米国ニュース

米国に負けた韓国サムスンが業界の紳士協定を破って虚栄心をひけらかし大ブーイングw

韓国サムスンが自社製DRAMの回路線幅を公開したが、これは半導体業界では異例のことだそうだ。米国のマイクロンが第4世代DRAMの開発をいち早く宣言したらしく、虚を突かれたサムスンは慌てて自社の技術力をひけらかしたという話だ。業界1位だと思い込んでいるようだが、実際にはとっくに抜かされているものと思われる。

韓経:「技術誇張」のマイクロンにいら立ち…サムスン「DRAM回路線幅正確に公開」
5/6(木) 8:39配信 中央日報日本語版

先月26日に開かれたサムスン電子の1-3月期業績説明会(カンファレンスコール)。 UBS証券アナリストのニコラス・ゴードワ氏が「1zDRAMの量産日程はどうなるか」と質問すると、サムスン電子メモリー事業部のハン・ジンマン副社長が尋ねてもいない回答を出した。「1zDRAMは15ナノメートルDRAMのことをいうのですが」。瞬間カンファレンスコール参加者はびっくりしたという。「ミスではないか」という話まで出てきた。サムスン電子が公式席上で「15ナノメートル」のようにDRAMの回路線幅を明らかにしたのは2015年2月以降で初めてだ。

◇サムスン、DRAM技術マーケティング本格化

ハン副社長のこの日の発言は「意図したもの」と確認された。5日の半導体業界によると、サムスン電子は今後自社DRAMの回路線幅を正確に公開し技術競争を本格化することにした。回路線幅は半導体メーカーの技術力を示す代表的な尺度に挙げられる。狭いほど小さく電力効率性が高い半導体を作れるためだ。

この5~6年間の業界の慣行は具体的な回路線幅を公開しないということだった。2016年にDRAM工程が10ナノメートル台に入り、DRAMメーカー同士で「ナノメートル単位の技術競争とマーケティングを自制しよう」という暗黙的な紳士協定を結んだ。工程難度が高いDRAMは回路線幅1ナノメートルを狭めるのにも2~3年がかかる。技術マーケティングの実益は大きくないのだ。

DRAMメーカーはこうした理由からこの5~6年間回路線幅をあいまいに表現してきた。2016年に10ナノメートル台のDRAMのうち最初に出てきた製品を「1x」(第1世代10ナノメートル)、2018年に登場した第2世代製品は「1y」、第3世代は「1z」と表現した。今年初めには第4世代を意味する「1a」まで登場した。

市場では1xは10ナノメートル台後半、1zは10ナノメートル台中盤程度と推定するだけだった。これに伴い、サムスン電子の1zDRAMとSKハイニックスの1zDRAMのスペック差に対しても具体的に把握しにくい状況だ。

◇激しい競争の中「技術優位」強調が目的

サムスン電子が6年ぶりに慣行を破り具体的に回路線幅を示した理由は何か。業界関係者は「自社のDRAM技術力に対する自信を示し市場の混乱を減らすのが目的」と説明した。また、「サムスン電子が下半期に量産する1aDRAMは14ナノメートル」と伝えた。

雰囲気が変わったのは第4世代10ナノメートル(1a)DRAMからだ。3位のマイクロンが1月に「1aDRAMを世界で初めて開発・量産した」と電撃宣言した。業界と学界などでは「世界1位のサムスン電子がマイクロンに一発殴られた」という評価が出てきた。

◇ライバル企業は「突然なぜ?」ざわつく

サムスン電子DS(半導体部品)部門高位経営陣の間ではこうした評判に対し不満が相当なものと伝えられた。対外的に明らかにしていないが、サムスン電子メモリー事業部関係者らは1x、1y、1zDRAMのいずれも自社製品の性能が競合企業よりはるかに優れているという自負心を持っている。

マイクロンの1aDRAMを「本当の第4世代製品」といえるのかに対する疑問も相当なものという。マイクロンが「技術誇張」に出たという話だ。マイクロンは開発・量産のニュースを発表したが製品写真などは公開していない。ある半導体学科教授は「同じ世代と呼ばれるDRAMでも主要3社の製品間には明確な技術格差がある。技術力で最もリードしていると評価されるサムスン電子が『数字』を公開したのはこれ以上同じ扱いを受けないと宣言したもの」と分析した。

DRAM競合企業はすっきりしない反応だ。サムスン電子の戦略修正により不本意ながらDRAM業界の「技術マーケティング競争」がさらに激しくなると予想されるからだ。あるDRAMメーカー関係者は「内部では『サムスンが突然なぜ』という反応が出ている」としてやりにくそうな様子を示している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b4d3a8500efb3ef289d17332e7b22f3bb81bfbe7

ホワイト国除外が効いているものと思われる

難しい話ですけど、サムスンが悪いのは何となく分かりました!
まあな。そういう風に思っておけば大きくは間違えない。サムスンが業界の慣行を破って自社の技術力をひけらかしたという話だが、背景には技術力で追い付かれたことに対する焦りがあるようだ。
サムスンが1位というのは、ホントなんですか?韓国が1位なのは信じられないです。
今までホワイト国扱いで韓国に優先的にフッ化水素を送ってただろ?それで韓国は開発を最優先で進めることができた。
ところが今は輸出管理強化ですべて許可制になってしまった。使用する分だけ許可を得るとなれば、他国に先んじて開発を勧めるのは難しいよな。使用量を日本側に把握されることになるから。
確かに!その情報は、アメリカにも伝わりますよね?やっぱり、輸出管理強化は効果があったんだと思います。
マイクロンは広島に半導体工場を建設していたと思うが、米国でも急ピッチで投資が進められているはずだ。ここ最近米国勢の半導体躍進報道が相次いでいる。サムスンの焦りは尋常じゃないだろうね。

韓国は約束を破らないと気が済まない

ネットユーザーの反応です!

・Dラムの場合は、線幅よりもキャパシタ?のサイズの方が重要なのでは?
マイクロン子会社のクルシアル?のメモリを購入しましょう
・線幅だけではありません。結局は性能と価格です
韓国は、技術の出し惜しみをしてると生き残れません
マイクロンは紳士協定を守りました。サムスンは紳士協定を破りました
・韓国が誇る技術は、どこの基本特許かが大事です

Crucialのことだね。マイクロン子会社だったのか。間違ってもSeagateとか買わないようにしないといけない。サムスン製と言えば昔はブルースクリーンの主犯格と言われていたが、今でも大差はないと思う。
紳士協定って、約束の事ですよね?韓国は、やっぱり約束を破らないと気が済まないんだと思います。
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!
うむ。国際法違反国家にはそれ相応の罰が必要だろう。経済崩壊でもって思い知るがいい。日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)