韓国ニュース

韓国「助けて!インフレでガソリンも卵も急騰!生活が苦しい」 あっそ

韓国が物価上昇で悲鳴を上げている。ガソリン価格は原油高により急上昇、卵など食料品の価格もやはり下がらずインフレの懸念が生じている。韓国は感染爆発でウォンの価値が加速度的に低下し、様々な物資も手に入りにくくなりつつある。ハイパーインフレの発生も時間の問題と言えるだろう。

ガソリン価格が11週連続で上昇 ソウルは18年末以来の高値=韓国
7/17(土) 6:10配信 聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国でガソリン価格が11週連続で上昇し、全国で最も価格が高いソウルでは1リットル当たり1700ウォン(約164円)を上回ったことが17日、分かった。

韓国石油公社の油価情報サービスによると、7月第2週のレギュラーガソリンの店頭価格は前週から13.1ウォン上昇した1リットル当たり1628.1ウォンを記録し、2018年11月8日(1615ウォン)以来2年8か月ぶりに最高値を更新した。

全国でガソリン価格が最も高いソウルは、前週から13.6ウォン上昇した1リットル当たり1710.2ウォンだった。ソウルのガソリン価格が1700ウォン台に上昇したのも18年11月第2週以来。この時はガソリンや軽油に課される「油類税」引き下げの影響でガソリン価格が値下がりした。

ガソリン価格が最も安い南東部・大邱でも、前週から14.7ウォン上昇した1リットル当たり1608.9ウォンを記録した。

全国の軽油価格は前週から12.7ウォン上昇した1リットル1424.5ウォンで、18年11月15日(1413ウォン)以来の高水準となった。

国内原油価格の先行指標である国際原油価格は今週も上昇した。韓国が輸入する原油の基準となるドバイ原油価格は前週比0.2ドル(約22円)上昇し、1バレル当たり73.7ドルだった。

石油公社は「国際原油価格は米国雇用市場の改善、石油需要回復の見通し、米国の原油在庫減少、イラン核交渉の遅延などの影響で小幅上昇した」と説明した。

学びがある! 4
分かりやすい! 4
新しい視点! 2

https://news.yahoo.co.jp/articles/0a92635a4360330ec1f7931a5ef35e28c4f94d29

値下がりするといわれていた卵の価格、なぜいまだに高いのか?=韓国
7/11(日) 12:06配信 WoW!Korea

韓国では、6月末には価格が安定するといわれていた卵の価格が依然として高止まりしている。大型スーパーやスーパーマーケットでは相変わらず、卵1パック(30個)に10000ウォン(約942円)の値がつき、有精卵などは10000ウォンを優に超える価格となっている。

11日の農産物流通情報によると、9日現在の卵1パックの小売平均価格は7546ウォン(約711円)、最高価格は9500ウォン(約895円)だった。卵の価格は今年1月、1パックの価格基準で7000ウォン(約659円)台に突入した後、相変わらず値動きを見せていない。昨年、卵1パックの平均価格は5000ウォン(約471円)台だった。

卵の価格が上昇したのは、昨年末から今年初めまで全国的に猛威を振るった高病原性鳥インフルエンザ(AI)のためだ。高病原性AIが産卵鶏に発生し、産卵鶏の約23%が殺処分された。そのため、卵の供給が減り、価格が高騰した。一方、コロナの長期化で家庭料理に使われる卵の需要は増えた。今年第1四半期(1~3月)における1世帯当たりの平均卵購買量は137.7個で、昨年より7%増加した。

高病原性AIは4月初め以降には発生しなかったのだが、卵の価格は依然として1パック10000ウォン近くになっている。

当初、政府は今年第2四半期(4~6月)ごろには卵の価格が安定すると予想していた。殺処分後に再入植した若鶏たちが卵を生んで供給が回復するという前提だった。農業観測本部は、6月末には卵の価格が下がると見ていた。6月の産卵鶏の平均飼育頭数は7023万羽で、昨年より6.3%減少するものの、平年比では1.9%増加すると予想していた。

しかし、7月中旬になった今も、依然として卵の価格は下がっていない。理由は農家の産卵鶏の入植が遅れているためだ。大量殺処分で産卵鶏の需要が急増し、若鶏の価格が上昇したため、殺処分された産卵鶏ほど若鶏の数を満たせなかったのだという。若鶏代を負担しなければならない農家に、AIで大量殺処分した補償金がまだ全額支給されていないのも1つの要因だ。

学びがある! 2
分かりやすい! 4
新しい視点! 2

https://news.yahoo.co.jp/articles/0aecfeedfcc0f1e8c5672410806a74c29563e017

韓国で卵の価格を釣り上げてる連中がいるらしい

韓国では給料も大して上がらず、物価だけが一方的に上昇し続けるスタグフレーションの懸念がすでに現実のものとなっている。物価高でも困らないのは一部の財閥社員や不動産投資家程度のもので、ほとんど大半の韓国人は生活苦に怯えることになる。財閥社員も45歳でリストラされることを踏まえれば、一部の富裕層以外は全員没落するディストピアの未来が待っているわけだ。
コメント欄では1パック30個という時点で噴きそうになった、投げるために沢山買うのかという雰囲気だった。日本から安く卵を輸入して韓国で高く売りつけている可能性もあるそうだ。韓国の場合卵は生で食べられないし、品質も悪いから高かろう悪かろうなわけだ。せいぜい卵の値段でマウンティングでもして愛国心を発揮してればいい。日本にとってはどうでもいい話だ。
アクセスランキング(週間)