べた。なお、同日に行われた韓国・カナダ外相会談は「略式会談」と別途定義された。

外交部当局者は「日韓は価値を共有し、世界平和のために協力しなければならないだけに、両国間の困難な問題を一緒に解決しなければならないという認識で一致した」と明らかにした。実際に茂木敏充外相も同日、日本の記者らを対象に行ったビデオ形式での記者会見で「日韓関係をこのまま放置してはいけないという認識を共有できた」と明らかにした。

しかし、慰安婦・徴用判決をはじめ、福島原発処理水の海洋放出などの問題について、両国の立場に変わりはなく、依然として平行線をたどる結果となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d44be875657f96f7803853be70d4f44037d5862d

韓国とはプールサイド会談で十分

やっぱり、国旗がなかったのを気にしてるんですね。これって、略式会談だったんですか?
何年か前にトランプが文在寅とプールサイドで会談みたいな冗談を飛ばしてたよな。あの状態が再現されたと言える。
思い出しました(笑) ロンドンのホテルにも、プールサイドはあるんですか?
そりゃホテルだからな。立ち話形式だったから国旗も立てず簡素な会場を背景に写真を撮った。明らかに日本の世論を意識した写真撮影と言えるね。
会談の中身もなかったし、無意味で良かったと思います!茂木外相、さすがです!
韓国は左側の方が偉いと思い込んでるが、実際には上手にいる日本の方が偉い。それが分からずに韓国は日本より上になった!とはしゃいでる滑稽な写真がこれだ。実におめでたい外相だ。

日本経由でG7情報を得ようとして失敗したか

ネットユーザーの反応です!

今回の会談は有意義でした。日米英主導で中国への懸念や台湾海峡安定の重要性を確認しました
どうして韓国の記事は、事実以外に憶測が入るんですか?
・韓国に会う必要はありません。成果は期待できません
・勝手な解釈で発表してます。不用意に話をしてはいけません
・双方の国旗がないのは、お互いに尊重してないからです

オブザーバー参加とか言ってたけど、存在感はほぼなく何のために参加したのか分からないよな。中国が偵察要員として送り込んだならまだ分かるが。
韓国には、重要な話は教えないと思います。それに、ムン大統領もアメリカとは関係をなくしたいと考えてます!
従来韓国は日本経由でそういう重要情報を入手してたんだろう。ところが今回の冷遇ぶりでそれは難しいと悟った。そもそも韓国は立てる国旗がもうすぐなくなるからな。今すぐ北朝鮮の国旗を用意しなければいけない。
韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)