バイデン政権

米国「台湾は大事だからモデルナ支援。韓国には血栓多いヤンセンで十分」 この差w

米国が台湾にモデルナ250万回分を支援したが、これは韓国軍にヤンセン、しかもたったの101万人分を支援したのとは大きな差がある。ヤンセンは血栓の問題があまりに多く、米国でも不人気なワクチンだからだ。記事タイトルに“中国に見せつけるように”とあるが、“韓国に”の間違いじゃないか?

中国に見せつけるように…米国、台湾にモデルナワクチン250万回分支援
6/21(月) 7:19配信 中央日報日本語版

米国のジョー・バイデン政府は19日(現地時間)、台湾にモデルナワクチン250万回分を送ったと明らかにした。今月初めの台湾を訪問したタミー・ダックワース上院議員など米代表団を通じて提供を約束した75万回分の3倍を超える物量だ。

米国務省のネッド・プライス報道官はツイッターに「われわれが寄付したワクチン250万回分が台湾に向かっている」とし「米国と台湾の保健衛生パートナーシップは台湾や世界の人々の生命を救う」と書いた。米政府高位級当局者は、ワクチンを載せた台湾チャイナエアラインの飛行機が19日にテネシー州メンフィスを出発して台湾現地時間20日午後台北桃園国際空港に到着する予定だと伝えた。

これはバイデン大統領が先月世界に無償供与すると発表したワクチン8000万回分の一部だ。米国が今月初めに韓国に送ったヤンセンワクチン100万回分と同じだ。ただし、韓国には接種が1回で完了する「ウイルスベクター(伝達体)」方式のヤンセンワクチンを、台湾には接種が2回必要な「メッセンジャーリボ核酸(mRNA)」方式のモデルナワクチンをそれぞれ提供した点が異なる。

米国は最近メキシコにもヤンセンワクチン130万回分を送った。米国が台湾に送ったワクチンは125万人分で、人口2300万人の約5%をカバーすることができる。ロイター通信は米国のワクチン供与は、最近中国の政治的・軍事的圧迫を受けている台湾を支援しようとする狙いがあるとみている。台湾は現在まで1回以上ワクチン接種が完了しているのは人口の6%にすぎない。ロイターは、台湾がドイツビオンテックからワクチンを購入することにした契約が今年失敗に終わったが、台湾政府は中国の圧力のためだったと主張していると伝えた。台湾が米国自動車製造業者などの製品生産に不可欠な半導体チップなど戦略物資の核心生産基地という地位が反映された可能性がある。

学びがある! 8
分かりやすい! 9
新しい視点! 9

https://news.yahoo.co.jp/articles/006dfe86ddf61a6a290b4c0bbad1cc6f7bc12db9

不必要な国には不必要なワクチンがふさわしい

中央日報さん、悔しそうですね・・・。これって、ホントは韓国に見せつけたんですよね?
それww 中国ガーとか言ってるけど、明らかに韓国への当てつけだと思う。クアッドには参加しないわG7で対中強硬姿勢には加わらないわで不必要と感じたから、自国内で不必要になったヤンセンワクチンを押し付けた。
そうとしか思えないです!やっぱり、アメリカの脱韓構想の方が早そうです。
ここまで露骨な差を付けるとはね。日米と韓の枠組みを破棄して、台湾に入れ替わることがよく分かる動きと言える。
回数としては、そこまで差がないみたいですけど、やっぱりモデルナとヤンセンは全然違いますよね・・・。
台湾がモデルナを承認する前に送ったというのが素晴らしいね。日本政府だと相手を配慮しすぎるあまり承認前にモデルナを送るのは迷惑だろうと考えてしまうが、米国政府はそこを飛び越えて”さあ、承認せよ”と後押しをしてくれるというか。物事に対するアプローチの違いが出ていて興味深い。

実質勝利だと叫ぶも実際には完全敗北

ネットユーザーの反応です!

・迅速な追加支援、いいと思います。インドでは中国製で医療関係者350人が感染しました
野党の国民党が中国のワクチンを受け取るようにと言ってましたけど、あんなのよりモデルナの方が絶対にいいです
・アメリカの台湾支援が明確です。中国も、迂闊に手を出せなくなりました
使用期限がすぐに切れるヤンセンと、秋まで持つモデルナの違いは大きいです
・ヤンセンは1回完了って、アメリカが韓国を優先してると自慢してるんですか?逆だと思います

愛国日報も内心ショックを受けてるだろうね。それで台湾に少しでも勝っている要素を見つけようとして、ヤンセンの方が1回で済む!実質勝利だ!とやった。それでも回数は101万回で負けてるけどな。おまけに使用期限も韓国の方が短い。
韓国は、台湾に勝てる部分が1つもないですね・・・。台湾がいれば、韓国は不要です。
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)