News U.S. レポート

【拡散】令和時代のメディアの作り方

この記事は昨日発行されたNews U.S. レポートの最新記事「令和時代のニュースサイトの作り方」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポート June 10の無料部分

ごきげんよう。“1億総メディア化社会”の記事が評判よかったから、今日はニュースサイトを作る方法についてざっくりと話したいと思う。具体的な手順とかSEO、マーケティングの専門的な手法ではなく、もっと観念的な話をするつもりだ。

News U.S. レポートは2020年8月24日に創刊された月額マガジンである。News U.S. の名にふさわしく米国の話題が中心となる。米国独立宣言の1776年をそのまま採用し月額1,776円としている。単独記事の価格は704円だが、これは独立記念日の7月4日が元になっている。これまでの10年間の活動の中で、膨大な人達や情報に触れ経験した全てのことを少しずつ記していくための場所だ。

目からレーザーが出始めたNews U.S.黒井

昨日のNews U.S. レポートの補足がまだだったね。“作り方”と書いたけど、具体的な手順は何一つ説明していない。マニュアル記事ではない。
ボクは、意外と具体的だと思いました!サイトを作る前の、考え方の話が多かったので参考になると思います。
韓国ネタで家が建つシリーズに似たものがあるかもね。あの記事も起業系の話が中心だが、今回はそれよりさらに踏み込んだというか。
あれ?黒井さん、そう言えば、アイコンを変えましたか?目からレーザーが出てるみたいですけど・・・。
ばれたかww 昨日からこっそり上書き編集して、アイコンの画像を一部改編してみた。今日限定で明日以降は元に戻す予定だ。
黒井さんも、そうだったんですね(笑) 世界的なブームになると思います!
Bit Portal Magazine Vol. 7でも盛り込んだ“あの話”がどんどん大きくなってきてるからな。こっちはこっちで別の形の”起業”が成り立つ可能性を感じている。今はまだその時期ではないが。

補足情報:朝日新聞の価格設定はおかしい

補足情報としてちょうどいい記事が見つかった。朝日新聞が27年ぶりに値上げしたそうだ。

朝日新聞、27年ぶり値上げ 朝夕刊セット4400円に
6/11(金) 10:55配信 時事通信

朝日新聞社は11日までに、7月1日から朝夕刊セットの月決め新聞購読料(税込み)を363円値上げして4400円に、朝刊のみの統合版は407円値上げして3500円にすると発表した。

消費税引き上げ時を除く本体価格の値上げは1993年12月以来で、27年7カ月ぶり。同社は「長年の経営努力が限界に達した」と説明している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/21da87cc698bd201021c86ef26bbfeeec78a855f

4400円は、高いですよね・・・。黒井さんの月額マガジンは、1776円です。
インターネットで大半の記事が無料で読める時代に、紙ベースというだけで4,400円だからな。さらにこの費用にはオンラインの有料記事会員は含まれていない。世界でもこんなやり方を未だに続けてるのは日本だけだと思う。
それに、記事の大半が菅首相の悪口じゃないですか!お金を払って、日本の悪い話を読む人がいるのが信じられないです・・・。
昔はクオリティペーパーを自称してたが、今じゃ単なる日本叩きの三流紙に落ちぶれたよな。それで値上げという愚かな決断に踏み切った。朝日新聞が自壊への道のりを順調に歩み始めていると言える。
最後にNews U.S. レポート記事へのリンクを示す。
関連記事