MENU
韓国ニュース

【速報】韓国「我々が領有権を主張する独島は竹島ではない!洗脳されていた!」

急にどうした?ワオコリアがとある寄稿者の記事をアップしたが、その記事は独島が日本領竹島とは別の島だという内容で、さらに韓国の主張が泥棒に近いというものだった。とうとう真実に”気付いて”しまったのかもしれない。

<W寄稿>これが独島に見えるの?反日に洗脳されれば「距離感覚」も「方向感覚」も麻痺
6/23(水) 21:17配信 WoW!Korea

ある二人の人が同じ研究分野でそれぞれ別々に長期間研究に没頭した。ある日、その内の一人(A)がそれまでの研究成果を体系的にまとめて特許権を得た。ところがこれを見守っていたもう一人(B)がどんな手腕を発揮したのか、その特許権を入手した。

Aは奪われた自分の特許権を取り戻すのが難しいと判断し、Bに向かって「今後特許権の話は持ち出さないようにしよう」と語り、損をしないBは暗黙の裡に同意した。

そうこうしていたら後日AとBが別件で争うこととなった。興奮したBが特許権の話をまず持ち出し、Aを刺激した。怒ったAは「違法に奪っていった特許権を返還しろ」と語り、Bに問い質し始めた。

Bは「もともと自分の研究成果がより優れていた」と反論した。Aは「その程度の研究成果は自分にもあり、重要なのは誰が最初に特許を取得したのかだ」と語り、裁判所へ行くことを要求した。

Bは「自分の研究成果がより優れているから、裁判を受ける理由は無い」と語り反論した。結局AとBの対立は同じ主張の繰り返しを見せている最中だ。

A:違法に奪った特許権を返還しろ!法律の通りにしよう!

B:自分の研究成果がより優れているので法廷に行く必要はない!

A:その程度の研究成果は自分にもある。法律の通りにしよう!

B:行く必要はない。自分の研究成果がより優れている!

A:その程度の研究成果は自分にもある!

(…互いにこの話を無限に繰り返す…)

今日の独島領有権を巡って対立を抱える韓日両国の状況を比喩してみたものだ。比喩の中に出て来たAは日本、Bは韓国だ。比喩の中の特許権とは「独島領有権」を示し、研究成果というのは「各種の古地図や古文献」を意味する。

独島の所有権と関連し、法的に認められ得る行為を最初に採った側は日本だ。1905年に日本の島根県が正式な告示(第40号)を以て独島を編入させる法的行為を行った。その後1907年には日本政府の次元で独島を正式に日本領土として編入した(閣議決定)。

韓国の法的行為は1952年の「平和線」(所謂「李承晩ライン」)宣布を通じてなされ、この時、独島が韓国領土として編入された。韓国の法的行為が日本より47年遅かった。

その後、日本は「武力を動員した領土問題解決の放棄」原則を盛り込んだ自国の平和憲法の所為なのか、物理力の動員は全く行わなかった。一言で言ってしまえば、日本は独島に対する韓国の実効支配を事実上、容認する諦めの状態だった。

しかしその後、むしろ韓国側からまず独島を利用して日本を刺激し出し、これに怒った日本は反撃態勢へ転換することとなった。日本は法律の通りにしようと言い、「国際司法裁判所行き」を繰り返し要求している最中だ。

日本の裁判所行きの要求に応じない韓国は「独島は韓国領」と言うセリフと共に、昔の地図だけたくさん持ち出して反論している最中だ。しかし昔の地図や文献で攻めれば、日本に有利な資料もいくらでも多く存在する。

ただし韓国メディアがこのような現実を殆ど報道しないので、多くの韓国人は昔の地図や文献は全て韓国側であるものと錯覚している。昔の地図や文献を以て領有権を主張するのは、現代の法廷(国際司法裁判所)では通じない。法廷で通じるものは有効な法的行為であり、これを誰が最初に行ったかと言うのが肝心要だ。

