News U.S. レポート

創作活動のモチベーションをアップさせる5つの方法

この記事は先ほど発行されたNews U.S. レポートの最新記事「創作活動のためのモチベーションを上げる5つの方法」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポートの無料部分

ごきげんよう。今日は創作活動のための意欲、モチベーションを喚起するための方法について伝授しようと思う。誰もが毎日100%フルパワーで集中できるはずはないし、いいアイデアだってそうそう浮かんでくるものではない…そう思っている人は多いだろう。実はこれは明確な誤りで、誰でも工夫と方法次第で毎日アイデアが溢れて止まらなくなるといった状態にできるものと黒井は考えている。

News U.S. レポートは2020年8月24日に創刊された月額マガジンだ。起業やビジネス、ライフハック、米国、米国株の話題などが中心となっている。米国独立宣言の1776年を月額料金1,776円に、独立記念日の7月4日を単独記事価格704円にそれぞれ反映している。これまでの10年超の活動の中で、様々な人や組織、情報に触れ体験してきた全ての出来事や学びを記すための場所だ。

健康寿命の面でも今日の話は大事

今日の記事はスタンダードな起業系の話だったね。結構具体的な部分にまで踏み込めたと思っている。
創作活動自体の話だと思います!人によると思うんですけど、インターネットを使ってる人なら参考になると思います。
ネットを使ってる人ww ざっくりとしてるな。まあウェブ関連の仕事をしてる人は大体そうだね。いまやどんな職種であってもPCやタブレット、スマホを使わないことは考えられない。
どんな仕事をしてる人にも、当てはまると思います!健康のためにもなります。
健康寿命という考え方は大事だね。いくら長生きしても不健康なら何の意味もない。現役時代に無理をしすぎるから、リタイアメントという概念が生まれるのかもしれない。FIREの著者もワーカホリックだったそうだよ。
確かに、黒井さんはムチャな働き方をしないイメージです!マナブさんに近いと思います。

人間たるもの創作活動をしなければ衰退してしまう

マナブ氏はゲームやりすぎだから俺とは全く違うね。マナブ氏の場合創作活動にどれも飽きてしまって疲れたように見える。タイは今ロックダウンが厳格化されているから、外に出られないのは大きなマイナスだと思う。
外出できないと、創作活動にも制限が出ますか?
人によると思うけど、マナブ氏はそれを避けるためにタイの田舎町に移動したようだ。人間いくら金銭面で満たされていても創作活動をしなければ生きてる実感が湧かないものだ。
生涯現役という言葉が、すごいと思いました!でも、チャマさんとかもそうですよね?
ジッチャマンは死ぬまで現役だろうな。ナニは立たないと言ってたが、創作活動自体をやめるつもりはないだろう。70、80以降も続けられれば理想的だ。
最後にNews U.S. レポート記事へのリンクを示す。
アクセスランキング(週間)