News U.S. レポート

【拡散】米国株の買い場がやってくる

この記事は昨日発行された米国株式投資レポートの最新記事「美味しい買い場がやってくる」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

米国株式投資レポート July 11の無料部分

米国株式投資レポートの時間だ。成績発表と個別株のピックアップ、株価指数やコモディティのチャート分析、決算、某インフルエンサーの最近の言動などについてまとめた。今回はいくつかの銘柄で買い場となるサインが点灯、または点灯しそうになっていることが分かった。黒井はそのうち1つを新たに購入することを決めた。

米国株式投資レポートとは黒井、ワトソン君、著名投資家のバフェット氏の三者が米国株式投資を実践する企画である。毎週日曜日に前週の成績を発表し、チャート分析や銘柄研究などをしながら今週以降の展望について話す。News U.S. レポート読者はそのまま読むことができる。

いくつかのシナリオを検討した上で追加投資決定

ワトソン君が買う株がいくつか決まったし、ワトソン君も追加投資することになったからよろしく。どっちか選んでいいよ。
ちょっと待って下さい!どうして勝手に買う事になってるんですか?
せっかく目の前にチャンスがあるというのに。Zを握って離さないワトソン君なら食い付くと思ったんだがな。
確かに、ちょっと興味はありますけど・・・。追加投資は、暴落までしません。
レポート読んでないのか?今回の追加投資はいくつかのシナリオを検討した上での決定だと。銘柄にもよるが、いいタイミングではあるんだよ。
じゃあ、どれかを売って買います!利益が出てる株を売ります!
取得単価を記録しておくべきかもな。そうしないとどの銘柄で利益が出てるかすぐに分からない。銘柄ごとの利益を割り出すことも大事だ。ワトソン君の場合取得単価が上がってしまったから、多分利益が出てる銘柄がほぼないけど。
分かりました!ちょっとだけ追加します。ちょっとでも上がれば、読者さんの役に立ったって実感ができます!
その心構えでいいと思う。どっちにするかを後で決めてくれ。
最後に米国株式投資レポート記事へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)