2020年特選記事マガジン

【拡散】バイデン不正を追及したシドニーパウエル弁護士はその後どうなったのか

この記事は昨日発行された2020・2021年特選マガジンの最新記事バイデン不正を追及し続けたシドニーパウエル弁護士のその後についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

8記事分を1つにまとめて有料限定部分を追加した

というわけで、特選記事の補足やろうか。読んでみて懐かしかっただろ?去年の12月から今年の1月にかけて。
色んな事が、ありましたよね・・・。11月の最初から、1月20日までずっと大統領選の話ばかりしてました。
いまやパウエルと言えばFRBの議長だが、少し前まで完全に“軍事弁護士”の名前として記憶されてたよな。記事を漁ったがあまりにも膨大だったから、8記事ほど厳選して1つにまとめた。
8記事分もあるんですか?それでも多過ぎます!だからいつもの特選記事より、有料部分が長かったんですね。
あれこれ調べるうちに忘れてた話をいくつも思い出したよな。今のところ特選記事にできたのは議会占拠事件とパウエル弁護士だけで、テキサス訴訟とか2018年大統領令とか顔氏の陰謀論とか、題材はいくらでもあることが分かった。
ツイッターアカウントも、意外とまだ残ってますね!消されてしまった人もいるみたいですけど・・・。

有料部分の最後にはサプライズ発言も

2020年特選記事を2020・2021年特選記事と改変したわけだが、実際かなり迷った。大統領選のことが年を跨いでたからこそ、2年分の特選記事マガジンとする決意ができたわけ。
記事の最後に、爆弾発言がありましたよね!期待していいですか?
うむ。”あの話”か。場合によっては本気で再始動させるが、今はまだ様子見で構想段階だ。少し様子を見よう。6月はトランプ生誕75周年の記念日もあるし、何かが起こると思っておいた方がいいかもしれないね。
トランプ大統領、期待してます!バイデン大統領、油断しないで下さい!さようなら!
アクセスランキング(週間)