コロマガ

【拡散】ジョンマカフィー氏の獄中事件の真相

この記事は昨日発行されたコロマガ海外支部第61号米欧編「ジョンが遺したもの」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

コロマガ海外支部第61号米欧編の無料部分

コロマガ海外支部第61号米欧編を始める。今号では純粋なコロナウイルスの話題から少し離れて、先週起きたある“大事件”に関する考察を中心にした。
コロマガなのに、いつもと全然違う貴重な話を聞けたと思います!すごく勉強になりました。
いや、ぶっちゃけコロマガ海外支部の存在意義はそこにある。当初から話してたと思う。ある“裏テーマ”が存在するとな。今号はまさにその裏テーマに該当するような記事だ。

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。記事を読みたい場合にはNews U.S. レポートの購読を始める必要がある。

補足情報:先週起きた”ある大事件”について

今号では前号までとは全然違う話をした。ある”大事件”が欧州で起きたことにより、それに関する考察で思わぬ人物や思想団体が浮かび上がってきたからだ。一見コロナウイルスとは何の関係もないように思えたが、実は裏で密接に繋がっていることが分かってくる。
そこからとある壮大な話へと掘り下げることになった。歴史的な話で、結局すべては”コロナ”に繋がってくるように思えた。この辺りの話は前号のテーマだった人類管理という話にも通ずる部分だ。よかれ悪かれ、それは避けられない未来かもしれないということ。
補足情報としてこの記事を読もう。フロリダの崩落事故の続報だ。“3年前”から“ひび”があったという。

米マイアミ住宅崩落、3年前にひび割れ指摘 火災で捜索難航
6/27(日) 6:58配信 TBS系(JNN)

アメリカ・フロリダ州で集合住宅が崩落した事故で、3年前に建物のコンクリートにひび割れがあると報告されていたことが明らかになりました。

この事故は、フロリダ州マイアミ郊外にある集合住宅の一部が崩落し、4人が死亡、159人と連絡がつかず捜索が続いているものです。

地元の市当局の資料によりますと、3年前の建物の検査でプールデッキの下や駐車場など、複数か所のコンクリートにひび割れが見つかったと報告されていました。検査を請け負った業者は「しかるべき時期に修繕が必要だ」と指摘していましたが、修繕は行われていませんでした。ただ、このひび割れと崩落との直接の関連は分かっておらず、原因の調査が続いています。(27日07:25)

学びがある! 3
分かりやすい! 6
新しい視点! 4

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc5a9a75d482c5370342055d7a9842797d18b24d

最後にコロマガ海外支部第61号米欧編へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)