欧州ニュース

【速報】韓国「ピカソの絵は歴史歪曲だ!謝罪と賠償を求める!」

とうとう絵画の巨匠にまで噛み付き始めたか…ピカソが朝鮮戦争を描いた作品として有名な”Massacre in Korea”だが、実際にはそういう現場は存在せずフランス共産党に制作を依頼された歴史歪曲作品だというのだ。北朝鮮にとって有利な虚偽宣伝物だという。韓国がどれだけ偉いのか知らないが、ピカソにまで噛み付くとは。まさに窮鼠猫を噛むを地で行っている。※一部語句を置き換えた。

【寄稿】ピカソ作「Massacre in Korea」は6・25戦争の虚偽宣伝物だ
6/6(日) 8:05配信 朝鮮日報日本語版

ピカソ生誕140周年に合わせて、彼の作品およそ110点がソウルの「芸術の殿堂」で展示されている。5月1日から8月29日まで開かれるこの特別展で最も注目される作品は、韓国国内で初めて展示される「Massacre in Korea」だ。しかしこの絵は、虚偽に基づいたものという事実を明白に理解しておくべき作品だ。作品のモチーフは、6・25戦争当時の黄海道信川地域の住民間で発生した惨事だ。

1950年10月に韓国軍と国連軍が38度線を越えて北進するのに先立ち、信川の共産主義者らが右派系の人物を大量に一掃する事件が起きた。これに対抗して、キリスト教徒を中心とする右派陣営が蜂起し、この過程で相互の戦が繰り広げられた。左右両派の衝突でおよそ3万5000人の住民が命を落とした悲劇的な事件だった。しかし北朝鮮は、事件直後から「米軍によって引き起こされた『信川一掃』」だという偽りのフレームをかぶせ、国内外に宣伝した。副首相兼外相の朴憲永(パク・ホンヨン)が虚偽扇動を主導した。フランス共産党は、この事件の後、党員のピカソに反米宣伝のための作品を依頼した。フランス共産党員にして世界的な哲学者のサルトルは、6・25について「米国にそそのかされた韓国の北侵」と虚偽の主張をした、当時の代表的な人物だった。ピカソは共産党の宣伝を信じ、「Massacre in Korea」という作品を1961年に制作した。しかし彼は、作品の説明からこうした背景を故意に取り除いた。結果的にこの絵は、北朝鮮の宣伝・扇動の産物であって、実際の歴史的事実とは無関係のものだ。

ピカソの「Massacre in Korea」は、左派陣営の反米宣伝に絶えず活用された。北朝鮮は1960年に信川博物館を作り、いまだにこの虚偽事実を宣伝している。「韓国における米軍の良民一掃」を背景にしたという説明は、韓国はもちろん世界の世界のどこに行っても見聞きできる。ピカソはこの絵を描く際、ゴヤの作品「マドリード、1808年5月3日」の構図をそのまま用いた。ゴヤの絵が所蔵されているスペイン・マドリードのプラド美術館では、ガイドがこの絵を説明する際、千編一律に図録にあるピカソの「Massacre in Korea」を示して「米国が主導した『信川里一掃事件』を描いたもの」と比較説明しているほどだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/19133c5201208e1bdaf2901e2fda77cf1b02cc91

韓国はいまや四方八方に噛み付き始めている

ピカソって、有名な人ですよね?名前は聞いた事があります!
うむ。世界的な絵画の巨匠だ。“Massacre in Korea”という作品は韓国ネタに詳しい人なら常識で、朝鮮戦争の時のある事件を描いたものだそうだ。それを朝鮮日報が批判してると。
記事を読んだんですけど、アメリカを批判する作品みたいですね・・・。それで、意地悪朝鮮日報が怒ってるんですね。
この作品が捏造で歴史歪曲だという主張は初めて聞いたね。韓国軍がこうした蛮行を繰り返すのは常識だったから、作品の背景もすんなりと理解できた。いまや韓国民は愛国心が暴走して四方八方に批判の色を強めているね。
ピカソさんを調べてるんですけど、普通の絵と落書きみたいな絵があって、ボクでも書けそうな気がしました!
ふむ。ピカソで有名なのはゲルニカ、アビニヨン娘たち、泣く女辺りだな。ゲルニカは人によっては子供のいたずらのようだという評価を下すかもね。子供の絵は子供にしか描けないし、それ自体が芸術性を持つと言えなくもないけどな。
“ゲルニカ”って、ドイツの空襲を描いた作品なんですね・・・。反戦の象徴として、世界中で話題になったみたいです。

韓国軍=Massacreだと世界が知っている

人によってはピカソを共産主義者の走狗呼ばわりもしてる。だがその主張をしてる背景が朝鮮日報みたいな内容となると、やはり韓国軍は罪深いという結論にならざるを得ないね。
ちなみにこのMassacre in Koreaについては、フレディハバードというトランペット奏者がソンミ村事件を扱った1971年のアルバム”Sing Me a Song of Songmy”という名前のジャケット画像に採用されているようだ。韓国軍=Massacreってこと。
何だか、芸術の授業みたいですね!知らなかった事が多くて、勉強になります。
日本では芸術作品に政治を絡める人はあまりいないが、元々芸術とは政治だからな。Rage Against the Machineに代表されるように、ロックは左派と相性がいい。韓国から保守と右派を完全に一掃するまで、こうした芸術作品が途絶えることはなかろう。
意地悪クラブを倒すために、芸術が必要なんですね。もっと知りたいです!
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)