中国ニュース

【画像】中国のワープア若者の現状が悲惨すぎた

中国は過剰な競争社会で脱落者が山ほどいるらしく、仕事も向上心もなく昼間から公園で寝そべる若者が急増しているそうだ。実際に写真を見れば分かるが、本当に”寝そべって”いる。今は多少暖かいからいいかもしれないが、文字通りのワープアで笑うに笑えない悲惨な状況だった。

中国の若者に広がる「寝そべり族」  向上心がなく消費もしない寝そべっているだけの人生
6/7(月) 12:13配信 クーリエ・ジャポン

最低限の生活をする。自分の為だけに生きる「寝そべり族」Photo: Costfoto/Barcroft Media via Getty Images(COURRiER Japon)

https://news.yahoo.co.jp/articles/16ca829044d92f9efeae24910c49512325f4405e/images/000

マスクしてコートを着たまま公園で寝る衝撃画像

寝そべり族って、記事では見たんですけど・・・。画像が衝撃的過ぎます!
一応コロナ対策でソーシャルディスタンスを守ってるのがね。何もこんな斜めの場所で寝そべらなくてもいいだろうと思うが、他に平たい場所がないのかもしれない。
みんなコートを着てて、寒そうですよね・・・。中国って、コロナが収束してても退屈な国なんですね。
屋外でもマスク必須のようだからな。息苦しくて昼寝なんてできやしないと思うが、他に行く場所もなく無気力なまま公園でマスク昼寝。悲惨という言葉を通り越している。
住む家もないんですか?家にいた方が、ラクだと思います。
狭いからとりあえず公園に来てみたが、やることなんてないから寝るしかないんだろう。米欧でもよく暖かい公園で人が寝てくつろいでるじゃん?あれを中国でやろうとしたらこうなったみたいな。
ミジメ過ぎますね・・・。中国は、やっぱり衰退すると思います。

中国共産党のくせに資本主義社会を導入したのが悪い

ちなみに元記事がこれだ。

中国の若者に広がる「寝そべり族」  向上心がなく消費もしない寝そべっているだけの人生
6/7(月) 12:13配信 クーリエ・ジャポン

寝そべるという意味の「躺平」がいま中国で最新の流行語になっている。だらっと寝そべって、何も求めない。マンションも車も買わず、結婚もせず、消費もしない。

最低限の生存レベルを維持し、他人の金儲けの道具や搾取される奴隷になることを拒絶する。それが「寝そべり」族。そのムーブメントが中国当局を不安にさせており、中国メディアが火消しに走っているという。

仕事を減らし、誰も愛さず、自分の為だけに生きる

中国の若者の間に「ねそべり主義」が流行していると台湾紙「自由時報」は伝える。彼らは結婚せず、子供も持たず、マンションも車も買わず、起業もしない。なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。そして誰も愛さず自分の為だけに生きる。

あるネットユーザーが、「寝そべりは正義だ」という文章を発表し、寝そべりブームを起こした。作者はいまや「寝そべり学の先生」とされている。彼は文章で「2年も仕事をしていないが何も間違っているとは思わない。1日2食にすることで食料問題は解決した。消費は毎月200元以内に抑え、お金がなくなれば1年のうち1~2ヵ月仕事をする。ふだんは家で寝そべり、外で寝そべる。猫や犬のように寝そべっている

「ずっと遊んでいることが間違っているとは思わない。ストレスは周囲の人と自分を比較することと昔からの伝統的観念からくるもので、それらはいつでもあらわれる。毎日のニュースは芸能人の恋愛や妊娠といった類のもので、まるで誰かがある考え方を皆に強制しているかのようだ。

これまでは人の主体性を重視する考え方が存在しなかった。ならば私は自分で自分の考え方を作り出す。寝そべることは私の賢者の行動で、寝そべっているときだけが、人間が万物の尺度たりえるのだ」

不平等感の深まりと生活コストの上昇

フランスメディア「rfi」中文版によると、不平等感の深まりと生活コストの上昇で伝統的な成功目標が遥か遠く手の届かないものになってしまったため、一部の若者たちは最低限の仕事をするだけで、両親の世代のようなアグレッシブさをもたなくなってしまったのだと伝える。

寝そべり主義は社会に対する憤りが多少含まれていたが、それは想像以上の共鳴を呼んだ。「寝そべり」についての説明はさまざまだ。立ち上がれない、しかし跪くこともしたくない、だから寝そべるしかない。

生活コストが高すぎる、ストレスが多い、マンションも物価も高い、仕事は探せない、結婚して家庭をもつなどもってのほか。しかし、自分の人格と尊厳を捨てることはしたくない。

だから残されたのは、寝そべって最低限の生存状態を維持すること。寝そべりは一種の無力感、一種の不屈さの表れである。

検査技師の王(24)は、4ヵ月の就職活動に疲れ果てた。「毎日就職サイトを見て履歴書を送っていたけれど、まるで大海に瓶を投げ入れるかのようだった」

https://news.yahoo.co.jp/articles/16ca829044d92f9efeae24910c49512325f4405e

やっぱり、そうなるだけの理由があるんですね・・・。
ネットユーザーの反応です!

・これも東アジアの伝統を汲む生き方の1つです
・あれだけ監視社会、評価社会になったら疲れます。SNSの交友関係にも点数が付けられます
資本主義社会ではお金を使わせられて、そのために働かされています
・文字通りに寝そべってるんですね
⇒ 中国の成長鈍化も、いよいよ待ったなしです
経済の発展のために消費するのは古いです。寝転んでみてもいいと思います

そういやワトソン君も寝そべり族だよな?昼間から寝てるじゃん。
寒い場所はイヤなので、すぐ帰ります!寒いのをガマンして、コートを着ながら寝るなんて信じられないです・・・。
そこは違和感があるね。どう見ても自宅を失ったワープアでしかないからな。まあ中国共産党が”資本主義社会”を導入してる時点でどうかと思うがな。共産主義実現のために、富める者から奪わないといけない。
中国の皆さん、若い人達から搾取するのをやめましょう!領土を割譲します!さようなら!
アクセスランキング(週間)