バイデン政権

【速報】韓国、中国との三不の約束を破る 報復必至

とうとうやらかした。韓国が中国との三不の約束を破り、THAADの機材を星州の在韓米軍基地に運び入れたそうだ。機材の運び入れ自体は過去にもあったものの、ここまでの規模はあまり前例がないと言える。米韓首脳会談を前にして誠意を示したとのことだが、これで韓国は中国からの制裁を避けられなくなった。

韓米首脳会談を前にTHAADや戦時作戦統制権などで米国に誠意を示す韓国
5/15(土) 7:27配信 朝鮮日報日本語版

韓国国防部(省に相当、以下同じ)は14日、慶尚北道星州郡の在韓米軍THAAD(高高度ミサイル防衛システム)基地に工事用の重機や物資などを追加で搬入した。12-13日に米ワシントンで行われた韓米統合国防協議体(KIDD)の会議の際には「戦時作戦統制権の移管条件充足」を改めて確認したことや、また連合訓練についてはその内容を今後重視することなど、いずれも米国の立場が色濃く反映されたプレスリリースが配布された。これについては「韓米首脳会談を前に韓国政府が米国に誠意を示した」との見方も出ている。また先日の韓国、米国、日本の外相による会議、安保室長会議、情報トップの会議に続き、今後は三カ国国防相会議の開催も模索することになった。韓米日による三角協力は米バイデン政権の政策において優先順位が高いアジェンダだ。

■首脳会談を前に米国に「誠意」を示す韓国

韓国国防部と在韓米軍は14日午前、工事用の重機や資材などを20台以上のトラックで星州基地に運んだ。星州基地に重機や資材などが運び込まれるのは先月28日以来16日ぶりのことだ。韓国政府は異例にもTHAADに必要な物資を立て続けに運び込んだわけだが、これは米国に配慮したためだ。これに先立ち米国のオースティン国防長官は「THAAD基地の劣悪な生活環境を引き続き放置することは容認できない」と強い語調で不満を伝えてきた。

この日行われたKIDD会議では戦時作戦統制権について「時期とは関係なく条件が満たされた時に移管する」との方針を改めて確認した。また連合防衛態勢を維持することの重要性でも一致したという。韓国国防部が明らかにした。いずれも米国が以前から求めてきた内容だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0055349aa21b422a7cf60a7b29dcff987436fc02

中国と韓国は「処理水海洋放出反対」で日本を包囲する。韓国が選んだ「三不政策」の重み
4/27(火) 8:10配信 BUSINESS INSIDER JAPAN

中国と韓国が共闘する経緯

中国が韓国と共闘する視線の先には、アメリカのミサイル網配備計画がある。

バイデン政権は、台湾有事を想定して沖縄の米軍基地などにミサイル網を構築するため、2022会計年度(21年10月~22年9月)から6年間で合計273億ドル(約2兆9000億円)の予算を投じる要望書を連邦議会に提出した。

一方、韓国の文在寅政権は2017年、中国との約3カ月におよぶ交渉を経て、安全保障に関し、

地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)を追加配備しない
アメリカのミサイル防衛(MD)システムに参加しない、
日米韓安保協力は軍事同盟に発展しない

という「三不政策」を発表している。

中国はこの交渉に先立ち、アメリカが韓国に配備したミサイル迎撃システムの「標的は中国」と強く反発し、用地を提供した韓国ロッテグループが中国で展開するスーパーの9割を営業停止させるなど、経済圧力を強めていた。

こうした経緯もあって、アメリカと軍事同盟を結ぶ韓国は、有事には米軍指揮下に入るものの、「自由で開かれたインド太平洋」構想や、日米豪印の4カ国戦略対話「クアッド(Quad)」には参加していない。

中国は、韓国の「三不政策」を、アメリカが渇望するミサイル配備と米日韓安保協力に「風穴」を開けるキーと見ているわけだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e51d453d196b4fa52b736f8aaec2c45a69ca060c

三不の約束を明確に破ってしまった韓国…市民も強制排除

ええっ?サードを、運び込んでしまったんですか?ダメです!
5月14日に不意打ちでやったそうだね。これで中国との三不の約束を韓国は明確に破ってしまったことになる。5月21日の米韓首脳会談への手土産とのことだが、何もないとは思わない方がいい。
やっぱり、ムン大統領は力がなくなってしまったんですね・・・。基地の周りを塞いでいた人達は、どこに行ってしまったんですか?
強制的に排除されたそうだよ。文在寅が間もなく退任した後に逮捕されるから、それに先立ってということだろう。韓国の左派が急速に力をなくしてきている。

THAAD基地に工事機材搬入 反対派市民を警察が排除=韓国
4/28(水) 9:59配信 聯合ニュース

【星州聯合ニュース】韓国国防部と在韓米軍は28日午前、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が配備されている韓国南部・慶尚北道星州郡の基地に工事用機材などを搬入した。

国防部はこの日、工事用機材や発電機などを積んだトラック約40台を基地に運び込んだ。

基地の工事に反対する地元住民や市民団体の会員ら約100人が早朝から付近で座り込みを行ったが、警察によって強制解散させられた。

国防部は前日、同基地の韓米将兵の勤務環境改善のため、施設工事用の機材や物資搬入と移動型発電機の交換、発電機関連機材の搬入を行うと発表していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a168eb5586af20bc2a334d9018aaefc36732591

意地悪クラブのせいじゃないですか!やっぱり、意地悪クラブはアメリカを選ぶんですね・・・。
これで中国にとってのレッドラインを踏み越えたことになるから、何らかの制裁が発動する契機になると思うぞ。米韓首脳会談を無事に終えられるとは思わない方がいいね。

中国がここ数日沈黙を貫いている

朝鮮日報の記事の続きだが、G7で日米と韓国の首脳会談が実現されるという話もここで少ししておこうか。

■G7をきっかけに三カ国首脳会談が実現する可能性も

韓国政府周辺では来月英国で開催されるG7(主要7カ国)首脳会議の際、韓米日三カ国首脳会議も実現する可能性があるとの見方が浮上している。G7首脳会議には文在寅(ムン・ジェイン)大統領、バイデン大統領、菅義偉首相がいずれも出席する予定だ。多国間会議の際に韓米日による会議が開催されるケースは過去にも例がある。2014年3月にオランダで開催された核セキュリティ・サミットの際には当時のオバマ大統領の仲裁により三カ国会議が実現した。この時も慰安婦問題などで韓日関係は極度に悪化していた。上記の韓国政府筋は「米国は当初、文大統領訪米の際に菅首相を招待することも検討していた」とした上で「三角協力を固める完成段階として首脳会議を実現させるために様々なアイディアを出してくるだろう」との見方を示した。

ダメダメですね・・・。アメリカは、韓国との関係改善を求めてはいけません!
THAAD配備とGSOMIAは一体化しているとも言えるから、これで文在寅は今年末のGSOMIA破棄も一切言い出せなくなったことになる。果たしてこの場で一体何を話すことになるのか?相当苦しいだろう。
それで、退任後は逮捕されるんですね・・・。ムン大統領は、意地悪クラブに負けました。最後まで、恥をかいてばかりでした!
中国がこのTHAAD配備の件を知らないはずがなく、ここ数日沈黙を貫いているのが不気味だよな。5月21日の米韓首脳会談は今週の金曜日だ。心待ちにしようじゃないか。
韓国の皆さん、もう手遅れです!中国に制裁されます!そのまま突き進んでください!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)