欧州ニュース

【速報】韓国文在寅、独島が韓国領ではないと認めてしまう

韓国文在寅がスペインで李氏朝鮮時代の地図を見せてもらったそうだが、そこでは”于山島”が明確に朝鮮の領土として描かれていたという。知っての通りこの于山島は日本領の竹島とは何の関係もない別の島だが、韓国ではこの島を独島と呼んでいる。さらに該当地図ではこの于山島を”チァンチャンタオ”と中国語で表記していたことが分かった。つまり于山島はおろか李氏朝鮮自体が中国領だったのだ…!

韓国文大統領、スペインで「朝鮮王国全図」閲覧…「独島が韓国の領土であることを示す非常に貴重な史料だ」
6/17(木) 9:56配信 WoW!Korea

スペインを国賓訪問中の、韓国ムン・ジェイン(文在寅)大統領が16日(現地時間)、スペイン上院図書館を訪問し、図書館が所蔵している「朝鮮王国全図」の説明を聞き、「独島(竹島の韓国呼称)が韓国の領土であることを示している、非常に貴重な史料だ」と述べた。

文大統領はこの日、スペイン上・下院合同演説を終えた後、マリア・ピラール・ロップ・クエンカ上院議長、メリチェル・バテト・ラ・マーニャ下院議長と共に、スペイン上院図書館を訪れ、アンヘル・ゴンザレス図書館長から「朝鮮王国全図」について説明を受け、「非常に貴重な史料を見せていただき、感謝している」と明らかにした。

ゴンザレス館長は地図を見ながら「1730年代、大韓民国朝鮮半島の地図であるが、韓国人に最も響く記録ではないかと思う」と語った。

この地図は、18世紀フランスの地理学者であり、地図製作者のダンビルが作ったものである。ダンビルは当時、中国の実測地図である「皇輿全覽圖」を参考にし、中国と周辺地域を記した「新中国地図帖」を発刊したが、「朝鮮王国全図」はここに含まれている。

「朝鮮王国全図」は、西洋人が作った朝鮮地図の現存するものとしては、最も古い地図として知られている。地名は中国式発音表記であるが、当時の独島の呼称である「ウサンド(于山島)」を、「チョンサンド(千山島)」と混乱して「Tchian Chan Tao」と表記している。特に、于山島、ウルルン(鬱陵)島がすべて朝鮮の領土であることを、明確に示している。

学びがある! 182
わかりやすい! 436
新しい視点! 429

https://news.yahoo.co.jp/articles/f551bcc56d574b621f2e218382683c6b664d39ad

スペインで自国領でない証拠を探し出してしまった

これって、間違えてますよね?千山島って、中国の島みたいです!
まず話を整理すると、この記事には2つの間違いがある。于山島(うざんとう)というのは韓国が独島だと主張する島だが、この島は日本領竹島とは何の関係もない。これは知ってるよな。
次に于山島の読み方だが、スペインにあった地図では”Tchian Chan Tao(チァンチャンタオ)”と書かれていた。つまり中国語読みだ。これはそもそも朝鮮半島自体が中国領だったという解釈を裏付ける証拠になるね。
じゃあ、韓国領ではなかったんですね・・・。韓国自体が、韓国領じゃないって事ですよね?
李氏朝鮮がな。図らずもそのことを文在寅は裏付けに行ってしまったわけだ。これらの話をざっと丸めると、”文在寅が独島は韓国領ではないと認めた”という一言に集約される。
恥を通り越してますね・・・。ムン大統領、韓国で国賊扱いされないか心配です。

あまりにも手痛い失敗だが…文在寅「成果あった!」

ネットユーザーの反応です!

最悪でも中国領で、韓国じゃない事の証明をしてしまいました。そもそも韓国はその時代にはありません
⇒ 国際法上、地図は領有権の根拠にはなりえないです
⇒ 千山島は2島ではなく1島で、ウルルン島の真横にあります
・1730年に韓国という国は存在してません。この館長も、よく分かってないと思います
・その地図を持って、ICJに来ましょう
・この地図は古地図にしても、遼寧?と朝鮮半島の位置関係が近過ぎます

千山島ではなく于山島(うざんとう)な。変換の仕方は分からないから、適当にコピペして持ってきた。それから遼寧は中国の地名。
頭が混乱しそうですけど、千山島が竹島とは別の島という事だけは、覚えてます!
だから于山島…まあ千山島でも別にいいよ分かれば。芋山島でもいい。
とにかく韓国の独島領有権には根拠がないばかりか、むしろ中国領だということが分かってしまったよな。文在寅はあまりにも手痛い失敗をやらかした。これで成果だの何だの言ってるから笑いが止まらないね。日本にとってはどうでもいい話だがな。
それは、ムン大統領の責任ではありません!観光コースを勝手に決めた、意地悪クラブが悪いんです!
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)