今日の独島問題は従って「藪蛇」の典型的なケースだ。実は相手が所有するものであったのに、運良く自分が持つことになったのだとしたら、ありがたい気持ちで隠忍自重するのが当然だ。

しかし相手が「日本」であれば、韓国人は「黙っていること」(隠忍自重)を「絶対に」出来ない。結局、領有権対立は今日のホットイシューとして急浮上することとなった。

学びがある! 50
分かりやすい! 255
新しい視点! 33

https://news.yahoo.co.jp/articles/f0ad984afb0c7cc72276beba3560549bfe998572

古地図に日本領竹島が描かれてないと韓国も認めた

えっ?この記事って、韓国のですよね?ちょっと信じられないんですけど・・・。
ああ。記事を最後まで読めば分かるが、マスコミ記者ではなく寄稿された記事だそうだ。韓国で公開された内容が日本語に翻訳されたという。

ところで韓半島東海岸の中間あたりに陸地(海辺)側にピタッとくっついて描かれている二つの島が見えるが、韓国メディア及び国民はこれが「鬱陵島」「独島」だと固く信じている。

メディアは専門家と言う人々のもっともらしい解釈まで添えて報道した。メディアによれば、二つの島の内、「チアンチャンタオ」だと表記された側が独島だと言った。

南海岸の主要な島や対馬の位置などを実尺にとても忠実に作成した地図が、ひときわ鬱陵島と独島のみ「距離の無視」「方向の無視」をしている。

推論可能な答えは二つだけだ。その二つの島はそもそも鬱陵島・独島を示すものでなく東海岸の小さな島を表示したものか、でなければ、当時独島と言う名前は聞いたことがあっても正確にどこに位置しているのかは分からない状態で描いたのだろうという推論だ。

推論が合っていれば、この古地図(朝鮮王国全図)は当時の朝鮮人らが独島について無知な状態にあった事を逆説的に知らせてくれる物証になり得もする。反日に洗脳されたら、このように、「距離感覚」も麻痺し、「方向感覚」も麻痺してしまう。

※この記事は韓国の保守論客ファンドビルダーさんの寄稿文を日本語に翻訳したものです。韓国メディアには既に韓国語版が公開されています。翻訳の正確さに対する責任は当社にあります。

全然違う島を、千山島だと言ってたんですか?
鬱陵島でさえも発見できてなかった可能性だね。これについては飛躍しすぎだと思うが、とにかくこの古地図には日本領竹島は描かれていない。それはもはや動かしようのない事実だろう。
韓国からこんな記事が出るなんて、信じられないですね・・・。最初の例え話も、韓国が奪ったって言ってます!
自重して黙っていればよかったのに、挑発して問題をこじらせてしまった…というのが韓国側の正確な本音だろうね。うまいこと奪った過去を否定的に見ているものの、基本的には領土を返すつもりはないとも取れる。

サンフランシスコ条約に触れないのはなぜか?

ネットユーザーの反応です!

こんなに理路整然と、韓国の人達が無知で盲信的だと言っても大丈夫ですか?
・冒頭の比喩が意味不明ですけど、韓国の記事としては冷静な分析です
・どうしたんですか?明日雪が降ると思います
・何の研究もしていないBさんは、その特許を盗んで使ってます。これが事実です
・正しい記事に見えますけど、サンフランシスコ条約の事が書かれてません

それだ。日本の領有権が日本国の法律のみで保障されている、もっと言えば竹島問題が二国間の問題だと思い込んでいる。韓国民はおそらくサンフランシスコ条約の歴史をろくに学んでない。
国際問題という意識が、ないんですね・・・。日本の特許を韓国が奪っただけだから、許してもらえると思ってるのでは?
竹島掠奪は国際条約違反なんだよ。またここで出た国際条約違反。日本が放棄すべき島に竹島を加えなかったという形ではあるが、韓国がこの条約に触れないということは都合悪いか知らないかのどっちかだね。いずれにせよここまでこじれたからには、武力にて奪還するのみ。覚悟しておくがいい。
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
アクセスランキング(週間)
最新記事
運営者情報
アンケート
関連記事