バイデン政権

米国「日本や台湾との半導体協力を強化。韓国サムスンは不要」

素晴らしい流れだ。米国のマイクロンが日本と台湾への投資や技術協力を強化し、先端技術の開発や生産設備の拡充などを実施するようだ。日米台の半導体同盟に向けた具体的な動きに出始めたわけだ。一方韓国サムスンは同盟から排除されてこれらの動きを眺めるだけだ。完全に孤立してしまったと言える。

米マイクロン、日台と協力強化…「半導体蜜月」眺めるだけのサムスン
6/14(月) 7:17配信 朝鮮日報日本語版

米半導体大手マイクロンが日台への投資と技術協力を強化する。日本の半導体メーカーと共同で先端メモリーチップを開発するほか、台湾では半導体生産設備を大幅に拡充する。最近の半導体不足を受け、米国と日台が手を結び、半導体サプライチェーンの再編に取り組み、国家間で半導体分野の蜜月関係が強化されると、企業もそれを市場拡大の契機ととらえ、現地への投資に乗り出している。

マイクロンのサンジェイ・メロートラ最高経営責任者(CEO)は11日、日本経済新聞の取材に対し、「日本の半導体エコシステムの強化を手伝いたい」と述べ、日本が強みを持つ半導体設備・素材分野と協力し、次世代のDRAM技術を開発していく意向を示した。サムスン電子、SKハイニックスに次ぐ世界3位のDRAMメーカーであるマイクロンは今月2月、世界初となる回路線幅10ナノメートル台の第4世代DRAMの量産を開始し、それに続く第5世代DRAMを日本と開発することを目指す。現在サムスン・SKは第3世代のDRAMを主力としている。マイクロンは先端DRAM技術の開発に向け、2013年に買収した旧エルピーダメモリの生産・研究施設に対する投資も強化する計画だ。マイクロンの対日投資は最近3年間で70億ドル(約7680億円)に達する。メロートラCEOは、日本の工場への投資拡大や装置・材料メーカーとの連携を通じ、日本政府による供給網強化に協力する姿勢を示した。

マイクロンは台湾でも今月から16兆ウォン(約1兆5700億円)を投じ、台湾・台中市のDRAM工場の拡張に取り組む。同社は台湾工場を第4世代のDRAM量産拠点として育成することにしている。

世界最大の半導体ファウンドリー(受託生産メーカー)である台湾積体電路製造(TSMC)も米日への投資を強化している。TSMCは最近、米アリゾナ州に先端半導体工場6カ所を建設する計画を発表した。TSMCは日本の熊本県への半導体工場建設も目指している。今年2月、日本に半導体研究開発拠点を設置すると発表したのに続き、生産ラインの設置も決めた格好だ。

半導体業界関係者は「サムスン電子など韓国メーカーが海外への新規投資を決定できない間に米台企業は同盟国の思い切った支援を受け、迅速に投資決定を下している」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d13a8e982bd70fec47a01bcd05b760493d63a818

“クアッド”の真意を見抜けなかった韓国は終わる

いい流れですね!やっぱり、韓国は日米とは仲良くしてはいけないです。台湾の方がふさわしいと思います!
日米台半導体同盟の流れが作られ始めたよな。マイクロンと言えば数年前に広島に工場を建てると報道されていたが、それだけでなく先端技術の開発も実施するそうだ。
サムスンは、完全に排除されましたね・・・。これで、サムスンも終わりだと思います。
すでに米マイクロンにはメモリーの分野で追い越されようとしてるからな。これで先端半導体の分野でも勝てる見込みがなくなった。没落以外の道は残されていない。
これって、サムスンがアメリカに投資を決断できなかったのが理由なんですか?
クアッドへの参加を決められなかったのもな。クアッドと言えば半導体が思い浮かぶが、そういうのを見抜けなかった時点でサムスンは終わったね。副会長は今も収監されたままだ。

中国の台湾侵攻はもはや不可能

TSMCは、アリゾナに6カ所も工場を作るみたいです!結構増えてませんか?
かなり増えたな。TSMCは米国だけでなく日本の熊本にも半導体工場を建設するようだし、ワクチン外交のおかげで色々と捗っている印象はある。
これで、中国は台湾にも攻め込めなくなりますね・・・。台湾にアメリカの工場があったら、攻撃できないですよね?
確実に核ミサイルが飛んでくるね。それにTSMCも拠点を分散化させて、日本にも退避できるようになれば中国は余計に手を出すメリットがなくなる。むしろ中国が手を出される立場になりかねないよな。
韓国は、中国の一部の方がいいと思います!それで、ムン大統領の脱米構想も実現できるんです。
韓国の皆さん、経済がダメになってもいいんです。キム委員長が養ってくれるからです!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)