2020年特選記事マガジン

【拡散】1月6日の米議会議事堂占拠事件を振り返る

ワトソン君、約束通り2020年特選マガジンと2021年特選マガジンを合体させた。そして米議会議事堂占拠事件の特選記事を書いた。2年分の特選記事を1つのマガジンで読めるようにしたわけだ。
そんな話、しましたっけ?聞いた覚えがないんですけど・・・。

2020~2021年に渡る大統領選の記事を書きたかった

すまん、どこで話したか忘れた。News U.S. レポートのどれかだったかな?まあいい。2020年からコロマガが始まった影響で、本家News U.S.の記事だけだと2019年よりもいい記事が少なかったのが関係している。
それは、いいと思います!大統領選だって、2020年と2021年の両方が大事ですよね?
それも大きいね。あの米議会議事堂占拠事件は真っ先に書きたいと思っていたが、起きたのは2021年だからな。今年一杯本家News U.S.の記事は有料化される可能性があると思ってほしい。
有料部分でしか書けない事が増えるって、そういう事だったんですか?ボクも、黒井さんの考えを少し忘れかけてました・・・。
まあな。特選記事の目玉は有料部分限定の追記があることだ。目次を並べるとざっとこういう感じになる。

【1/2】米国式の日付は月日年、つまり月が先
【1/2】1月6日に意識を集中させよ…来週何かが必ず起こる
【1/6】ワシントンD.C.が大パニック 議会占拠
【1/6】ペンス副大統領は地下道から避難したという
【1/6】避難した先でこっそり密室議会を開いて決定か?
【1/7】トランプのツイートが運営会社に消される
【1/7】トランプが平和を訴えた動画が非表示になるという
【1/7】トランプが米軍を動かすのを議会は恐れている
【有料部分追記】2021年5月14日時点の最新情報

4記事も、合体させたんですね・・・。ボリュームは、十分だと思います。

イスラエルのミサイル警報は緊急放送の前触れか?

米議会議事堂占拠事件からすでに4カ月以上経過しているが、あの頃の感覚は取り戻しておかなければと思っている。
それって、ひょっとしてトランプ大統領の復活祭に備えてるんですか?
それもある。5・22Xデーに向けて株価が暴落し始めたが、これはトランプ支持者が何度も述べているQFSに通ずる計画じゃないかと思っている。緊急放送が世界中に鳴り響く可能性さえある。
イスラエルでは、ミサイル警報が鳴ってたみたいですけど・・・。確かに、最近怖い事件が多いです。

緊急放送の形を我々は知らされていない。こうした警報のシステムを活用することが想定される。何が起きても動じない覚悟を持つためには、動画で予習しておくのがいいだろう。1月6日の事件を検証してこそ分かることがあるはずだ。
アクセスランキング(週間)