News U.S. レポート

【拡散】令和時代の起業方法

この記事は昨日発行されたNews U.S. レポートの最新記事「調べる、まとめる、感想を書く。これで一発起業」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポート July 9の無料部分

ごきげんよう。毎日毎晩なぜそんなにも記事を書き続けるのか?どうやったらそういう風になれるのか?気になる人のために、今日はNews U.S.黒井の日常的な行動原理についてざっくばらんに説明しようと思う。本家News U.S.だけでなくNews U.S. レポート、コロマガシリーズ、米国株式投資レポート…あの膨大な記事群をどうやって、どのように仕上げているのかについての話だ。

News U.S. レポートは2020年8月24日に創刊された月額マガジンだ。起業やビジネス、ライフハック、米国、米国株の話題などが中心となっている。米国独立宣言の1776年を月額料金1,776円に、独立記念日の7月4日を単独記事価格704円にそれぞれ反映している。これまでの10年超の活動の中で、様々な人や組織、情報に触れ体験してきた全ての出来事や学びを記すための場所だ。

ぶっちゃけると仕事せずに起業してる感じ

昨日は夜遅くまで作業して少し寝坊してしまった。多分1日30,000文字ペースだ。
働き過ぎです!でも、黒井さんにとってそれは仕事ではないんですよね?
人間に必要な知的活動ってあるじゃん?ニュース閲覧、スマホチェック、SNSチェック、読書、日記、メモ。ああいうのが全部仕事として機能してる感じだね。普通の人はそれに+αで会社に勤めて別の仕事をしないといけない。これが令和時代の起業だと思った。
確かに!タイトルが、結構印象的でした。
アイキャッチ画像には大手ネットサイトのスクリーンショットを埋め込んだが、こういう画像編集のスキルはあった方がいいかもね。誰にでもできる簡単な作業ではあるが、標準的なソフトでは難しかった。
ホントだ(笑) 画像の編集は、ボクは苦手です・・・。

書籍は絶対に紙がいい…Kindle本は激しく後悔

あと情報収集の経路は複数あった方がいい。PCも2台以上、スマホ、タブレット。さすがに紙の新聞は取ってないけど。雑誌は結構な頻度で読むし、アマゾンから書籍を取り寄せるのも日常活動であって仕事ではない。
紙の本って事ですよね?そのこだわりも、記事になると思います!
いずれやろうと思う。最近はKindle本をめっきり読まなくなってしまったからな。ぶっちゃけると2年持たなかった。紙にしておけばよかった…と激しく公開したりもしている。
最後にNews U.S. レポート記事へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)