欧州ニュース

【速報】ルイヴィトン韓国撤退

とうとうフランスからも見放されたか?ルイヴィトンが韓国の市中免税店を閉鎖し、空港のみに集約させる方針を検討しているようだ。その空港も中国が最優先で、韓国は後回しにされる可能性が高い。事実上の完全撤退とも言えそうだ。

「ルイ・ヴィトン、韓国の市中免税店から撤退を検討」
6/3(木) 21:51配信 朝鮮日報日本語版

世界的な高級ブランド、ルイ・ヴィトンが、韓国の市中免税店からの撤退を検討していることが分かった。英国の免税流通専門メディア、ムーディー・デビッド・レポートが3日、報じた。

同メディアは匿名の韓国消息筋の話を引用し、ルイ・ヴィトンが先月、韓国の複数の免税事業者に対し、市中免税店の相当数の店舗から撤退することを通知したと報じた。

韓国では現在、7か所の市中免税店にルイ・ヴィトンが入店している。▲ロッテ免税店明洞本店▲ロッテ免税店ワールドタワー店▲新世界免税店明洞店▲新羅免税店ソウル店▲ロッテ免税店釜山店▲ロッテ免税店済州店▲新羅免税店済州店-の7か所だ。

韓国のある免税店運営社の関係者は「ルイ・ヴィトンが、グローバル店舗経営政策を改編するとして、空港免税店に集中するという内容を通知してきたのは事実」だとしながらも「韓国の市中免税店からの撤退には言及していない」と説明した。

ただし、ルイ・ヴィトンは世界の店舗数が急激に増えないよう厳格に管理しているため、空港免税店を新たに設置するのであれば、売り上げへの貢献度が相対的に低い市中免税店の一部から撤退する可能性が高いと業界ではみている。

ムーディー・デビッド・レポートによると、ルイ・ヴィトンは差別化された高級サービスを顧客に提供するために、団体旅行客中心の市中免税店よりも、外国人の自由旅行客にターゲットを絞れる中国の空港やマカオの免税店に集中する計画だ。

韓国の免税業界では「恐れていることが起きた」との反応が出ている。これまで中国の行商人への依存度があまりに高く、高級ブランド企業が追求する高級化戦略に合わないとの指摘が出ていたからだ。

この記事はいかがでしたか?

いいね 167 ← www
かなしい 31
びっくり 32

https://news.yahoo.co.jp/articles/b977b83a5706f58be12d6804e89b0655961c1952

中国か韓国を選べと言われたら中国

これって、結構大きな出来事なのでは?ルイヴィトンって、有名なブランドですよね!
うむ。韓国に観光地的な役目をもはや求めなくなったと言える。市中免税店を目当てにする団体観光客を韓国政府が許可しないからだろう。
それって、中国人団体ですよね?
ああ。お金持ちの中国人は日本に来たがり、金のない中国人は韓国に行きたがるというのは有名な話だからな。だがいまや中国国内やマカオで十分にその需要は賄えることが分かったと。
結局、中国でお金を稼ぐのはヨーロッパなんですね・・・。ずるい気もします。
まあ中国か韓国を選べと言われたら迷うことなく中国だわな。中国もさっき話したように廃墟モールとか不動産バブル崩壊の懸念があるけど、そういう時こそ中国人のブランド信仰は生きる。ところが韓国人にはブランドを買う金自体がない。
確かに!その違いは、大きいですね。韓国の人達は、ホントにお金がないです!

韓国は空港も飛行機も全部売ればいいとワトソン君

記事の続きだが、中国人の団体観光客は来なくなっても行商人は来ているらしい。要するに韓国で仕入れて中国で高く売りさばくと。

また別の免税店運営社の関係者は「新型コロナの影響で観光客が途絶え、免税店が中国の行商人中心の運営を続けている側面がある」として行商人は主に、衣類や雑貨より価格帯の低い化粧品中心に購入していくため、売り上げが低いが、(市中免税店からの撤退検討報道が出たのは)そうした状況が反映された可能性もある」と話した。

ルイ・ヴィトンは、空港免税店での営業は今後も拡大していく計画だ。現在は仁川空港第1ターミナルに店舗があり、再来年には第2ターミナルに新店舗をオープンする。中国の空港には来年末までに新たに6店舗をオープンすることになっている。

中国の方が重視されてますね・・・。韓国は、もうダメです。
最近はハブ空港自慢もめっきり途絶えてしまったが、今の調子では経営そのものが危ういよな。日本のように国内需要が多いわけでもなし、海外観光客に依存するビジネスモデルは限界が来たと言える。
韓国は、それでいいと思います。空港も必要ないし、飛行機も全部売った方がいいです!
韓国の皆さん、経済がダメになってもいいんです。キム委員長が養ってくれるからです!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!
まあな。韓国に空港があろうがなかろうが日本にとってはどうでもいい話だ。日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)