コロマガ

【拡散】コロナ変異株の正体に気付いてしまった

この記事は今朝発行されたコロマガ海外支部第58号米欧編「コロナワクチンの現実」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

コロマガ海外支部第58号米欧編の無料部分

コロマガ海外支部第58号米欧編を始める。今号では先月1カ月を通してメインテーマとしてきたコロナワクチンについて、我々なりの”ある結論”を下せることになった。その中身は当然無料部分で話すことはできない。
やっぱり、あの国が原因なんだって確信しました・・・。変異種のナゾも、解けた気がします!
様々な仮説や陰謀論を目にしたが、結局のところ最初の方に出てきた説が最も真実に近いような気がするね。世界各国の状況を比較するにそうとしか思えない。

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。記事を読みたい場合にはNews U.S. レポートの購読を始める必要がある。

補足情報:日本人はあまり心配しなくていい

今号の内容は記事タイトルにもある通り“ワクチン”ということで、その中身がどういう風になっているかは大体想像がつくと思う。“現実”が何を意味するのかもおよそ分かるはずだ。一つだけ言えるのは、日本人はあまり心配しなくてもいいということ。アイキャッチ画像はノーコメントだ。
ワクチンの効果があるかないかで言えば、ある。それは間違いないと思う。ワクチンの効果で日本は新規感染者が減ってきた。緊急事態宣言の効果かもしれないが。そうでなければ大規模接種会場を設置した意味がない。だが…
補足情報として、そのワクチンの記事を読もう。G7の会場となる英国でジョンソン首相が地球規模の目標を提案するそうだ。

来年末までに全世界で接種を 英首相、G7で目標提案へ
6/6(日) 8:18配信 共同通信

【ロンドン共同】先進7カ国(G7)の議長国を務める英国のジョンソン首相が11日開幕の首脳会議(サミット)で、来年末までに新型コロナウイルスのワクチンを全世界で接種可能にするとの目標を提案する。英首相官邸が5日明らかにした。

ジョンソン氏は声明で「新型コロナを克服し、世界を景気回復に導くという戦後最大の課題に挑むわれわれを、世界が注視している」と述べ、G7各国に協力を求めた。

G7は4日閉幕した保健相会合で「ワクチンの地球規模での共有」を支援するとの共同声明を出したものの「各国の事情が許す場合」との条件を付けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/47fa121ed64af65fd91d701c2dd96fefe3dda137

最後にコロマガ海外支部第58号米欧編へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)